スポンサーリンク


2020年開催の東京五輪ですが、マラソン・競歩など一部競技が札幌で行われることになりました。

その女子マラソンで日本代表に内定している前田穂南選手。

高校時代は補欠だったそうで、実業団に入りマラソンに転向後、開花。

昨年、東京五輪代表を勝ち取りました。

今回は、前田穂南選手の経歴や性格、結婚についてまとめてみました。

前田穂南プロフィール

名前:前田穂南(まえだほなみ)

生年月日:1996年7月17日

年齢:23歳(2020年1月時点)

出身地:兵庫県尼崎市

身長:166㎝

体重:46㎏

競技:マラソン

所属:天満屋(2015年~)

経歴

前田穂南選手は、両親と弟の4人家族で、両親がドラマ「東京ラブストーリー」のファンでヒロインを演じた鈴木保奈美(ほなみ)さんと同じ読み方の「穂南(ほなみ)」と名付けられたそうです。

小学校5年生の時から陸上競技を始め、中学校3年生の時には、尼崎市の大会で800m、1500mで優勝しています。

陸上の強豪校である大阪薫英女学院高等学校に進学すると、3年生の時に1500mで、インターハイ大阪府大会で大会新記録で優勝していますが、全国高校駅伝では、先輩・同期・後輩に有力選手がいたため、3年間補欠登録され、都大路(開催地が京都のため)を走ることはありませんでした。

「後に、この時の悔しさがバネになった」と前田穂南選手の母親が語っています。

高校卒業後の2015年4月に、岡山市の実業団チームの天満屋に入社し、女子陸上部に所属。

引用元:日刊Webタウン情報おかやま

2019年、2020年に開催された全国女子駅伝に、大阪府代表として出場し、2019年は区間3位(チームは3位)、2020年は区間4位(チームは8位)という順位に終わっていますが、高校時代からの夢を叶え、存在感を見せています。

2017年1月29日に初マラソンを経験し、この時は12位に終わっていますが、2017年8月27日には北海道マラソンに国内招待選手として出場し、2時間28分48秒で優勝し、マラソングランドチャンピオンシップ(2020年東京五輪、女子マラソン選考会)の出場権を獲得。

その後、ベルリンマラソン(初の海外マラソン)、東京マラソン(日本人2位)と経験を積み、2019年9月15日に行われたマラソングランドチャンピオンシップで、20㎞から独走し、2時間25分15秒で優勝し、2020年東京五輪女子マラソン代表に内定を獲得しました。

ピアノをやっていた?


あまり知られていませんが、前田穂南選手は、2歳から高校2年生までピアノをやっていました。

小・中学校の卒業式では、卒業生を代表して「旅立ちの日に」を伴走したこともあったそうです。

中学生の時に、出場したピアノのコンクールでは、表彰を受けるほどの腕前で、マラソン選手にならなかったら、ピアニストになっていたかもしれませんね。

性格は天然なの?


前田穂南選手の性格について、現在所属している天満屋の同僚の方が、「ある子がピンぼけした集合した写真をみて、前田だけ過呼吸になるんじゃないかというくらい笑いこけていた」と明かしています。

おっとりした感じに見えますが、けっこう笑い上戸なタイプなのでしょうか?

あだ名は「ド根性フラミンゴ」


前田穂南選手は、「ド根性フラミンゴ」というあだ名があります。

漫画「ワンピース」に出てくる、ドフラミンゴじゃないですよ(笑)

引用元:ONE PIECE.com(ドンキホーテ・ドフラミンゴ)

名付けたのは、元女子マラソンロサンゼルス五輪代表の増田明美さん。

マラソンの解説などもよくされていますよね。

なぜ、「ド根性フラミンゴ」なのかと言うと、

①ピンクのユニフォームで足が長いこと

②泥臭い練習が好き

この2つの理由からだそうです。

スポーツ界ならではのネーミングセンスを感じますよね。

結婚してるの?


前田穂南選手は、2020年1月時点では独身のようです。

東京五輪代表になったので、今はそれどころではないですよね。

女性アスリートの場合、現役引退後に結婚するパターンが多いようです。

例えば、野口みずきさん(アテネ五輪金メダリスト)は現役引退後に結婚されていますし、高橋尚子さん(シドニー五輪金メダリスト)は、現役引退後に交際している男性がいますが、現在も独身のようです。(事実婚状態なのかもしれません)

東京五輪でのメダル獲得の期待もある前田穂南選手。

マラソンの開催地が札幌市に変更になり、時間もあまりないかもしれませんが、五輪での活躍を期待しまそう。

以上、ここまでお付き合いありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク