スポンサーリンク


こんにちは。kiroです。

欽どこ(欽ちゃんのどこまでやるの!)が生み出したアイドル「わらべ」の次女かなえとして
出演していた倉沢敦美さん今ドバイに住んでいらっしゃるそうで、どのように過ごしていらっしゃっるのでしょうか?

懐かしいなぁ。

プロフィール

シングル・コレクション ~スウィート・エンジェル

お名前は倉沢敦美(くらさわあつみ)さん

本名は敦美ラング

生年月日は1967年4月20日 52歳(2019年時点)

出身地は神奈川県相模原市

血液型はB型で牡牛座となっています

出身高校は堀越高校

出身大学は日本女子体育短期大学保育科

 

1982年の15歳のときに萩本欽一さんの人気番組「欽ちゃんのどこまでやるの!」に
萩本家3人娘の次女かなえ役として出演し、芸能界デビューです。

出典:youtube
出典:youtube

懐かしいなぁ。

わたしはまだ子供で放送が21時だったので就寝時間であったにも関わらず、
自宅で中華料理店をしていた両親の目を盗んでテレビを観ていたころを思い出します。

 

家族・娘

その後は歌手として活動をしていましたが、
オーストラリアの旦那さんとご結婚
オーストラリアで生活していたそうです。

国際結婚だったんですね!

現在はドバイの高級住宅街で生活されているとのこと。

 

お子さんは3人長男・希和(キワ) 長女・桂奈(ケイナ) 次男・仁希(ニキ).

いらっしゃって3人のママとして頑張りながら、時たまテレビ出演もされているのだとか。

現在は子供さんはみんな留学中 長男、次男はオーストラリア、長女のケイナさんは

カナダ、トロント大学に留学中。

 

特にこのケイナさんは芸能界にも興味があり、インスタも11万人越えのフォロワーがついています。

倉沢淳美さん譲りの美貌とオーストラリア人のお父さんとハーフのでチャーミング、スタイルも抜群。今後もフォロワーがどんどん増えそうです。

インスタ画像も頻繁にアップしていらっしゃるので気になる方はフォローしてみてね。

 

 

スポンサーリンク

View this post on Instagram

 

Raw soul

Kaynaさん(@k_ayna)がシェアした投稿 –


 

旦那さんとの出会いが気になる!

ところでオーストラリア人の旦那さんとはどこで出会ったのでしょうか?

旦那さんはジェームスさんとおっしょるそうです

出典:http://mezaika.com/atsumi-keina-4628
出典:http://mezaika.com/atsumi-keina-4628

ジェームスさんは石油システム開発のお仕事をされているということで
現在の住居がドバイなのはドバイの石油企業の社長に呼ばれたからだそうです。

社長直直にお声が掛かるとは、
かなりのビジネスマンなんですねぇ。

 

2人が出会ったのは1990年倉沢さんの出身地である神奈川県相模原市。
そこで英語を学んでいた倉沢さんがその実力を試したかったのか
外国人と話したいと思ったそうです。

 

そこでジムにも通っていたので、
そこにいる外国人に声を掛けたのがジェームスさんだったのだとか。

 

すごい行動力!!

 

私はは日本人でも話しかけられない小心者なので、
とても尊敬します(^^)

 

いきなり男性の外国人に声を掛けるというのはかなり勇気が入りますね。

きっと何人かコンタクトをとってみたうちの1人がジェームスさんだったのかな。

 

っていうかそんなにセレブな人が日本に来ているなんてビックリ。

まさに運命の出会いで御座いますね。

交際期間5年経って、1995年にご結婚なさったそうです。

ですので2019年時点で結婚生活24年、海外生活も24年、

ドバイに来てからは8年経つそうです。(2019年時点)

 

どこで運命の出会いがあるかわからなんぁ

 

住居はドバイの高級住宅街!

さて、爆報!でもとりあげられるであろうドバイの高級住宅街

パームアイランドっていうそうなのですが、
いったいどこにあるのだろう?

 

教えて!Googleさん!

はーい

でたっ!

アラブ首長国連邦のドバイ沖合いにある人口でつくられた島群のことをいうんですね。

確かにこれ自然に出来てたらビックリだわ。

ここのどこかに倉沢さん一家が住んでいるんですねぇ。このツリーで言うと幹にあたるところ

とおっしゃっていました。家は賃貸でそんなに裕福ではないですよとおっしゃっていました。

とはいっても、テレビの調査によると物件は1億ぐらいかと言ってましたね。

 

ちなみに1番高い所はいわゆる枝葉にあたる一番先っぽのところで66億なんですって。

 

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク