スポンサーリンク


クイズ作家の古川洋平さん。

学生時代は自身もクイズプレイヤーとして知られ、クイズ大会での優勝経験もあることから、クイズ王とも呼ばれています。

今回は、古川洋平さんの経歴や家族、乃木坂46との関係についてまとめてみました。

古川洋平プロフィール

名前:古川洋平(ふるかわようへい)

生年月日:1983年9月13日

年齢:36歳(2019年11月現在)

出身地:宮城県仙台市

血液型:B型

職業:クイズ作家(クイズ法人「カプリティオ」代表)

経歴①(大学卒業まで)

 

この投稿をInstagramで見る

 

お友達のクイズ王・古川洋平さんのイベント。 第二回・Q狼杯! 筆記試験では4位につけたものの、みんな強くて準々決勝にもゆけず!でも楽しかったー! こんなに人数がいて、 優勝はひとりしかいなくて あとは全員負けなのに楽しい!なんて、古川さんのイベントでなければなしえない偉業。。。 ただただ尊敬! 大変な準備が必要なこの企画をひとりでプレゼントしてくれたなんて。。。 #人狼TLPT からは、 ヒルダ、アリスン、ライナスと。前回優勝のサミーがおらずで頑張ったけど、みんな強かったよー! ダンカンハイラムルーサーあたりにもぜひ挑戦してほしい!あとメイソンも?笑 とにかく、 ひとの、良いところばかりが見える素晴らしい1日でした! 打ち上げのお好み焼きも美味しかった! (ウワイさんありがとう!) このお店本気でオススメ! #Q狼杯 #古川洋平 #お好み屋どんでん #わたしの成績はたぶん真ん中くらい

Manna Sakuraba(@manna11duox)がシェアした投稿 –

古川洋平さんは、小中学校ではバスケット少年と過ごしており、クイズの道に進んだのは高校に入学してからだそうです。

出身高校は、宮城県の仙台第一高校(偏差値69)で、宮城県では第2位の進学校です。

高校入学後に、部活動を探していたところ、たまたま目に入ったのが「クイズ研究会」という部でした。

入部した理由は、「すぐに辞められそうだったから」だったそうです。

まあ、運動部だと辞めるのが難しそうなイメージがありそうですよね。

入部初日に、新入部員同士の早押しクイズ大会が開催されましたが、幼少期からクイズに触れていたこともあり、他を圧倒。

当時の部長から、「アタック25の高校生大会でも優勝できる」と太鼓判を押したそうです。

スポンサーリンク

そして、高校2年生の時に、「アタック25 高校生大会」に出場し、優勝。

翌年には「タイムショック21 高校生クイズ大会」でも優勝し、クイズ番組での2冠を達成。

野球で言うと、甲子園春夏連覇みたいな感じですかね。

高校卒業後は、立命館大学文学部に進学し、クイズサークルである「立命館大学クイズソサエティー」に所属。

学生の早押しクイズ大会でも、3連覇を達成しています。

経歴②(大学卒業後)

高校、大学とクイズ界のタイトルを総なめにした古川洋平さんですが、大学卒業後は就職し、食品会社の営業マンとして働いています。

25歳で公務員に転職しますが、公務員としての平凡な生活にストレスを感じ始め、「クイズ業界で仕事がしたい」という想いに駆られていきます。

その後、2014年に公務員を退職し、クイズ作家としてデビュー。

クイズや謎解きなどを制作する会社である「クイズ法人カプリティオ」を設立し、代表を務めています。

これまでに、「くりぃむクイズ ミラクル9」(テレビ朝日)、「全国高等学校クイズ選手権」(日本テレビ)、欅って、書けない」(テレビ東京)、「乃木坂工事中」(テレビ愛知)などのテレビ番組で、クイズ問題の作成を担当。

現在もクイズ作家として活動しています。

嫁、子供について

古川洋平さんは、結婚されており、奥さんと子供がいるようです。

結婚したのは、28歳の時で当時の古川洋平さんは公務員として働いており、奥さんはケースワーカー(生活保護受給者の相談支援)の仕事をしていたそうです。

古川洋平さんがクイズ作家としてデビューしたのは29歳の時です。

公務員という安定した生活を捨て、クイズ作家になったのも、奥さんの後押しがあったようで、結婚して間もないのに、「やりたいことをやればいいんじゃない」と言ってくれたそうです。

奥さんに出会ってなかったら、クイズ作家:古川洋平はいなかったのかもしれませんね。

続いて、子供についてですが、2016年に男の子が誕生しています。

名前は銀之祐(ぎんのすけ)くんと言うそうです。


今のところ、子供は1人のようです。

乃木坂ファンなの?

古川洋平さんは、乃木坂46のファンとして知られており、きっかけは、2014年の「乃木坂って、どこ?」(「乃木坂工事中」の前身番組)のクイズ企画への出演がきっかけでした。

この時に、乃木坂メンバーの礼儀正しさに心を奪われてしまった古川洋平さんは、以来、舞台やイベントなどにも足しげく通うようになったそうです。

奥さんの反応が気になりますが、そういった部分の情報がありませんでした。

共演者としての立場を理由にして、お近づきになれそうなものを、一般のファンと同じように握手会の行列に並ぶ姿に、「オタクの鑑!」と乃木坂46ファンも大絶賛しています。

そのことが影響してか、乃木坂46のイベントでは、古川洋平さんはメンバー並みの人気者となり、過去には、握手会の会場に、古川洋平さんの握手ブースがサプライズ特設されたこともありました。

ちなみに、当初の乃木坂の推しメンは、2期生の堀未央奈さんだそうで、加入直後(当時はまだ研究生だったと思います)の乃木坂46の7枚目シングル「バレッタ」でいきなりセンターに抜擢されたことで話題にもなりました。

そう言えば、乃木坂46のセンターはやっぱりプロデューサーの秋元康さんが決めてるんでしょうかね。

AKBグループみたいに総選挙がないので、その辺りが気になりますが。

堀未央奈さんは乃木坂46合格時、地元の高校を中退して自ら退路を断ち、上京したメンバーとして知られており、そういう所が公務員を辞め、クイズ作家に転身した自分と重なって見えたのかもしれませんね。

ちなみに現在の推しメンも、堀未央奈さんだそうです。

最近は欅坂46や日向坂46にも興味があるとか。

欅坂や日向坂での推しメンは誰かは分かりませんが、坂道グループにドハマリしているのは間違いなさそうです。

最近、クイズ番組が減ってきてさみしいですが、クイズプレイヤーとして古川洋平さんがクイズ自慢の有名人と対決しているところも見てみたいですね。

以、ここまでお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク