スポンサードリンク


こんにちは。kiroです。

以前徹子の部屋に梅沢富美男さんの妻である池田明子さんがご夫婦で登場しました。

数ある浮気話をもろともしない明子さんをkiroはとても興味がありました。

いったいどんな方なのでしょうか?

プロフィール

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/sphone/guest/?f=mon
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/sphone/guest/?f=mon

お名前は池田明子(いけだあきこ)さん

生年月日は1957年1月6日 年齢61歳(2018年時点)

出身地は神奈川県川崎市

血液型はB型で山羊座となっています。

 

俳優の梅沢富美男さんの奥さんでありますが、
専業主婦ではなく、植物療法士(フィトセラピスト)として
学会への研究発表しながら人生をゆたかにするフィトセラピーの普及に
つとめています。

(※ちなみに植物療法士(フィトセラピスト)とは植物の力を使って人間の持っている自然治癒力に働きかけ、体の調子を整えたり、病気の予防をしたりする仕事。)

 

フィトセラピー

2008年にはフィトセラピスト養成学校である
ソフィアフィトセラピーカレッジを設立し校長に就任。

一般社団法人日本フィトセラピー協会代表理事も兼任しています。

 

 

実業家さんなんですね!

なんかかっこいいです。

 

そしてお子さんは二人の娘さんがいらっしゃるんですって。

次女の娘さんも昨年成人を迎えられたと言うことで、
子育ては一段落といったところでしょうか。

 

実家について!

池田明子さんのご実家はお父様が建設・不動産業を営んでいたんですって。

スポンサードリンク

なんという会社なのかはわからなかったのですが、
バブル時期でかなりお金持ちだったようですね。

スケールがちっちゃくなっちゃいますが、
kiroの実家は中華料理店をやってまして、
バブル期とういのは毎日3食食べにきてくれるお客さんがいたほど
潤っておりました(^^)

池田明子さんもお父様のお仕事の手伝いをされていたのだそうです。

そのころにご主人の梅沢富美男さんとも知り合いご結婚なさったのだとか。

 

そのうちにバブルが崩壊してお父様も病気で倒れてしまい、
資金繰りが苦しくなる中、池田明子さんがなんとか借金の返済や
お父様の会社も倒産させずにこなしてこれたそうです。

そのような大変な時期にもかかわらず、
同時に子育てと梅沢富美男さんのサポート、
そしてフィトセラピーの勉強とあわせてやってきたという池田明子さん。

すごくパワフルな方ですね(^^)

 

若い頃は?

池田明子さんが梅沢富美男さんとご結婚なさったのが33歳のときだといいます。

出典:http://love-all.jp/4821.html
出典:http://love-all.jp/4821.html

池田明子さんのご両親が梅沢富美男さんの大ファンで、
一緒に鑑賞するうちに池田明子さんも好きになったそうな。

そして梅沢富美男さんのほうが明子さんに一目惚れ!

20代かと思ったそうですが、本当の年齢を聞いて
結婚するしか無いと梅沢富美男さんが思ったそうですよ。

 

この写真をみるとたしかに33歳にはみえない若さがありますね。

 

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/sphone/guest/?f=mon
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/sphone/guest/?f=mon

このお写真を見ても60歳で還暦を迎えているようには(^^)

もうちょっと若い感じがします。

これもフィトセラピーの効果なのでしょうか?

 

浮気しちゃう梅沢富美男さんに激怒する鬼嫁さんかと思っていたkiroですが、
池田明子さんは「自分の好きなことをやらせてくれる」と感謝の気持ちを徹子の部屋では語っていました。

それぞれの夫婦にしか知り得ない信頼関係ってあるのかもしれまえせんね。

本もたくさん出していらっしゃいます。

アロマ

2018年には アロマセラピーの本も発売されました。日本ではフィトセラピーと言ってもピンとこないので
アロマセラピーの関連の本の方が売れそうですね。

身近なトラブルを自分で解消する精油のレシピ200以上を大公開。
風邪や花粉症、頭痛や肩こり、不眠、冷え症を撃退し、アンチエイジングにも役立つ一冊。

ズボラ

2017年に発売した「ズボラ大人女子の週末セルフケア大全」5月24日の発売でしたが、8月21日の徹子の部屋出演後はさらに話題になった1冊です。

こんな本も出されています。(笑)「ズボラ」って単語が好きなんでしょうかね?

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク