スポンサーリンク


三浦瑠麗さんは、「とくダネ!」や「ワイドナショー」などの情報番組に出演し、コメンテーターとして活躍しています。

 

美人でしっかりした意見を持っていて、カッコいい女性だなぁと思っていつも見ていました。

 

今回は、三浦瑠麗さんのプロフィールや話題になったエッセイについて迫ってみたいと思います。

 

三浦瑠麗さんのプロフィール


本名:三浦瑠麗(みうら るり)

生年月日:1980年10月3日 年齢28歳(2019年7月時点)

出身地:神奈川県

活動:国際政治学者・青山大学兼任講師・株式会社山猫総合研究所代表

学歴:神奈川県立湘南高等学校→東京大学農学部→東京大学院法学政治学研究科修了

 

三浦瑠麗さんは、5人きょうだいの上から3番目で、厳しく育てられました。

ご両親が、学生結婚されたそうで節約は当たり前だったそうです。

 

おこづかいは図書券で、テレビは家にあったけど子供は見れませんでした。

本は、たくさん与えられていて、家では百科事典をよく読んでいたそうです。

 

その時のことを、情緒を豊かに育てたかった親の想いがあったと思うと話していました。

 

三浦瑠麗さんは、子供の頃からあまり人と話さず「赤毛のアン」や「指輪物語」など、童話に熱中して読んだそうです。

 

偏差値74の超名門高校を卒業後、東京大学に入学後大学院へ進みました。

29歳で博士号取得して、30歳で卒業しています。

 

2004年に国際政治に興味を持ち、自民党が主催したコンテストで、論文「日本の国際貢献のあり方」を発表し、総裁賞を受賞。

 

現在は、株式会社山猫総合研究所代表・青山学院兼任講師として活動され、

TVでは、主に情報番組コメンテーターとして活躍されています。

 

 

 

父親は、防衛大学教授濱村良久さん

学者としての視座を教えてくれたのは父親と話したいます。

 

父親は、論議好きで、子供相手にも引かない人だったそうで、

心理学、動物行動学、小学生の三浦さん相手に放射線のクイズを出すような方で、

 

社会に貢献しろとかは言われたことがなく、「やりたい事をやれ」という方だったそうです。

スポンサーリンク

 

 

 

結婚について

ご主人は、当時外務省勤務されていた三浦清志さんです。

 

福岡県出身で、現在は投資会社「TRIBAY CAPITAL」勤務しています。

 

1歳年上で大学の先輩だったそうで、その事が出会いのきっかけだったようです。

 

2003年3月に22歳の時に結婚しています。

 

三浦瑠麗さんは、大学に在籍中で学生結婚をしています。

 

父親に、思春期から反発心も芽生えていたそうですが、

結婚を期に仲良くいい関係になったそうで、テレビでコメントした事に共感したなどメールをくれるそうです。

 

親元を離れて自立したり、結婚や親になると、

食事を作ってくれたり、洗濯をしてくれていたことのありがたみが身に沁みたり、

家族が側にいてくれることの心強さとかに気付かされますよね。

 

 

 

子供について


結婚から7年目の29歳の時に、長女を妊娠しています。

 

32歳で次女出産しました。

 

三浦瑠麗さんのSNSに、娘さん一緒の画像がアップされています。

優しいママの顔を見せる三浦瑠麗さんがまた素敵です!

 

 

自身の著書で性的被害を告白


三浦瑠麗さんのエッセイ「孤独の意味も、女であることの味わいも」が、2019年5月17日に発売されました。

孤独の意味も、女であることの味わいも
三浦 瑠麗
新潮社
売り上げランキング: 262

子供の頃から現在までの経験が書かれています。

 

この中で、小学生から始まったいじめ、長女の死産や暴行事件についても語られて話題になりました。、

暴行事件を明らかにすることが、どれだけの勇気と覚悟があったのかと1番に考えました。

 

三浦瑠麗さんが、なぜ辛い体験を本の中で明らかにしたかについて、

暴行事件がひっそりと置かれているのは、意図してのことです。そもそも、この本は性的暴行についてのみ書かれた本ではありません。しかし、性的暴行について書かざるを得なかったからこそ、被害を受けた人でなくても、性的暴行について何か運動をしている人でなくても、共感できる可能性を模索して書いたんです。私たちは生きてきた中で、どこかに同じ風景を共有しているはずです。たとえば、事件後に「あんずの木」の下で「外水栓」の水で顔と手を洗ったと書いたシーンがあります。そういう一つ一つのものを通じて、日本という場を共有している私たちが、何か共感できる可能性があるのではないかと思いました

 

私は、三浦瑠麗さんが書かれたエッセイをまだ読んでないのですが、

今回、エッセイについて語った記事を読み、心に響くもことが多く読もうと思いました。

 

 

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

 

三浦瑠麗さんは、いじめや壮絶な性的被害を経験し、生きることや死について子供のころから考えて来られたことを今回色んな記事を見て知りました。

子供さんを妊娠したことをきっかけに、死ぬことを考えなくなったと言うことも話されています。

 

 

説得力やしっかりした意見でコメンテーターとして活躍されているので、

このテーマに対してどんなコメントをするのか?

 

チャンネルを変えている時に、三浦瑠麗さんが出演されていると
どんな意見を聞けるのかと思い、いつも番組を見ていました。

 

今後も、三浦瑠麗さんの国際政治学者としてやこれまでの経験など、

コメンテーターとしてはもちろん、幅広い活躍を期待します!

 

 

三浦瑠麗さんが、「ダウンタウンなう」に出演されます。


情報番組やコメンテーターとしてではなく、バラエティ番組なので、どんな話が聞けるのか楽しみです。

 

是非チェックしてみてください!

 

 

スポンサーリンク