スポンサードリンク


こんにちは。キローコです。

徹子の部屋に演歌歌手の中村美律子さんが登場します。

中村美律子さんと言えば、

共演者が嫌がるほど歌がうまいという噂を聞いたことがあります。

今の人気を勝ち取るまでには壮絶な人生を送ってこられたんですね。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/sphone/guest/?f=tue
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/sphone/guest/?f=tue

プロフィール

お名前は中村美律子(なかむらみつこ)さん

生年月日は1950年7月31日66歳

出身地は大阪府東大阪市

血液型はB型で獅子座となっています。

所属事務所はゴールデンミュージックプロモーション

 

デビューは1986年36歳のとき。

『恋の肥後つばき/夜の千日前』(ワーナーパイオニア)

出典:『恋の肥後つばき/夜の千日前』
出典:『恋の肥後つばき/夜の千日前』

デビュー当時はヘルスセンターやスナックなどで宣伝するも

なかなか売れなかったそうですね。

そんななかデビューから2年後の1988年に

『河内おとこ節』と出会い大ヒット。

スポンサードリンク

出典:http://pasar-raya.at.webry.info/200602/article_1.html
出典:http://pasar-raya.at.webry.info/200602/article_1.html

いきなりのヒットというよりは、

じわじわ人気を集めてきたのだそうです。

そういうヒット曲のほうが長く愛される気がしますね(^^)

 

 

夫や子供について!

中村美律子さんといえば、私生活についてなかなか耳にしませんが

ご結婚なさっているのでしょうか?

 

過去に徹子の部屋に出演されたときにおはなししていたそうですよ。

2011年6月放送の徹子の部屋によると

旦那さんは公務員をされていたそうです。

来年定年と話していたので、現在は64歳くらいでしょうか。

 

お子さんについては二人いらっしゃるようで

息子さんと娘さんだそうです。

中村美律子さんの自伝的舞台「中村美律子物語~雲の上の青い空」の中で

1977年頃に交際していた男性とお子さんを授かったとありました。

それが息子さんだったようですね。

 

その男性とは性格の不一致で別れたと言うことですから、

公務員の男性とは娘さんを授かったということになると思われます。

 

現在はすでに二人とも成人されているそうですね。

歌手活動が忙しいときはなかなか子育てできなかったそうですが、

子供と過ごせる時間は大切にしてきたそうです。

だからいまでも仲がいいんですって。

 

明るくて元気な印象の中村美律子さんですから、

きっと明るい家族なんでしょうね!

[ad#co-3]

両親の職業はなに?

子供の頃はとても貧しかったという中村美律子さんですが

ご両親はどんな仕事をしていたのでしょうか?

 

中村美律子さんが小さい頃は

ご両親とも銭湯で働いていたそうです

お父様はボイラー技士でお母様は掃除役だったそうですよ。

 

銭湯のお給料ってそんなに安いのでしょうか?

一般的に銭湯の料金って350円から470円くらいだそうです。

平均で大人料金が410円として

現在の銭湯の儲かるラインが120人といわれているそうですので

月1,476,000円の売上げになりますね。

当時はもう少し多いかもしれませんが。

 

それでも銭湯の設備管理でいっきに何十万、何百万もかかることを考えると

従業員に支払われるお給料というのは少ないのかもしれません。

ましてや中村美律子さん家族は7人家族ということでしたから、

成長盛りの子供を養うには難しかったのかもしれませんね。

 

若い頃はどんな感じ?

中村美律子さんのデビューした当時はどんな感じだったのでしょうか。

36歳ということですから、今とそんなにかわらないのかな?

 

小学生のころだそうです

出典:http://www3.point.ne.jp/usu/kumonoue.html
出典:http://www3.point.ne.jp/usu/kumonoue.html

 

うそです。すみません。。

写真は小学生の頃の役をしている中村美律子さんでした(^^;)

見ようによっては小学生にみえなくもない?w

 

デビュー当時のお写真をみつけました。

出典:http://www.geocities.co.jp/Bookend/6793/nakamura-6.html
出典:http://www.geocities.co.jp/Bookend/6793/nakamura-6.html

高校時代に一度歌手になるためプロダクションに所属していたそうですが、

3ヶ月間台湾興業に行かされ、かつデビューもする気配がなかったため辞めたそうです。

 

身売りされるんじゃないかと怖くなったと語る中村美律子さんですが、

そんな怖い経験をしても歌手になりたいという想いは強かったんですね。

 

いい人に出会えて無事に歌手デビューできてよかったです。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク