スポンサーリンク


元衆議院議員の金子恵美さん。

「美しすぎる国会議員」と言われたこともありましたが、最近はテレビ番組でよく見かけますよね。

金子恵美さんと言えば、夫の宮崎謙介さんが妊娠中に不倫したことで、一躍注目されたことがありました。

今回は、金子恵美さんの経歴と現在についてまとめてみました。

※現職の国会議員(立憲民主会派、福島県選出)で金子恵美(かねこえみ)さんという方がいますが、別人なのでご承知おき下さい。

金子恵美プロフィール

名前:金子恵美(かねこめぐみ)

生年月日:1978年2月27日

年齢:41歳(執筆時)

出身地:新潟県新潟市南区(旧:新潟県西蒲原郡月潟村)

最終学歴:早稲田大学第一文学部

前職:衆議院議員(2012年12月19日~2017年9月28日)

現職:タレント、政治評論家

経歴

金子恵美さんは、新潟県立月潟村立月潟中学校、新潟県立三条高等学校、早稲田大学第一文学部文学科演劇専修卒業という学歴ですが、大学時代には、イギリスやアメリカにホームステイしたり、ネパールやムスタンで農業支援に従事した経験もあるそうです。

大学を卒業後の2000年4月に、地元:新潟放送に一般職非常勤職員として入社しますが、1年ほどで退職。

スポンサーリンク

その後は、フリーのライターとなり、2002年には「新潟県きものの女王」、2003年には「ミス日本関東代表」に選出されています。

引用元:ポストセブン

2007年に新潟市議会議員選挙に立候補(南区選挙区)し、トップ当選。

2010年に新潟市議を任期途中で辞職し、新潟県議会議員補欠選挙に出馬し、無投票で当選し、2011年には無投票で再選を果たしています。

2012年に新潟県議を辞職し、同年の衆議院議員選挙に自民党公認候補として立候補し、当選。

引用元:NAVERまとめ

2014年の衆議院議員には、次点候補に肉薄されるも、再選。

2017年10月22日に衆議院議員に立候補するも、小選挙区で敗れ、比例でも復活当選が出来ず落選。

その後、2019年10月6日のTBSテレビ「サンデージャポン」に出演し、政治家を引退することを表明。

現在は、テレビ番組などにもコメンテーターとして多数出演しています。

旦那、子供について

金子恵美さんは、2015年に同じ衆議院議員(当時)であった宮崎謙介さんと結婚しています。

いわゆる「できちゃた婚」だったそうです。

宮崎謙介さんは、2006年に加藤鮎子さんと結婚していましたが、2009年に離婚しています。

加藤鮎子さんの父親は、元自民党幹事長:加藤紘一さん(故人)で、宮崎謙介さんは一時期、姓を加藤に変えていたこともあり、加藤紘一さんの地盤を引き継ぐ準備もあったとか。

離婚の理由ですが、宮崎謙介さんの女性問題と報じられています。

2016年2月に、金子恵美さんが出産のために、入院していた時に宮崎謙介さんが不倫をしていたことが話題になり、「ゲス不倫」なんて言われていましたよね。

この時、金子恵美さんは宮崎謙介さんを許し、離婚はしていません。

引用元:AERAdot.メルマガ(宮崎謙介議員、当時)

その後、宮崎謙介さんは議員を辞職し、子育てや、自ら会社を立ち上げたり、妻の金子恵美さんの政治活動をサポートするなどし、政界復帰を目指しますが叶わず、現在はテレビなどでコメンテーターとして活動しています。

子供は、この騒動の最中に生まれた男の子がおり、現在は4歳になるくらいでしょうか。

現在は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#金子恵美 #彩ねぇみたい #そう感じるの俺だけかな

T2 jiu-jitsu(@tsak_tss)がシェアした投稿 –

金子恵美さんの現在ですが、テレビ番組などでコメンテーターを務めています。

これは、宮崎謙介さんが都内に購入したマンションのローンの返済のためだと言われています。

けっこうテレビに出てますので、収入もそこそこありそうな気がします。

夫の宮崎謙介さんですが、実業家としての一面も持ち、現在は8infinity(エイトインフィニティ)株式会社という会社を経営し、神社仏閣の総合経営支援・プロデュースということを事業内容にしているそうです。

事業内容にしていは、公にしておらず、この会社(事務所)には金子恵美さんも所属しており、出演依頼も出来るそうです。

会社というよりも個人事務所のような感じがします。

宮崎謙介さんは現在、複数の会社の顧問を務めている言われており、収入面ではあまり困っていないのかもしれません。

夫婦でテレビ番組に出演したこともありますが、不倫のことは死ぬまで言われそうですよね。

以上、ここまでお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク