スポンサーリンク


日本でも韓流ブームの時から、トップアティストとして今でも人気の高い東方神起は現在2人で活動しています。

 

東方神起は、ユノさん・チャンミンさんとJYJのジェジュンさん・ユチョンさん・ジュンスさんの5人で活動していました。

 

脱退後は、JYJとして人気が高く活躍していた3人での活動を最近は見る事はありません。

 

今回は、東方神起の頃から人気No.1と言われていたパク・ユチョンさんの現在に迫って見たいと思います!

 

JYJのプロフィール

韓流人気アーティストJYJは、東方神起で活躍後に脱退した3人で結成されました。

 

JYJ ジェジュン ユチョン ジュンス グッズ グラフィック クリアファイル A4サイズ 新作写真

左からパク・ユチョンさん.キム・ジェジュンさん.キム・ジュンスさん

 

ジェジュンさんのプロフィール


本名:キム・ジェジュン(金在中)

生年月日:1986年1月26日 年齢33歳

出身地:韓国

血液型:O型

身長:180cm

体重:63kg

活動内容:歌手・俳優・デザイナー他

所属事務所:JB’s(日本)・C-JES(韓国)

 

JYJとして活動していていましたが、2013年3月から2016年12月30日に兵役のため芸能活動を休止していました。

 

日本では、2018年より本格活動を始めて「痛快TVスカッとジャパン」に出演している事でも注目されました!

 

日本の事を「第二の故郷」と発言するだけでなく、日本の震災時は広島や熊本に単身で行きボランティア活動をしています。

 

主な出演作品

ジェジュン IN 「ボスを守れ」スペシャルメイキングDVD
「ボスを守れ」

 

 

JYJ ジェジュン 直筆サイン入り 韓国ドラマ マンホール ポスター
「マンホール」

 

 

素直になれなくて DVD-BOX 6枚組
「素直になれなくて」

 

テレシネマ7 天国への郵便配達人 オリジナルサウンドトラック(初回限定プレミアム・ヴァージョン)(DVD付)
「天国への郵便配達人」

 

 

ユチョンさんのプロフィール

本名:パク・ユチョン(朴有天)

生年月日:1986年6月4日 年齢32歳(2019年3月時点)

出身地:韓国

血液型:O型

身長:180cm

体重:62kg

活動内容:歌手・俳優・作詞作曲家他

所属事務所:C-JES

パクユチョンさんは東方神起で活動している時もグループ内でNo.1の人気でした!

 

日本でも放送された韓国ドラマなどに主演で次々と出演し、演技力で高い評価を得て新人賞優秀演技賞など沢山の賞を受賞しています

会いたい 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤)
脚本家の方がユチョンさんをイメージしたドラマ「会いたい」では、1人の人を想い続け犯人を追い続ける役を見事に演じました。

 

その他の主な出演作品

【Amazon.co.jp限定】トキメキ成均館スキャンダルOST公式盤再発売版
「トキメキ☆成均館スキャンダル」

 

 

スリーデイズ~愛と正義~パーフェクト撮影メイキングDVD Part.2~約束の言葉~
「スリーデイズ〜愛と正義〜」

 

 

屋根部屋のプリンス 韓国ドラマOST Part. 1 (SBS)
「屋根部屋のプリンス」

 

 

匂いを見る少女 (コンプリート・シンプルDVD-BOX5,000円シリーズ)(期間限定生産)
「匂いを見る少女」

 

 

ジュンスさんのプロフィール

本名:キム・ジュンス(金俊秀)

出身地:韓国

血液型:B型

身長:178cm

体重:64kg

活動内容:俳優・歌手・モデルなど

所属事務所:C-JES

 

ジュンスさんは、東方神起で活躍していた時に「おやじギャグ」にハマっていて、「かいけつゾロリ」で勉強していると話していました。

 

日本のバラエティ番組でよく披露していて、とても明るいイメージでしたね。

 

JYJ結成後、ミュージカルを中心に活躍していました。

 

2017年2月9日から2018年11月8日まで兵役のため芸能活動を休止していました。

 

主な出演作品

キム・ジュンス ミュージカルコンサートDVD スペシャルパッケージ
ミュージカル「MOZART」

スポンサーリンク

 


「DRACULA」

 


「デスノート THE MUSICAL」

 

 

