こんにちは。キローコです。

行列のできる法律相談所にシンガーソングライターの関取花さんが登場します。

キローコはテレビ欄の紹介をみて「関取花の」さんかと思ってしまいました。

ごめんなさい。

ひがみの曲が共感すると話題になっているようですが、

どんな歌手さんなのでしょうか。

スポンサードリンク


出典:http://www.tfm.co.jp/sky/index_pc.php?itemid=100177&catid=1724
出典:http://www.tfm.co.jp/sky/index_pc.php?itemid=100177&catid=1724

プロフィール

お名前は関取花(せきとりはな)さん

生年月日は1990年12月18日25歳

出身地は神奈川県横浜市(おー都会!)

射手座となっています。

 

出身高校は慶応義塾女子高等学校

出身大学は慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス

 

子供の頃はドイツに住んでいたそうですが、

日本人小学校に通っていたので、日本で流行ったものなどは

同じようにドイツの日本人学校でも流行ったそうですよ。

 

高校時代は軽音部に所属していたそうで、

2008年18歳のときから音楽活動を始めていたそうです。

 

2009年に10代のアーティストだけで行われる音楽フェスティバル閃光ライオット2009にて

審査員特別賞を受賞して、中高生の人気を集めたそうですよ。

 

その後2012年から3年間神戸女子短期大学のCMソングを担当することで、

人気を拡大させます。

「むすめ」

「最期の青」

「採光」

アコースティックギターと関取花さんの音色がとってもマッチしていると思いました!

キローコは高校時代にギターを習っていたので(クラシックギターでしたが)

ギターの「キュッキュッ」っていう音がとっても好きなんです。

 

花さんの歌声もかわいらしい外見からは想像しがたいくらい太く力強い感じがしてイイ!

中高生の人に人気と言うことは、

歌詞についても共感させる内容になっているんですね。

(キローコは人生経験値が低いので、大好きなKiroroの歌であっても歌詞で共感することはあまりないのです。)

 

家族や彼氏について!!

出典:http://natalie.mu/music/pp/sekitorihana02
出典:http://natalie.mu/music/pp/sekitorihana02

スポンサードリンク


 

そんな関取花さんのご家族について調べてみました。

家族構成は父、母、兄、花さんの4人家族のようです。

 

お父様はとても優しい人のようで

ドイツ生活時代は仕事が休みになると車でどこへでも連れて行ってくれたんですって。

 

お母様については花さんは大好きなようでよくメディアでネタにしているらしいです。

ブログにも「ミネトンカの黒いブーツ」のことを「黒いミノモンタ」と店員に尋ねるエピソードがあって

爆笑してしまいましたw

言い間違いは花さんもあるみたいですね(^^)

 

お兄さんはとっても頭が良く真面目な性格のようで、

ドイツに住んでいたときから筋トレを続けているのだそうですよ。

そしてメガネ男子なんですって。

もうキローコの中では福山雅治さんにメガネをかけさせたような美青年ができあがりました!

 

これだけみると、お兄さんは父親似、花さんはお母さん似なんじゃないかなと思いました。

 

 

そして気になる彼氏についてですが、

花さんの熱愛情報は見当たりませんでした。

 

2015年のインタビューの中で

友達の「彼氏が欲しい」という発言は理解できないと話していましたよ

「恋がしたい」ならわかるそうですが、

恋人を探す姿勢だったり恋愛に期待することがわからないんですって。

 

この発言を見ると、

もしかしたら現在もフリーなのかもしれませんね。

 

 

ひがみの曲は「べつに」

出典:http://www.sibch.tv/sekitorihana_interview/
出典:http://www.sibch.tv/sekitorihana_interview/

行列のできる法律相談所では

関取花さんの曲である「べつに」が紹介されるそうです。

Youtubeにも動画がありました。

ラブラブなカップルを端から見ている女性の気持ちを歌っているようですね(^^)

とってもかわいらしい歌だと思います。

思わずプッってほほえんじゃうくらい。

 

共演者の共感を得たらしいですが、納得ですね。

 

これで「べつに」が似合う女性は

沢尻エリカさんか関取花さんということになりました(^^)

 

ご本人のブログもとっても面白く、

けっこうな文章量なのですが

ついつい読み込んでしまいます。

 

今後のご活躍を応援します!

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク