スポンサーリンク


NHK教育テレビで放送中のアニメ「忍たま乱太郎」の作者、尼子騒兵衛さん。

アニメ自体は知られていますが、原作者の尼子騒兵衛さんについてはあまり知られていない印象があります。

そんな中、アニメの原作である「落第忍者乱太郎」の連載が終了するというニュースが飛び込んできました。

その辺りも含めて、尼子騒兵衛さんについてまとめてみました。

尼子騒兵衛プロフィール


名前:尼子騒兵衛(あまこそうべえ)

本名:片根紀子(かたねのりこ)

生年月日:1958年(月日は不明)

年齢:61歳(推定)

出身地:兵庫県尼崎市

職業:漫画家

活動期間:1983年~

経歴


先程も触れましたが、名前からして「絶対男性だ」と思っていた方も多いかと思いますが、尼子騒兵衛さんは女性です。

漫画家ってけっこう多いんですよね。(男性の名前で実は女性だったり、逆に女性の名前で男性だったりとか)

兵庫県立尼崎小田高校→佛教大学文学部史学科通信教育課程と進み、住友精密工業、電通勤務を経て漫画家となりました。

ペンネームの尼子騒兵衛は、兵庫県尼崎市生まれで「騒々しい尼っ子」だったことに由来しているそうです。

※戦国時代に山陰地方の雄であった尼子氏とは無関係だそうです。(子孫とかではないです)

ただ、尼子騒兵衛さん自身は文学部史学科を卒業していることもあり、日本史好きではあるようです。

忍たま乱太郎の誕生

「忍たまファミリー・ベストセレクション」

「忍たまファミリー・ベストセレクション」

スポンサーリンク

posted with amazlet at 19.09.30
ポニーキャニオン (2013-10-02)
売り上げランキング: 48,316

 

1986年ころに、朝日小学生新聞編集部が、ギャグ漫画の描ける女性漫画家を探していたところ、ある漫画家を通じて紹介があったのが尼子騒兵衛さん。

それがきっかけで連載したのが「落第忍者乱太郎」だったそうですが、当時の尼子騒兵衛さんはギャグマンガを描いたことがなかったこともあり、「乱太郎」の作画は素人同然だったとか。

しかし、回を増すごとに画力が精錬されていき、小学生を中心にファンを獲得し、1993年にはNHKにて「忍たま乱太郎」としてアニメ化され、小学生のみならず若い女性ファンも増え、アニメは現在も放送中です。

※アニメ「忍たま乱太郎」の原作が、漫画「落第忍者乱太郎」です。名前は違いますが、内容はほぼ同じです。

実はアニメは25年以上続いているNHKでは一番の長寿番組なんですよ。(まあドラえもん、サザエさんには負けますが)

ただ、名探偵コナンよりも長いんですよ。(名探偵コナンは1996年からアニメ化されたので、3年差ですね)

しかも、主人公の声優が同じという凄い偶然も重なっています。(乱太郎、コナンの声優は共に高山みなみさん)

引用元:81プロデュース(エイティワンプロデュース)公式サイト

連載終了

落第忍者乱太郎 コミック 1-64巻セット

売り上げランキング: 45,033

 

「落第忍者乱太郎」の連載終了というショッキングなニュースが飛び込んできました。

原作者の尼子騒兵衛さんの体調不良が原因と言われています。

以前、尼子騒兵衛さんは脳梗塞で倒れ、車いす生活を余儀なくされているとも言われています。

連載終了理由については、公表されていませんが、体調を崩されていることが関係している可能性は高いです。

連載終了についてのネット上の反応です。

原作が終了するということは、アニメも終わっちゃうの?って思う方もいるかもしれませんが、今のところそういった情報はありません。

しかし、原作あってのアニメなので、今後ネタがなくなったら終了してしまう可能性が高いです。

ただ、「ドラえもん」、「サザエさん」は原作者は亡くなっていますが、アニメは続いています。

たぶんアシスタントの方が続編を書いているのでしょう。(ドラえもんは毎年のように劇場版もやっています)

まとめ


筆者も子供のころ、忍たま乱太郎はよく見ていたので、原作の連載が終わってしまうのは寂しいですが、アニメは終わって欲しくないですね。

まあこれからどうなるかは分かりませんが、漫画家の作者って「このあたりで辞めたいけど、辞められない」みたいな、葛藤がありますよね。

長期になると尚更です。

ただ、ここまで長い間お疲れ様でした。

これからは健康に気をつけてお元気でいて下さい。

以上、ここまでお付き合いありがとうございました。

 

スポンサーリンク