こんにちは。キローコです。

SWITCHインタビュー 達人達に哲学者の萱野稔人さんが登場します。

哲学者と聞いただけで頭から煙が出てくるキローコですが、

ビジュアルがかなりイケメンですね!

どんな人なのかとっても気になりましたので調べてみました。

スポンサードリンク


出典:http://www.univpress.co.jp/university/column/takuetsu2015_special-interview_tsuda/
出典:http://www.univpress.co.jp/university/column/takuetsu2015_special-interview_tsuda/

プロフィール

お名前は萱野稔人(かやのとしひと)さん

生年月日は1970年46歳

出身地は愛知県岡崎市

 

哲学者で津田塾大学学芸学部国際関係学科の教授をされています

 

大学を卒業後、フリーターを1年やっていてつらかったそうで

1995年にフランスへ留学

パリ第10大学にて哲学者のエティエンヌ・バリバール

との出会いがきっかけで哲学の研究が面白くなったそうです

 

2003年にパリ第10大学大学院哲学科博士課程を修了し博士号を取得

2004年には共生のための国際哲学交流センター研究員

2013年には 津田塾大学学芸学部国際関係学科の教授となり

現在はテレビなどのメディアにも出演され

現代社会における問題などをわかりやすく伝えてくれると評判の哲学者なのだそうです。

 

エティエンヌ・バリバールさんっていうのはフランスの哲学者だそうで、

政治や道徳についての哲学を大学で教えている教授さんなんですって。

出典:Wikipedia
出典:Wikipedia

スポンサードリンク


 

お父様はトラックの運転手(元愚連隊という噂も)で、

お母様は設計図を描いていたということで、

哲学や思想には縁遠い家庭に育ったそうですが、

海外での経験は萱野さんにとってかなりの衝撃だったんでしょうね。

 

人生を変えるほどの影響力を与えられたのですから、

教えてもらう先生との出会いってすごく重要なんだなぁと感じました。

 

出身高校はどこ?

大学は早稲田大学を卒業されている萱野稔人さんですが、

出身高校はどこなのでしょうか?

 

はっきりとした情報はみあたらなかったのですが、

愛知県岡崎市出身ということと

愛知県内で1,2位の偏差値の高い学校として有名な

愛知県立岡崎高校ではないかと言われています

 

東京大学、京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学と

毎年有名大学に合格者を排出しているんですって。

 

有名な出身芸能人としては

NHKの番組音楽で有名な冨田勲さん

出典:http://blog.piapro.net/2012/08/post-558.html
出典:http://blog.piapro.net/2012/08/post-558.html

TBSアナウンサーの山本匠晃さん

出典:Twitter
出典:Twitter

 

などがいらっしゃるようですよ

 

 

高校までは哲学には無縁で

大学では先輩にこんな本も読んだこと無いのかと

馬鹿にされていたそうですが、

頭がとても良かったから

フランス行きを決意して哲学の話も理解できたんでしょうね!

 

 

結婚してるの?

出典:http://www4.nhk.or.jp/switch-int/
出典:http://www4.nhk.or.jp/switch-int/

 

かなりのイケメン哲学者、萱野稔人さんですが

やっぱりご結婚なさっているかが気になるところですね!

 

2013年の萱野さんのブログではまだ独身だったようですが、

2015年の6月にニュース番組に出演されたときに

ご結婚されたことを取り上げられたそうですね

 

奥様はかなり若い女性だということですが、

もしかして大学の生徒さん??

 

萱野さん自身が46歳には見えない若さを感じるので

年の差結婚なんて問題ないでしょうね!

 

お子さんについては情報は見当たりませんでした。

これからそういうおめでたいお話もでてきそうですね!

 

哲学者になったきっかけは?

萱野稔人さんが哲学者になったきっかけはなんだったのでしょうか?

やはりフランスでの留学経験がそうだったようですね。

 

フリーターの自分に危機感を感じて就職するなら新卒でと思った萱野さん。

せっかく大学へ行くなら留学っしょということでフランスへ。

2,3年で修士後帰国しようと思っていたそうですが、

フランスの地で哲学の面白さを知り

結局9年研究に没頭していたのだそうです。

 

早稲田大学時代に読んだ「現代思想」という雑誌は

当時の萱野さんには内容が難しく理解できなかったそうです。

 

そして28歳のときに、その現代思想から原稿依頼がきて

その内容が評価されたんですって。

このことがきっかけで哲学の道をいこうと決めたそうですよ。

 

やっぱり面白いと感じないと勉強って理解できないんだなぁと

キローコは思いましたよ。

いやいや勉強してたんじゃ絶対頭に入らないし

諳記しても大人になったらわすれちゃう。

 

キローコの2歳になる息子にこれから勉強を教えると思いますが

面白いと思ってもらえるような伝え方をしたいですね!

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク