スポンサーリンク


神崎恵さんとは?

元女優・モデルで、現在は憧れの40代として「カリスマ美容家」として活躍しています。

今回は、神崎恵さんの過去や旦那など徹底リサーチしました!

プロフィール

出典:Parl Dash

  • 生年月日:1975年12月13日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:157cm
  • 事務所:パールダッシュ

デビューのきっかけと芸能活動

神崎恵さんは、16歳の時に原宿でスカウトされ、芸能界デビューを果たします。そして17歳の時に「全国女子校生制服コレクション」でグランプリを受賞しています。

デビュー後は、ドラマ『白鳥麗子でございます』『ひとつ屋根の下』『お願いデーモン』などに出演し、順調に活躍していきます。『ひとつ屋根の下』では、酒井法子さん演じる小梅に、嫌がらせをする同級生役が印象的でした。

ドラマ以外にも『王様のブランチ』などのバラエティにも出演して、人気を博していましたが、1996年に病を患い、20歳で芸能界を引退してしまいます。

2度の結婚

芸能界引退後、24歳の時に横浜FマリノスのJリーガー遠藤彰弘さんと結婚。元日本代表の遠藤保仁さんのお兄さんです。

出典:11aside

遠藤さんとの間に2人の男の子が産まれすが、価値観の違いによりすれ違いの生活を送っていたそうです。2人目の出産後に別居し5年後に離婚されています。

離婚後はシングルマザーとして、どん底の生活も経験されたようです・・・。保険を解約したり、服やバックやアクセサリーを売ったり、バイトを掛け持ちしたりと苦労していたようですね。

離婚後は、二度と結婚しないと思って過ごしていたそうです。しかし、2014年にヘアメイクアップアーティストの「河北裕介」さんとのファッション雑誌の対談が、運命の出会いとなり、再婚をはたします。

お互い美に関わる仕事ですし、意気投合したようですね。前夫との間に2人の子供がいましたが、子供達が河北さんの事を気に入っていたことも、大きな理由でした。

現在の旦那さんとの間にも1人お子様がいて、円満な家庭だそうです。夫婦円満の秘訣は、女性らしさを忘れないことと、胃袋をしっかり掴んでいることのようですね。SNSでもたびたび手作り料理をアップしています。

この投稿をInstagramで見る

スポンサーリンク

今日のお昼ご飯。 麻婆茄子🍆、ササミの漬け焼き、サバ、豚汁。 サバは休日になぜか食べたくなる。 冷蔵庫の中をのぞきこみながら、夕ご飯の献立も決定。 3枚めの画像は、わたしの調整メニュー。糖質0麺にチキンにパクチー、搾菜。 家族との食事は、何品か作った中から、選んで食べています。 糖質を抜きすぎたり、タンパク質が不足ぎみだと、わたしは肌がシワシワしたり、顔色が悪くなったり、体や肌がたるむんです。 トレーニングのときにも「めぐみさん、しっかり食べれてますか⁈食べてないんじゃない⁈」とバレバレ🙈 忙しいと、ついつい食事をとる時間がなくなってしまいがちなので、体づくりをしている今は更に丁寧に食事を作り、食べることを大切にしています。 40代の体、食べ物だけでどうにかしようとすると、あっという間にあちこち、たるむ、くすむ、しぼむ。 あー、バランスね〜。と。つくづく。 今日は、朝から体を動かし、読書をして、原稿を書いて、息子と遊び、ごはんを作って。 休日は、休日なりに忙しくて不思議。

Megumi Kanzaki(@megumi_kanzaki)がシェアした投稿 –

なぜ美容家に?


結婚生活がうまくいかった時、化粧品が気分転換になっていたそうです。芸能界も引退し、離婚もしてしまい路頭に迷っていた時に、2番目の息子さんから「ママは大きくなったら何になるの?」と聞かれ、改めて人生を考えるきっかけになります。

この一言で「大人でも夢を追っかけてもいいんだ」と思い、美容関係のスクールに通い始めます。自宅近くで美容サロンを開けば、子供たちとの時間も確保しながら稼げるかもというのも理由でした。

そして、ママ向けの雑誌から声がかかった事がきっかけで、美容術が紹介されることに。「普通のママでも出来るメイク術」が評判となり、美容雑誌からのオファーも殺到し、美容家としてブレイクします。

美容手帳

神崎恵さんは2015年から『MEGUMI KANZAKI SCHEDULE BOOK』という手帳をプロデュースしています。コンセプトは「書いて、読んで。365日で”なりたい私”を叶える手帳」

サイズは、使いやすいB6サイズで2020年のカバーは、チェリーピンクターコイズパープルの3色展開です。

基本的には普通の手帳と同じく「マンスリー+ウイークリー」という構成。しかし月始めと週ごとに、コラムやワークシートがついていて、美に役立つと人気です。

子供の予定を把握したい、家事を管理したい、ママ友との付き合いなど、何かと忙しい主婦から、仕事が忙しい女子まで幅広い年代層に対応していますよ。

まとめ

今回は”奇跡の40代”として、大人気の美容家「神埼恵」さんをご紹介しました。決して順調とは言えなかった20代、30代でした。しかし、その苦労のかいもあり、多くの女性達が共感し人気を博しています。

今後も優しい旦那様と3人のお子様と幸せな家庭を築きながら、美容家としてさらなる活躍を期待しています!

スポンサーリンク