JYJ結成まで

東方神起で活躍している中、解散や分裂騒動や活動休止発表など5人に次々と色んなことが起こりました。

東方神起のプロフィール

東方神起 5人  写真 プリント ミニキャンバス 25.5×18㎝
下段右からユノ・ジェジュン・ジュンス   上段右からチャンミン・ユチョン

 

2003年韓国で結成し、メンバー全員がボーカルを務める”アカペラダンスグループ”としてシングル曲「HUG」で2004年1月15日にデビューを果たしました。

 

日本ではすでにシングルとアルバムを発売していましたが、シングル曲「Stay With Me Tonight」で2005年4月27日に本格デビューをしました。

 

東方神起のメンバーとして5人で活躍していた時には、日本のバラエティ番組「しゃべくり007」「めちゃイケ!」や音楽番組「Hey!Hey!Hey! MUSIC CHAP」などに多く出演していました。

 

その時に、5人でデビュー当時からずっと一緒に暮らしている事や特に日本でのデビューは順調にいかず苦労したという話が印象に残っています。

 

突然の活動休止

 

2009年中頃から東方神起の解散説がネットを中心に話題になり出します。

 

そんな中で、コンサート「TOHOSHINKI LIVE TOUR 2009 ~The Secret Code~」を実施し、このコンサートが5人そろってのラストツアーになりました。

 

 

日本で5人そろっての活動を見れたのは、2010年1月1日「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ」最後となりました。

 

東方神起の日本所属事務所エイベックス・エンタテイメントから、2010年4月4日に正式な活動休止発表がありました。

 

 

東方神起突然の活動休止!

 

東方神起の活動休止までになった原因は2つあると言われています。

 

1つ目は、ジェジュン・ユチョン・ジュンスの3人は、”契約期間の長さ・収益の不当性”に不満がありました。

 

もう1つは、東方神起と活動している時に、ジェジュン・ユチョン・ジュンスの3人が中国の「CreBeau」という化粧品会社に投資をしていました。

 

韓国の所属事務所は、化粧品会社に東方神起としてではなく個人的な投資としてするなら問題ないという立場を示していましたが、投資先の化粧品会社が東方神起や関係ないユノ・チャンミンの画像を使ったことで会社側と対立します。

 

会社側は、東方神起の5人とその家族を含めて何度も話合いをしましたが決裂してしまい、ジェジュン・ユチョン・ジュンスの3人は会社側を相手に訴訟を起こしました。

 

化粧品会社の投資に、ユノ・チャンミンの親が反対したことや会社側との話合いにジェジュン・ユチョン・ジュンス3人の親が反発したり家族までを巻き込み事態が大きくなったようです。


このことで、東方神起の5人の不仲説が報じられるようになりましたが、メンバー5人での活動を最後まで望んでいたという話や内緒で会っているという事も話題になっています。

 

 

分裂騒動で5人に与えた傷と覚悟

 

東方神起の5人は、一緒に暮らし売れない時も苦楽を一緒にしてきたメンバーは、分裂や解散危機などでもそれぞれが深く傷ついていました。

 

この分裂騒動により更に、ジェジュン・ユチョン・ジュンス側もユノ・チャンミン側もそれぞれ裏切り者と叩けれ、家族への批判にまで発展しています。

 

後のTV出演時に、現東方神起の2人も大切な家族が叩かれたことが何よりも辛かったと語り、ユノはこの騒動でうつ病を発症していました。

 

JYJの3人も「上手くいかなかったら3人で農作業しよう..。」という話になり、「違約金も払えない金額だから死のうか・・」まで考えたと語っていました。

 

 

JYJの結成

 


韓国の裁判所から3人の芸能活動の自由と所属していた韓国の事務所にその妨害を認めないと仮処分が決定しました。

 

結成日がいつか発表されてはいないようですが、4月14日にJYJの結成とコンサートが開催されるという記事が出ました。

 

韓国では、新会社C-JeSエンターテインメントと契約をして、日本では引き続きavexでの専属権として、日韓で活動出来るようにしていました。

 

2010年9月16日に、avex契約解除をせずJYJとのマネージメントの停止と日本での活動休止を突然発表しました。

 

エイベックス側は、C-JeSエンターテインメントの経営者の経歴を理由と発表していましたが、JYJ側は以前からエイベックスは知っていたとして、活動休止に反発した事で日本で活動ができなくなりました。

