スポンサーリンク


新型コロナウィルスに関連して、安倍首相が3度会見をしましたが、最初の会見の時に時間の関係で終了しようとした時に、「まだ質問があります!」と叫んだのがジャーナリストの江川紹子さんでした。

どこかで聞いたことがある名前だと思いましたが、江川紹子さんは長年、オウム真理教について取材していたので、その時のものだと思います。

今回は江川紹子さんについて書いてみました。

江川紹子プロフィール

名前:江川紹子(えがわしょうこ)

生年月日:1958年8月4日

年齢:61歳(2020年3月時点)

出身地:東京都杉並区

職業:ジャーナリスト

最終学歴:早稲田大学政経学部

経歴

引用元:AERA.dot

江川紹子さんは早稲田大学政経学部卒業後、1982年に神奈川新聞に入社し、社会部記者として警察取材や連載企画を担当。

新聞社に就職したのは、「やりたい事が見つからないのは、世の中の事をあまり知らないからでは?」と思い、世の中を知るためだったそうです。

1987年、29歳で退社しフリーライターになりました。

退社の理由ですが、「神奈川と言う地域に限定されず、飛行機などに乗り遠くに行きたい。30歳前には区切りをつけよう」との気持ちからだそうです。

1989年には息子がオウム真理教に出家した母親から脱会について相談を受けると、坂本堤弁護士を紹介します。

スポンサーリンク

しかし、坂本弁護士一家がオウム真理教によって殺害される事件が起こり、以降もオウム真理教を取材。

その後も大阪地検特捜部検事の証拠捏造事件、小沢一郎氏の陸山会事件などの社会的に影響の大きい事件を取材し、現在もフリーのジャーナリストとして活動しています。

結婚してるの?

引用元:日刊スポーツ

江川紹子さんですが、神奈川新聞時代に結婚していたという情報がありますが、真相は分かっていません。

子供についても調べて見ましたが、情報が全くありませんでした。

離婚しているのか、独身の可能性が高いように思えます。

安倍首相会見での一幕とは?

2020年2月29日に行われた新型コロナウィルスについての安倍首相の会見で、時間になったとの理由で会見を打ち切ろうとした時に「まだ、質問があります」と声を挙げていたのが江川紹子さんでした。

しかし、この声を無視するかのように会見が終了したことから、安倍首相やその周辺には非難が殺到し、2回目の会見の時には、会見を打ち切ろうとする司会者に安倍首相が「まあ、いいじゃない」と制して、質問を受ける場面もありました。

そして、先日の3月28日に行われた首相会見で、江川紹子さんが挙手したところ、初めて指名されました。

本人は指名されるとは思っていなかったようですが、「新型コロナウイルス感染拡大のあおりを受け、厳しい経営状況に置かれた文化、芸術分野への助成や金銭補償の必要性」について質問しました。

これに対し、安倍首相は、「税金による損失補てんの形で補償することはなかなか難しい。そうではない補償の仕方がないか考えている」と答えています。

張本勲との関係は?

2010年5月23日のTBS「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで、「喝!」でお馴染みの野球評論家の張本勲さんが、プロ野球:楽天の岩隈久志投手(当時)が打たれて途中降板した際に、「無責任」と断じて、「喝!」と叫びました。

これに、岩隈久志投手のファンである江川紹子さんが「えっ~!」と不満をもらしたところ、張本勲さんが激怒し、TBSに江川紹子さんの無期限での出演停止を求めたという出来事がありました。

張本勲さんはこの疑惑について否定していますが、江川紹子さんは2ヵ月間の休養をTBS側から提案されたそうです。

その後の2010年8月1日の江川紹子さんは自身のTwitterで、番組を降板したことを発表。

番組への復帰についても否定しています。

今や張本勲さんが「喝!」をすると、yahooのトレンドにも上がることもあるので、良くも悪くも有名な番組になった気がします。

個人的には楽しみにしていますが、張本勲さんについては、「『喝』しか言わないから指導者になれないんだよ」との声もあります。

確かにプロ野球安打数歴代1位の張本勲さんなら、コーチや監督の話があってもいいんですが、今までに指導者としての経験がないのは不思議ですよね。

同年代の王貞治さんは、巨人やソフトバンクの監督を経て、今やソフトバンクの球団会長ですよね。

指導者も向き不向きがありますから、何とも言えないのですが。

以上、ここまでお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク