こんにちは、キローコです。

5月19日放送の「カンブリア宮殿」に

フリーランスの眼科医である服部匡志さんが出演されます。

フリーランスの医者と言ったら

「私、失敗しないので」の決め台詞で有名なドラマ「ドクターX」を

思い浮かべてしまいましたが、

服部医師はどんなお医者さんなのでしょうか。

スポンサードリンク


出典:Facebook
出典:Facebook

プロフィール

お名前は服部匡志(はっとりただし)さん

生年月日は1964年今年で52歳ということです。

出身地は大阪府でした。

1982年に大阪府立四条畷高校を卒業し、
1993年に京都府立医科大学医学部を卒業しています。
服部医師はベトナムで無償診療をしていることで有名で、
月の半分は日本各地で医療行為をして収入を得て、
残りの半分はベトナムへ行って無報酬で診療をしていたり、
医師を育てたりしているのだそうです。
とてもお忙しい毎日を送っていると思うのですが、
お写真は疲れなんて感じさせない素敵な笑顔ですね(^^)

経歴は?

大学卒業後は、京都府立医科大学眼科にてレジデントを経験
1994年に多根記念眼科病院勤務(大阪)
1996年に愛生会山科病院勤務(京都)
1997年に出田眼科病院勤務(熊本)
1998年に聖マリア病院眼科(福岡)、海谷眼科(静岡)勤務
そして2002年にベトナム国立眼科研究所網膜硝子体手術指導医としてベトナムへ
2004年には同研究所の客員教授を務めます
2015年は京都府立医科大学の特任教授になられたそうです
16歳高校2年生の夏にお父様をガンでなくしています。
そのときに入院していた病院の担当医から、
心ない言葉(文句ばかり言ってうるさい、もうすぐ死ぬなど)を聞いてしまったのをきっかけに
自分がいい医者になって病気に苦しんでいる人を救うのだと決意されたそうです。
はじめは消化器外科を希望していたのですが、
医局説明会で会った眼科の教授の人間性に惚れ込み、
眼科医になることを決意したそうです。
眼科医になることを反対したお母様を、
その教授が説得して下さったとか。
尊敬できる方に出会えたというところが、
とても幸運だったのではないでしょうか。
その人がいるから過酷な労働環境である病院で
がんばることができたのかなぁと思います。
そんな服部医師は、
網膜硝子体手術の分野では日本のトップレベル技術を持つんですって。
そうとうな数の経験を積まれてきたのでしょうね。

スポンサードリンク



忙しそうだけど、結婚してるの?(嫁や子供について)

服部医師の結婚について調べてみました。

ご結婚はされているようですよ。

服部医師がベトナムへ行こうと決意したとき、

奥さんは大反対だったそうです。

 

無償奉仕ということで収入も減るし、

プライベートでの仲間を捨ててまでして

どうしてベトナムへ行かなければいけないのかと言われたそうです。

 

でも最終的には奥様がOKを出してくれたのだそうです。

多くの人が助かるならいいと。

そのかわり収入が減るんだから節約してねと。

 

夫である服部医師の思いを受け止めてくれたんですね。

奥様はベトナムへは行かず、日本に住んで居られるようです。

服部医師が日本にいらっしゃるときは、

お弁当を作って差し上げているようですよ。

食費節約という意味もあるかもしれませんが、

奥様が時間をかけてつくるお弁当は

愛情がこもっていてオイシイでしょうね!

 

お子様についての情報はみあたりませんでした。

息子さんや娘さんはいらっしゃらないのかもしれません。

 

そんなわけで、

服部医師について調べてみましたが、

ドクターXのように一匹オオカミで権力にたてつくというよりは、

日本だけでなく海外で困っている患者さんを助けてくれる

熱いハートを持ったお医者さんでした。

 

カンブリア宮殿では、

そんな情熱を感じられたらと思います。

最期までおつきあいありがとうございます。

 

よろしければこちらもご覧下さい

服部匡志(眼科医)の出身高校や大学などの学歴は?年収も調査!

スポンサーリンク