スポンサードリンク


こんにちは。キローコです。

平昌オリンピックアルペンスキー女子日本代表の村岡桃佳さん。

キローコと同じ埼玉県出身なんですね!

日本選手団の旗手も務めて、
メダル獲得候補としても注目されているんですって。

ぜひともベストを尽くして欲しいです!

プロフィール

出典:https://www.challenge-support.com/athlete_interviews/int10/
出典:https://www.challenge-support.com/athlete_interviews/int10/

お名前は村岡桃佳(むらおかももか)さん

生年月日は1997年3月3日21歳

出身地は埼玉県深谷市

魚座となっています。

 

ひなまつりの日が誕生日なんですね!

だから「桃」という字があるのでしょうか(^^)

 

ご自身の障害については、
2001年4歳のときに突然足が動かなくなり、
急性横断性脊髄炎という病気になり車椅子生活を送ることになったそうです。

横断性脊髄炎になる原因というのはまだわかっていないそうで、
ウィルス感染症、特異免疫反応、または脊髄にある血管への血液流不足などで
発症することがあるんですって。

4歳といったらますます活動的になる時期ですよね。

スポンサードリンク

そのときの気持ちを思うと、
計り知れない不安があったのではと想像します。

 

父と顔がそっくり!

そんな村岡桃佳さんをメダル候補といわれるまでの選手に引き上げてくれたのが
お父様の村岡秀樹さん

出典:http://www.bs-asahi.co.jp/with/lineup/prg_013/
出典:http://www.bs-asahi.co.jp/with/lineup/prg_013/

みてみて!

村岡桃佳さんとそっくり!

出典:http://www.bs-asahi.co.jp/with/lineup/prg_013/
出典:http://www.bs-asahi.co.jp/with/lineup/prg_013/

父親に顔が似ると幸せになれるって聞きますよね!

ちなみにキローコも父とそっくりなエラ顔なんですよ(聞いてない)

 

お父様は1969年4月5日産まれの48歳

わ、若い(^^;)

キローコと同年代じゃないですか。

お仕事は自営で水道関係をしているそうです。

水道工事業者さんかな?

 

村岡桃佳さんが障害を負ったあとは
父娘いっしょに障がい者スポーツの体験会やイベントに参加して
いろんなスポーツを体験してきたそうです。

スキーに出会ったのは、
小学校2年生に熱中していた陸上競技仲間からのお誘いだったそうです。

陸上以上のスピード感を味わえることに魅力を感じたのだとか。

映画「アバター」でもそうでしたが、
走る喜びってやっぱりありますよね。

陸上でも全国優勝するほどのスポーツ万能選手だったそうですよ。

 

中学2年生でアルペンスキーに出会って、
2年でパラアルペンスキーワールドカップで銅メダルを獲得!

すごーい!!

 

お父様との2人三脚の練習がそれを実現したと語っている村岡桃佳さんですが、
お父様のスキーの腕前は趣味程度のものだったということに驚き!!

 

世界レベルの日本女子のチェアスキーヤーが二人しかいないという世界だったので、
専門的なコーチもいなくて、
手探りで練習をしていたのだそうです。

海外に試合に行くこともあって、
そこで出会う海外選手のプレーの刺激もあって、
父娘共に成長していったのでしょうね!

 

出身高校はどこ?

アルペンスキー一色な生活を過ごした出身高校は
正智深谷高校だそうです

正智深谷高校は埼玉県深谷市にある私立高校
偏差値は41から60あるそうです。

出身者にお笑い芸人の土田晃之 さんパーマ大佐がいましたよ

 

最初は早大本庄高等学院を進路に目指していたそうなのですが、
バリアフリー化が進んでいなかったことから
正智深谷高校を選んだんですって。

正智深谷高校には校舎にエレベーターが設置されていたことが
決めてのひとつだったようです。

そして村岡桃佳さんがその高校の時に、
ソチパラリンピック・大回転5位入賞ですよ。

すげーですよ。

 

ブログがあるか調査!

村岡桃佳さんがブログをしているか気になりますよね!

調べてみましたが、
ブログは開設されていないようでした

TwitterとFacebookはあるのですが、
Facebookのほうはあまり更新していない様子です。

最新情報が知りたいならばTwitterでチェックですね!

 

2015-16年には大回転でW杯種目別優勝
2017年W杯白馬大会・スーパー大回転優勝と
波に乗っている村岡桃佳さん。

平昌オリンピックでも
納得のいくプレーができることを祈っています!

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク