こんにちは。キローコです。

クロスロードに隠岐國学習センター副長の大辻雄介さんが登場します。

なんでも日本の教育現場の革命を起こそうとされているのだとか。

学習塾の先生のようですが、

塾に通ったことのないキローコは塾に対してはちょっと恐怖心があります(^^;)

でも大辻雄介さんはおひげの似合うイケメンさんなので気になるんです!

ちょこっと調べてみよう

スポンサードリンク


出典:http://benkyosapuri.jp/m/teacher/
出典:http://benkyosapuri.jp/m/teacher/

あら、素敵な笑顔♪

プロフィール

お名前は大辻雄介(おおつじゆうすけ)さん

生年月日は1974年10月1日42歳

 

おお!キローコと年齢近いじゃないですか。

同年代が活躍されていると、キローコもうかうかしてられないなぁと

根拠のないやる気がわいてきますw

 

出身地は兵庫県宝塚市

血液型はO型で天秤座となっています

 

高校時代は勉強嫌いだったんですって!

意外!

そのかわり絵を描くのが好きだったようで、

学園祭のパンフの表紙を担当したり、先生の似顔絵を職員室に貼ってもらったりしていたとか。

 

普通ならそこで絵の才能を活かして芸大へ!となると思うのですが、

周囲の理解を得られなかったんですって。

高校自体も偏差値が高い子がえらい!という学風だったそうなので、

暗い学生生活だったと語っています。

 

勉強に興味を持ち始めたのは

お父様の出身大学だった神戸大学への受験勉強のとき。

予備校に通っていたときの先生が面白かったのだそうです。

 

文字の線を定規で書く数学の先生がいたというのは驚きましたw

キローコは高卒なので予備校も行ったことが無く、

そんな特徴的な先生には出会わなかったなぁw

 

そこから勉強が楽しくなり、

志望校の神戸大学へは入れなかったものの

慶應大学経済学部へ入学することができたんですって。

 

偏差値40くらいだった大辻さん、

大躍進ですね!

 

現在は海士町にある隠岐國学習センターの副長を務められていて

タブレットによる遠隔授業を使って

島にいる中学生や高校生が塾や学校へ通えなかった環境を改善させているそうです。

 

最終的には島に移住者を増やすことが目的なんだそうですよ。

 

なるほど。人口の少ない地域の場合は、

ライバルがいないことで学力が上がらなかったり

船で学校へ通っている人がいるんですね。

 

そんな悩みを解決させようと

大辻さんは日々活動されているんですね。

 

嫁や子供はいるの?

出典:http://www.ashita-lab.jp/special/4925/
出典:http://www.ashita-lab.jp/special/4925/

スポンサードリンク


大辻雄介さんはイケメンですが、ご結婚されているのでしょうか。

キローコは既婚者なくせに気になりますw

 

Facebookを拝見すると、どうやら奥様がいらっしゃるようですね。

2010年7月7日の七夕に結婚されたようですよ

 

大辻かおりさんとおっしゃって

東京に住んでいたようですが、

大辻さんと一緒に島根県隠岐郡に住んでいるようです。

 

ITスクール業務とメルマガ執筆をされているということですから、

大辻雄介さんの仕事をサポートしているのかもしれませんね。

 

とても仲がイイ夫婦のようで、

Facebookでもツーショットがとても絵になっています

出典:Facebook
出典:Facebook

奥様はお着物が好きみたいですね(^^)

女子力高いw

 

お子様については、

大辻夫婦のFacebookを拝見する限りでは

お子様がいらっしゃるような生活感が感じられず、

おそらくいらっしゃらないんじゃないかと思っています。

 

スポンサードリンク



 隠岐國学習センターの場所はどこ?

そんなラブラブ大辻さんが務めている隠岐國学習センターとはどこにあるのでしょうか?

出典:http://www.oki-learningcenter.jp/about/
出典:http://www.oki-learningcenter.jp/about/

 

住所は島根県隠岐郡海士町福井1339となっています。

だいたいここらへん

塾なんですね。

隠岐島前高校と連携した公立塾なんですって。

 

大辻さんは関西の塾で200人の席を満席にし、

インターネットの授業では1万人の同時接続を記録に持つカリスマ先生でした!

 

予備校へは行ったことが無いキローコですが、

どんな話し方をされるのか、

とっても興味が沸きましたよ。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク