こんにちは。キローコです。

カンブリア宮殿に在宅医療に取り組むやまと診療所の安井佑さんが登場します。

国の調査では自宅で最期を迎えたいと思う人は7割りいるにもかかわらず、

実際はその1割程度なんですって。知らなかった。

現実的には難しいからなんでしょうけれど、

その問題に取り組んでいる安井佑さんとはどんな方なのでしょうか?

スポンサードリンク


出典:https://www.e-doctor.ne.jp/c/clinic/1611/
出典:https://www.e-doctor.ne.jp/c/clinic/1611/

プロフィール

お名前は安井佑(やすいゆう)さん

生年月日は1980年36歳

出身地は東京都新宿区

 

出身大学は医学部でサッカー部と少林寺拳法部に所属していたそうです。

強そうですね(^^)

塾の講師やマクドナルドでアルバイトをしたり、

スノーボードのサークルに入っていたりと

充実した大学生活を送ってこられたようです。

 

サッカーは現在も趣味だそうで、

月に2,3回試合をしているのだそうですよ。

 

お医者さんでサッカーが趣味だということで、

キローコはなんだか安心しました。

お医者さんはプライベートな時間がなさそうなイメージだったので。

 

忙しい仕事でも休息って必要ですよね。

 

順風満帆な人生を送ってこられたと思いきや、

高校2年生の時にお父様をガンでなくされているんですって。

十代で親と別れてしまうなんて、

かなりショックだったのではないでしょうか?

 

そのときの無力感を二度と味わいたくないと

医師を目指したんですって。

 

そんな安井さんが在宅医療を目指したのは

ミャンマーで生活したことがきっかけだったそうですね。

 

ミャンマーでは医療費が高額なため、

病院に行けるひとはわずかな人なのだそうです。

 

十分な医療を受けられなくても、

自分の人生の最期をすんなり受け入れているミャンマーの住民達をみて

延命という選択肢だけでなく、

見送るという選択肢もあっていいのではと考えるようになったんですって。

 

お父様をなくされたことで、人生の最期というものに関心をもっていたものの

実感がなかったと語る安井さんですが、

ミャンマーの経験で新たな考えに到達できたんですね。

 

2011年の東日本大震災では医師の仕事だけでなく

現場のニーズを把握して、

東京から若者を500人ほど被災地に連れて行って

お祭りを開催していたのだそうです。

 

すごい行動力ですね!

 

結婚してるの?

とても行動力のある安井佑さんですが、

現在36歳。ご結婚なさっているのでしょうか?

 

残念ながら情報はみあたりませんでした。

お医者さんで年収もあるでしょうし、

見た目も十分かっこいい方ですし、

行動力もあるということなので、

キローコは結婚なさっているんじゃないかなぁと思うんですけどねぇ。

 

プライベートな部分はあまり語られていないようですね。

 

安井佑さんのいるやまと診療所はどこ?

安井佑さんが院長を務めている「やまと診療所」とはどこにあるのでしょうか?

 

住所は〒174-0074 東京都板橋区東新町1丁目26−14

板橋区は安井佑さんが育ったところでもあるんですって。

2013年4月に高島平で開業したそうですが、

2016年8月にこの地へ移転されたそうです。

 

手狭になったから話していましたが、

さすがに需要があったのですね!

 

なかなかおしゃれな診療所ですよ。

出典:https://www.e-doctor.ne.jp/c/clinic/1611/
出典:https://www.e-doctor.ne.jp/c/clinic/1611/

スポンサードリンク


 

訪問診療だから患者さんが訪れるわけではないんですけど、

一応外来スペースもあるようですよ。

一人暮らしの方ように入院も2床もうけられているんですって。

 

やまと診療所さんの訪問エリアは

板橋区を中心に練馬区、和光市の一部ということです。

 

安井さんは各地で講演もされているということなので、

全国で在宅医療のできる環境が増えていくといいですね。

 

キローコの親は自宅で最期をむかえたいのかなぁ。

今度話し合ってみよう。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク