こんにちは。キローコです。

小学生のプロレーサーがいるってミライモンスターで知ったんですよ。

その子がプレイステーションのグランツーリスモSPORTのCMに出演していて
さらにビックリ。

どんな女の子なのか気になって調べてみました。

スポンサードリンク


プロフィール

出典:https://www.jp.playstation.com/blog/detail/5815/20171012-gtsport.html
出典:https://www.jp.playstation.com/blog/detail/5815/20171012-gtsport.html

お名前は野田樹潤(のだじゅじゅ)さん

生年月日は2006年2月2日11歳

出身地は東京都

みずがめ座となっています

 

もうハンドル持つと勝負師の顔になってますねw

普段はとっても可愛いお顔なんですよ

出典:http://news4wide.livedoor.biz/archives/2142278.html
出典:http://news4wide.livedoor.biz/archives/2142278.html

スポンサードリンク


3歳でカートに初めて乗って、4歳でカートレースデビューなんですって。

3歳っていったら、もうすぐキローコの息子と同じだわ。

先日ゴーカートに乗らせたらピーピー泣いてしまっていたから、
我が息子はレーサーの素質はないのかもしれませんw

 

野田樹潤さんはお父様が元F1レーサーの野田英樹さんだから
レーサーのDNAを受け継いでいるんですよね。

出典:https://clicccar.com/2012/10/08/201163/
出典:https://clicccar.com/2012/10/08/201163/

実は野田英樹さんも3歳がカートデビューなんですって。

レーサーになるきっかけは親子で一緒。

 

2016年にF4デビューした野田樹潤さんですが、
小学生でF4を走るのは世界で初めてなんだそうですよ!

これは将来かなりの大物になると素人のキローコでも期待してしまいます。

親は金持ちなの?

レーサーってけっこうお金かかるんじゃないですか?

 

野田樹潤さんのお父様は元F1レーサーなのですが、
F1レーサー時代にはあまり本領発揮できなかったようですね。

イギリスF3選手権で優勝経験があるようです。

F1レーサーなら平均年収が3億円といわれるほど大金持ちだと思われますが、

野田英樹さんはそこまでではなさそうですね。

 

現在野田英樹さんはNODAレーシングアカデミー高等学院校長を務められていて、
NPO法人青少年少女モータースポーツ振興会代表理事でもあるそうです。

そうなると、収入の主は校長先生の収入ってことになりそうですね。

 

お母様は雅恵さん
元バレエの先生をされていたのですが、
現在は樹潤さんのトレーナーをつとめているようです。

 

そんなにお金持ちではないのかなぁなんていうイメージですが、
樹潤さんがデビューしたF4では必要経費が年間3000万円かかるというのですから、
スポンサーをつけるにしても、
そうとう稼いでないとやっていけなそうですね(^^;)

 

優勝回数がスゴイ!

樹潤さんの成績についてみていきましょう

公式サイトによると

4歳:デビューウィン(KIDS カート)
5歳:ダブルチャンピオン(30cc、40cc)
6歳:優勝3回(カデット)
7歳:優勝3回(100cc)
8歳:優勝4回(125cc)
9歳:世界最年少、FIA-F4デビュー
11歳:優勝2回 フォーミュラ戦U17チャレンジカップ

となんとも激しい優勝ラッシュw

 

すごいですね。

4歳でカートレースデビューしてその年に優勝経験しちゃうんですね。

それなりの練習をされていると思いますが、
まさに天才といわれるのも仕方がないかもしれません。

 

年収が気になる!

XEN7615016_TP_V

これだけ優勝しているんですから、
きっと賞金ガッポガッポでウハウハなんでしょう?

F4レースの優勝賞金については、
はっきりとはわからなかったのですが、100万円くらいだといわれているようですね。

 

え?割と少ないね。。。

 

F4でそのくらいなら、これまでの優勝してきたけれど、
賞金はあまりもらえてなさそうな感じですね。

 

これからF4の世界で年間3000万円もかかるっていうのに、
優勝しても100万円程度じゃ割に合いませんね。

 

賞金ガッポガッポでウハウハなんて言ってゴメンナサイ!

 

10回くらい優勝しないと1000万円は超えられないんですね。

これからたくさんの壁にぶつかると思われますが、
持ち前の負けず嫌いで乗り越えていってほしいです。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク