こんにちは。キローコです

櫻井・有吉THE夜会に料理人の結城貢先生が登場します

本郷奏多さんに家庭料理を振る舞うそうですが、

以前はテレビによく出ていた人で

ちょっと怖いドス声のおじさんだったですよね。

最近見なくなりましたけど、気になったので調べてみました。

スポンサードリンク


出典:Youtube
出典:Youtube

プロフィール

お名前は結城貢(ゆうきすすむ)さん

生年月日は1940年8月6日76歳!

出身地は旧満州旅順

育ったのは香川県の善通寺市

日本で生まれたんじゃ無かったんですね。

そっか、戦時中だったんだ。

大変なときに生まれたんだ。

 

獅子座ですよ。

 

出身高校は香川県立善通寺第一高等学校

出身大学は日本大学

 

もともと料理の道を歩んできたわけではなく、

野村證券でサラリーマンも経験しているようですね。

ダミ声が特徴の結城さん。怖がられなかったでしょうか(^^;)

そうそう、眉がしらにあるイボも印象的でした

1976年に会員制の割烹料理店「結城」をオープン。

そこにフジテレビのプロデューサーが通っていたことから

テレビへ出演するようになったんですって。

 

このキャラクターだったらテレビ業界の人なら絶対スカウトしそうw

案の定タモリさんやとんねるずの石橋貴明さんがネタにして人気になりましたよね。

 

毒舌でコメントが厳しい結城貢先生に泣かされたアシスタントも多かったようですよ。

でもどこか愛情がこもっていて、キローコはイヤにならなかったんですよね。

キローコが介護研修で施設にお世話になっていたとき、

昼食準備でキュウリの細切りをたどたどしく切っていたところ、

いつもキュウリを切る担当だった男性の利用者さんに

「あんたなにやってんの?」って厳しいツッコミをされたことがあります。

 

怒られたと焦ったキローコですが、

キュウリはこうやって切るんだと優しく教えてくれた利用者さんに

結城貢先生を思い出したこともありました(^^)

 

 

嫁や子供について!

出典:http://ameblo.jp/kikutaayako/entry-10863149626.html
出典:http://ameblo.jp/kikutaayako/entry-10863149626.html

スポンサードリンク


結城貢先生は結婚されているんでしょうか?

1989年に女優の泉じゅんさんとご結婚されていました。

出典:http://www.drillspin.com/person/works/ARDSA0819960/all
出典:http://www.drillspin.com/person/works/ARDSA0819960/all

1956年9月6日生まれの60歳

結城先生とは16歳離れていますね。

 

どこで知り合ったんでしょうねー。

お店をされているし、芸能関係の方からの紹介で出会った可能性は十分にあるでしょうね。

 

奥様は結婚後、芸能界を引退されて結城貢先生のお店を手伝っているんですって。

優しくていい女将さんだとお客さんにも好評のようですよ。

 

お写真を拝見すると、頑固親父に見えた結城貢先生の顔も優しくなっていて、

とてもいい雰囲気の夫婦ですね。

 

お子さんはいらっしゃるんだろうか?

調べてみたけど見当たりませんでした。

秘密にしているのか、本当にいらっしゃらないのかわからないですね。

 

結婚されたのが泉じゅんさんが33歳のときということで、

当時は30歳以上は高齢出産だったといわれていた時代だったこともあり、

お子さんはいらっしゃらないのかもしれません。

スポンサードリンク



お店の場所はどこ?

結城貢先生の経営されているお店はどこにあるのでしょうか。

住所は東京都渋谷区神宮前3-23-2とありました。

若者向けのファッションショップの間にたたずむ日本割烹のお店。

ちょっとシュール(^^;)

 

お店は会員制だそうで、

一見さんは行くことが難しそうです。

 

料理は結城先生おまかせだそうで、

お腹いっぱいです!って言わない限り料理が出続けるという噂ですよw

沖縄のカメーカメー攻撃のようですね。

 

人気料理は餃子だそうです

出典:http://ameblo.jp/kikutaayako/entry-10863149626.html
出典:http://ameblo.jp/kikutaayako/entry-10863149626.html

家庭料理の味がして落ち着くという評判です。

 

誰かキローコを連れて行ってくださいw

 

現在71歳の結城貢先生。

今でも毒舌は健在なのでしょうか。

お元気な姿が見られるとイイです。

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク