スポンサーリンク


ラグビーのワールドカップが盛り上がっていますが、ここまでは想定外だったと思います。

日本代表のメンバーの、松島幸太朗選手。

ラグビー選手としては、大柄はありませんが、スピードが持ち味の選手で50m走のタイムは5秒8の俊足の持ち主です。

相手を巻いた瞬間から全力疾走になるまでがとにかく速く、高校の全国大会では100mを独走してトライを決めたとか。

そんな松島幸太朗選手の経歴、家族、嫁(彼女)についてまとめてみました。

※追記、ラグビー日本代表は決勝トーナメント準々決勝で南アフリカ代表に敗北しましたが、日本ラグビー史上初のベスト8進出を果たしました。

松島幸太朗プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 本大会、格別の輝きを放つ松島幸太朗🇯🇵 @matsudesuyo . #RWC2019 #Rugby #Rugbygram #ラグビー #ラグビー日本代表 #松島幸太朗

ラグビーワールドカップさん(@rugbyworldcupjp)がシェアした投稿 –

名前:松島幸太朗(まつしまこうたろう)

愛称:マツ、まっちゃん

生年月日:1993年2月26日

年齢:26歳(2019年10月時点)

出身地:南アフリカ共和国(プレトリア)

身長:178㎝

体重:88㎏

ポジション:センター、ウィング、フルバック

趣味:映画鑑賞、ゴルフ

経歴①(高校入学まで)

 

この投稿をInstagramで見る

 

今年は勉強する年だったかなと思います! 人として、アスリートとして成長できたかな👍🏾 また来年!

kotaro matsushimaさん(@matsudesuyo)がシェアした投稿 –

松島幸太朗選手の出身地は南アフリカ共和国のプレトニアで生まれ、父親は、ロドリックさんという方で南アフリカの隣国:ジンバブエ出身で、現地で新聞記者・ジャーナリストとして活動していました。(主にアパルトヘイトなどの差別問題に取り組んでいたそうです)

母親は、多恵子さん(日本人)という方で、以前はNGOの職員をしており、その過程でロドリックさんと知り合ったそうです。

現在は介護福祉士をしているという情報があります。

つまり、松島幸太朗選手は、ジンバブエと日本のハーフということになります。

南アフリカで生まれた松島幸太朗選手ですが、幼少期(2歳とも6歳とも言われています)に、日本に移り住みます。

この時、父親は南アフリカに留まり、日本では母親との2人暮らしだったそうです。

日本に帰国後に、松島幸太朗選手は日本国籍を取得していますので、れっきとした日本人です。

そんな松島幸太朗選手ですが、中学1年生の時に、再び南アフリカに渡ります。(留学と言えばいいでしょうか)

将来のことが思い描けていなかった松島幸太朗選手は、この時にラグビーを始めました。

父親からは「スポーツだけじゃだめだ。勉強しろ」と厳しかったようです。

実はこの時が父親と過ごした最後の時間になってしまったようです。

中学2年生で日本に戻った松島幸太朗選手は、高校は強豪:桐蔭学園高校に進んでいます。

経歴②(高校入学から)

桐蔭学園高校に進んだ松島幸太朗選手は、ラグビー部に所属し、1年生の頃から主力選手として活躍。

高校時代は3年連続で花園(高校ラグビーの全国大会)に出場し、3年生の時には優勝を経験しています。(東福岡高校と同時優勝)

輝かしいラグビー歴を持っている松島幸太朗選手ですが、17歳(高校2年生)の時に父親を亡くしています。

「南アフリカで活動中に亡くなった」と病死なのか、それ以外なのかは分かっていませんが、この時、松島幸太朗選手はショックを受け、数日学校に通えなくなったそうです。

そんな時に、支えてくれたのが母親の多恵子さんで、当時、高校日本代表に選ばれていた合宿に参加を促したりと、失意の松島幸太朗選手を支えています。

母親の多恵子さんは、自分が思っていることを丁寧に伝えることを繰り返してきたそうです。

その象徴が「年賀状」です。

多恵子さんは、松島幸太朗選手が高校生のころに、校長先生に毎年年賀状を出していたそうです。

それに倣い、松島幸太朗選手も年賀状を出していたそうですが、当時の松島幸太朗選手について、ラグビー部の藤原秀之監督(3年間担任教師でもありました)は、こう振り返っています。

シャイで寂しがり屋。人見知りはするけど根は人懐こくて、仲のいい柔道部の同級生にしょっちゅうちょっかいを出していました。学校生活で悪い評判は一切なかったですね。他の先生に聞いても、授業を受ける姿勢がいいから『松島を見習え』と言われるくらいだったそうです

在学中の3年間、松島は毎年校長先生に年賀状を書いていたんです。お母さんからもすごくきれいな字で毎年手紙が送られてきたそうで、校長先生も『こんな親御さんはいない』と驚いていました。そういうことがなくなってきたこの時代に、すごいお母さんですよね。あのお母さんにしてあの子あり、と感じます