 

avexは、契約解除をしてないない為、日本でのコンサートツアーが決定出来ず、JYJのアルバムやDVDをオリコンから除外したり、震災により3人のコメントの削除、イベントの妨害など,ファンの間ではJYJ潰しと批判されましたが、一方ではC-JeSエンターテインメント側の利益を優先としたツアーやチケットや限定商品の販売など、日本のマネージメントはavexにあったのにも関わらず、規律を守らない行動が原因かと言われています。

 

契約解除を求めて、C-JeSエンターテインメントとavexは裁判に持ち込まれ、名誉毀損と日本でのJYJの独占マネージメント権を主張することは認めないと2013年1月13日の判決で決定しました。


韓国でも所属事務所との契約を2009年7月で終了と今後の活動に関与しないことで2012年11月28日で決着が裁判でつきました。

 

 

3人が脱退後の東方神起

2010年に韓国の事務所SMエンターテイメントから、東方神起はユノチャンミンの2人で活動していくことが発表されました。

 

2013年11月に「Time Slip」ツアーを、2014年には「TVXQ! SPECIAL LIVE TOUR -T1ST0RY-」ツアーを開催しました。

 

2015年7月にユノ、11月にはチャンミンが兵役のため芸能活動を休止しました。

 

2018年の日本コンサート動員数でも2位を獲得するなど、日本での人気はとても高く、除隊後から現在まで日本を始め中国・タイ・LAなど世界でも大人気で活躍しています!

 

 

兵役後のパク・ユチョンさん

 

ユチョンさんは、2015年8月27日からの兵役のため芸能活動を休止していました。

 

2017年8月25日に除隊する前に、暴行容疑で4件提訴されていました。

 

韓国だけでなく、日本や中国を始め人気の高いユチョンさんの事件は大きく報道され、衝撃を広げました。

 


兵役中に、ユチョンさんが訴えられたニュースが報道され、活動再開を待ち続けていたファンに衝撃が走りました。

 

 


裁判にまでなったこの事件は、虚偽告訴で女性が逮捕され韓国警察はユチョンさんの暴行なしと発表しました。

 

突然の婚約発表!

そんな騒動の中、2017年4月に南陽乳業創設者の孫娘ファン・ハナさんと婚約発表をしました。

 

その後、結婚式の2回にわたる延長や2018年5月には破局を事務所が認める報道がされました。

 

ハナさんのインスタでは、ファンを逆なでするような言動で度々話題になっていたハナさんが、破局報道を否定していました。

 

結局最後は、ハナさんが破局を認めたことで2人が婚約を破棄したことが明らかになりました。

 

 

騒動後から2019年現在までの活動

 


2018年3月10日と11日に、3年ぶりに来日しファンミーティング「再会」を開催しました。

 

ユチョンさんがファンへの想いを綴った手紙がスクリーンに映し出され、初日の公演ではファンとの再会に涙を流しました。

 

2018年6月から、東京・千葉・静岡・愛知・名古屋・兵庫・大阪・広島・大分でファンミーティング&コンサートを開催しました。

 

 

 


除隊後、初めて韓国で「2018 PAPK YUCHUN BIRTHDAY FANMEETING」を開催しました。

 

東方神起の「like Weather」を熱唱し、心配し待っていてくれた韓国のファンに謝罪と感謝の気持ちを伝えたそうです。

 

 


2019年2月27日にアルバム「Slow dance」が発売されました。

 

このアルバムは、MVデイリーランキング2位を獲得しました!

 

 


2019年3月5日・6日に神戸で、「2019 PARK YUCHUN TOUR CONCERT ‘SLOW DANCE’ in JAPAN」開催されました。

 

3月19日・20日・21日に東京でも開催されます。
ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

 

パク・ユチョンさんは、兵役中に提訴され「嫌疑なし」と警察から発表されましたが、ネット社会の韓国では事実でない事まで次々と書かれてしまいました。

 

イメージが大事な芸能界でのダメージは大きく、ユチョンさん自身も死を考えた事もあったそうです。

 

そんな時でも信じて待ち続けたファンのおかげで、少しずつ活動を再開しています。

 

ユチョンさんの、演技力は高くどのドラマや映画もおすすめ出来るものです!

 

現在は、ジェジュンさんは日本を中心に活動し、ジュンスさんはミュージカルとソロ活動が多いJYJですが、また3人で一緒に活動する姿を期待したいですね!

 

 

 

スポンサーリンク