スポンサーリンク


プロフィール

生年月日:1996年6月22日生まれ
出身:栃木県宇都宮市
高校:栃木県立宇都宮北高校
身長:約170cm
兄弟:弟が同じフリークライマーの楢崎明智
所属チーム:TEAM-au(2016年からKDDIとスポンサー契約)
主な過去の出演番組:ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(2017年5月7日放送)

 

東京五輪の新競技・スポーツクライミング金メダル候補は20歳の美筋肉シャイボーイ 楢崎智亜に密着!」

 

出身高校 栃木県立宇都宮北高校

栃木県立宇都宮北高校ってどんな高校?偏差値:58 で楢崎智亜さん出身でスポーツ校かと思いきやむしろ公立の進学校ですね。2003年(平成15年)度スーパーイングリッシュランゲージハイスクール指定校(3年間)。2016年の進学実績としては、国公立大学に64名、私立大学は、MARCHに26名、日東駒専92名など。

ただ、県から「体力つくり研究学校」に指定されていた時期もあり、活動は活発でバトミントン部、男子テニス部などが強いようです。ちなみに宇都宮北高校にはクライミング部やボルダリング部などはありません。

宇都宮北高等学校出身の有名人としては 関口雄大(元プロ野球選手)、福嶋真理子(アナウンサー)安間佐千(フリークライミング選手)がいます。

 

スポーツクライミングで東京オリンピック内定!

楢崎選手は、8月の10日から行われていた「スポーツクライミング:世界選手権」で、最終日の21日に男子複合の決勝で優勝し、2020年東京オリンピック代表に内定しました。

ホント先日の話、これはかなり大きなニュースとなりましたよね。

今まではボルダリングというと、知名度的には女子の野口啓代選手がブッチギリでしたが、ここに来て、「とてつもなく有望な選手がグンと知名度を上げた」という印象でしょうか。

 

スポンサーリンク

「楢崎智亜が東京五輪代表に内定、金メダルで決めた」

そもそも・・・ボルダリングについて

何年か前にボルダリングが流行りだし、今では街にかなりの数のボルダリング施設が出来ましたね。

というか、ボルダリングって以外とちゃんと知らないのでは、ということでちょっと調べてみました。

ボルダリングとは、フリークライミングと呼ばれる、「道具に頼らず、自己のテクニックと体力を使って岩を登る」スポーツの一種です。

アウトドアでは、元々ある自然の形状に手を入れることなく、在るがままの岩を登ります。

インドアでは、人工的な凸凹をセッティングし、決められたルートや課題を登ったりします。

これをスポーツクライミングとも呼びます。

純粋にスポーツ性を強調したものと言えますね。

身体的な可能性を追求していく過程で愛好者は増加していき、「競技としてのスポーツクライミング」が確立するに至りました。

現在、国際スポーツクライミング連盟が認定する、公式のスポーツクライミング競技会で行われているのは3種目となっており、「リード」、「ボルダリング」、「スピード」です。

数日前に話題となった楢崎選手が五輪内定したとのニュース、あれは上記の3つの種目の順位を総合して競う「複合」という競技で金メダルを取ったことで内定となったんですね。

以下は、楢崎選手のリード競技の動画です

以下は、楢崎選手のスピード競技の動画です


「「スピード後進国」返上なるか クライミング、強化急ぐ」

ボルダリングって握力絶対強いですよね?

見ていて思いません?

あれは、絶対に握力が恐ろしいほど強くないと無理ですよね・・・。

と思ったら、実は楢崎選手の握力は20歳男子の平均的な数値よりやや高い程度だとか。約50kgくらいですかね。

これは楢崎選手だけでなく、クライミング競技者の握力は意外にもそんなもんだそう。

握力というよりは、指の力が重要ということみたいですね、確かに、言われてみれば(笑

そして、脚や背中などの大きな筋肉をうまく使えることも重要で、それが効果的に持続的に力を発揮することに繋がるようです。

楢崎選手の強み、何が凄いのか?

楢崎選手の武器は、発達した広背筋と幼少期に始めた機械体操で培った柔軟性をいかしたダイナミックな動き。

海外では「忍者(ninjya)」とも呼ばれているそう(笑。

体脂肪率はなんと2%前後

柔軟性だけでなく、瞬発力、持久力をも兼ね備えたバランスの取れた肉体は、壁を縦横無尽によじ登ります。

小さい頃の器械体操の経験が、空中でのバランス能力を培ったのか、「ランジ」という、ホールド(凸凹)からホールドに飛び移る技が、楢崎選手の得意技であり、強みでもあります。

そんな楢崎選手は、回りの選手たちからは「フィジカルモンスター」との異名が付けられ恐れられています。

ここで楢崎選手のトレーニングの様子をまとめた動画を見てみましょう。

楢崎選手の弟もすごい!

楢崎智亜選手には、プロフィールでも紹介した通り、3つ下の弟さんがおり、同じくクライマーの選手です。

その弟・明智(めいち)選手は、兄・智亜選手の影響でクライミングを始めたようですね。

小学生の時から、お互いに高みを目指して切磋琢磨していたそうです。

身長はかなり高く、186cm。兄弟そろってイケメンですね。

2015年に行われたアジアユース選手権ボルダリングで兄・智亜が初勝利の快挙をあげると、2017年に弟・明智が同選手権ボルダリングで優勝。ここで全世界に恐ろしい「楢崎兄弟」の名が轟きました(笑。

数日前の兄・楢崎選手の五輪内定が決まった大会でも、弟・明智選手は、総合5位の成績でした。

 

「楢崎明智、兄・智亜と一緒にオリンピックへ」

ものすごい肉体でかつイケメンという恐ろしい楢崎選手

これは軽く触れるだけにしましょう。

本題は当然ながらボルダリング選手としてのお話しなので・・・

誰かに似てると思いませんでしたか?

俳優の山本裕典さんとか、

関ジャニの村上信吾さんとか、

KAT-TUNの上田竜也さんとか・・・(笑。

とにかくとんでもない爽やかなイケメンですよね!

これはいろいろなファンがこれから付きそうですね。

ということで、みなさん、じゃんじゃん応援していきましょう!

スポンサーリンク