引用元:フライデー

と母親の教育について絶賛しており、その後の松島幸太朗選手にも大きな影響を与えています。

高校卒業後は南アフリカにラグビー留学

 

この投稿をInstagramで見る

 

合宿終わり! 試合に向けてまずはリフレッシュ👍🏾 #松 #フィットネスの途中

kotaro matsushimaさん(@matsudesuyo)がシェアした投稿 –

松島幸太朗選手は高校卒業後に、大学に進学をせずに、南アフリカ屈指の強豪クラブ「シャークス」のアカデミー(若手育成機関)に挑戦しますが、周囲のレベルの高さに、1年目は挫折が多かったそうです。

しかし、地道なトレーニングの甲斐もあり、ラグビー強豪国である南アフリカのU20代表候補にもリストアップされています。

ただ、松島幸太朗選手はこのU20代表を辞退しています。

この理由については、「南アフリカ代表になると、日本代表になれなくなる」との規定がり、あくまで日本代表として選出されたかったようです。

その後、2014年に日本に帰国し、サントリーに加入し、日本代表にも選出。

前回のワールドカップが開催された2015年にも代表に選ばれています。

この時は、五郎丸歩選手(当時)のトライをアシストするなどの活躍をし、対戦相手の南アフリカを破っています。(史上最大の番狂わせと言われました)

その後、オーストラリアのリーグにも挑戦し、今回(2019年)のワールドカップにも日本代表に選ばれ、初戦のロシア戦では、3トライを決める活躍を見せています。

結婚してるの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

🙂 ・ ・ ・ ・ ・ 🏈ラグビーW杯 2019🏈 ✨Japan ベスト8✨ おめでとう🎉✨😆✨🎊 ・ ・ ・ 感動をありがとう😂 どの試合も One teamらしさが出ていて 一人一人がお互いに teamのベストポジションに居て なぜわかる~ってくらい 心が通じあって 一瞬一瞬の判断が 確実に信頼しあっていて ・ ・ ・ 今まで、どれだけ踏ん張ってきたのか… 身体を痛め付けて 命懸けのように見えて その痛みを無理して 平気な素振りにかえて teamが一つに なっている感動が 味わえました😂 JAPANらしい戦いかたでした👏 ・ ・ ・ いつもどの試合も どや顔の 松島幸太朗を探していて カッコいい❤️ にわかファンがすみません😛 @matsudesuyo @rugbyworldcup @japan_rugby @rugbyworldcupjp #rugbyJapan#rugby #ラグビー ルールが深い 反則名が沢山あって覚えられない… #oneteam #matsushimakotaro #松島幸太朗 #にわかラグビーファン が本気になりそう(o^-^o)

loveeeeepさん(@mi115_one09)がシェアした投稿 –

松島幸太朗選手は、2019年現在、独身です。

なんとなく既婚者のイメージがありましたが、意外でした。

以前は「恋人がラグビー」なんて言っていたそうです。

彼女についてですが、噂のある女性がいます。

それが女子ラグビー日本代表の鈴木実沙紀選手。

まさかの同業者ですね。

鈴木実沙紀プロフィール

引用元:日本ラグビーフットボール協会(女子代表)

名前;鈴木実沙紀(すずきみさき)

生年月日:1992年4月9日

年齢:27歳(2019年10月時点)

出身地:神奈川県

身長:163㎝

体重:63㎏

 

共通してるのは、2人共ラグビーの選手で、松嶋幸太朗選手は横浜の桐蔭学園高校出身、鈴木実沙紀選手は横浜出身ということです。

具体的な根拠はありませんが、女子ラグビーはまだマイナースポーツなので、男子選手と一緒に練習することもあり仲も良いそうですので、その過程で知り合ったのかもしれませんね。(仲の良い友人くらいのような気がします)

ただ、鈴木実沙紀選手は別の男性との交際の噂がありますが、あくまで噂なので信ぴょう性については、疑わしいです。

ただ、スポーツ選手って恋人や結婚相手が同業者ってどうなんでしょうか?

一般人でも同業者が結婚相手だと、家庭でも仕事の話をしてそうで疲れそうですね。

スポーツ選手なら尚更な気がします。

それは個人の自由なので、あまり詮索しないでおきましょう。

まとめ


今回のワールドカップは日本代表の快進撃で、巷でもかなりの盛り上がりを見せています。

初の決勝トーナメント進出もありますが、今度の準々決勝の相手が南アフリカと、色々と縁のありますね。

4年前は勝っていますが、練習試合では大敗しているので、どうなるかは分かりませんが、善戦してほしいと思います。

松島幸太朗選手も今後、ラグビー選手としての活躍が期待されているので、今回のワールドカップ関わらず、頑張ってほしいと思います。

以上、ここまでお付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク