こんにちは。キローコです。

キローコには3歳になる息子がいるのですが、
毎朝「おかあさんといっしょ」を観るのが日課です(^^)

先日、いつものように観ていると、
おさむお兄さんと名乗る方が出演していました。

けっこう年齢が高い方のようですが、
「お兄さん」とはこれいかに?

調べてみたら有名な方だったのですねw
大変失礼しました

スポンサードリンク


プロフィール

出典:http://diary.pocoapoco.candypop.jp/?eid=1155896
出典:http://diary.pocoapoco.candypop.jp/?eid=1155896

お名前は坂田おさむさん

本名は坂田榮一(さかたえいいち)さん

生年月日は1952年12月10日65歳

出身地は北海道旭川市

血液型はA型で射手座となっています

 

1985年にNHKおかあさんといっしょの7代目うたのおにいさんに就任して後、
8年間も親しまれてきたんですねぇ。

知らなくて申し訳ないくらいです。。。

 

うたのおにいさんになる前は
1975年に「宿屋の飯盛」のメンバーとしてデビュー。

ソロデビューは1977年「BYE BYE東京」の曲でした。

出典:http://www.omiyagerecords.com/?pid=74863001
出典:http://www.omiyagerecords.com/?pid=74863001

髪型が時代ですねぇ。

年齢について!

坂田おさむさんは65歳でしたね!

同い年の有名人としては、
草刈正雄さん、
水谷豊さん、
三浦友和さんなどがいらっしゃいます。

比べて見ると、失礼ながら坂田おさむさんのほうが
ちょっとかわいさがありますね(^^)

元うたのおにいさんだから
おさむお兄さんって呼ばれていたのか。

65歳だからって
「うたのおじさん」とはさすがに呼べないよね。

 

夢の国のミッキーみたいなものなのかな。

 

オネエ疑惑を調査!

坂田おさむおにいさんがオネエ疑惑で賑わったのは、
2010年頃からのようですね。

ネットでオネエっぽくないかと話題になっていたようです。

オネエっぽい写真を探してみました。

 

首の角度がちょっとね・・・。

出典:http://mariko-hamatani.at.webry.info/200802/article_2119.html
出典:http://mariko-hamatani.at.webry.info/200802/article_2119.html

 

右手の位置が・・・

足がぴったりくっついていてかわいいの

出典:https://ameblo.jp/hinataosamu/entry-11626998566.html
出典:https://ameblo.jp/hinataosamu/entry-11626998566.html

 

・・・とまあ、かなり仕草がしなやかでいらっしゃいました(^^;)

小さな子相手だと仕草もかわいくなっちゃうのかな。

いやいや、だいすけお兄さんなんかはこういうしなやかさは感じないんだけどな。

 

坂田おさむさんも若い頃は男らしかったんですよ。

出典:http://akachannel.hatenablog.com/entry/2017/05/08/153000
出典:http://akachannel.hatenablog.com/entry/2017/05/08/153000
出典:https://www.snowrecords.jp/?pid=101423435
出典:https://www.snowrecords.jp/?pid=101423435

 

ねー!

しかもちゃんとご結婚なさっていて娘さんがいらっしゃるんですから!

出典:https://www.snowrecords.jp/?pid=101423435
出典:https://www.snowrecords.jp/?pid=101423435

坂田めぐみさんとおっしゃって35歳

歌手と女優をなさっているんですって。

 

キローコが思うに、
オネエじゃなくって
オネエキャラなんじゃないかなと。

尾木ママと同じグループ(勝手にw)

 

スポンサードリンク



 

代表曲は?

坂田おさむさんは、シンガーソングライターなので、
作詞作曲も手掛けています

 

主な代表曲は

にじのむこうに

どんな色が好き

公園にいきましょう

ヤッホ・ホー

ありがとうの花 などなど

 

おかあさんといっしょを観ている人なら誰もが知っている曲ばっかりですね!

キローコはビックリしてしまいました。

もうオネエとか言ってごめんなさいです。

 

坂田おさむさんは、おかあさんといっしょのレジェンドだったんですねぇ。

これからおかあさんといっしょの歌を聴くときは、
作詞作曲にも注目してみていこうと思いました。

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク