スポンサードリンク


こんにちは。kiroです。

以前アウトデラックスに出演されたプラネタリウムクリエイターの大平貴之さん。

今回は情熱大陸に出演!。

大平貴之さんはkiroが大好きなKiroroとライブでコラボレーションしたことがあるんです。

そんな大平貴之さんですが、独身なのか結婚しているのか、嘘つきの性格かなどと話題になっているそうです。

どんな方なのでしょうか?

出典:http://www.megastar.jp/creator/index.php
出典:http://www.megastar.jp/creator/index.php

プロフィール

お名前は大平貴之(おおひらたかゆき)さん

生年月日は1970年3月11日 年齢48歳 (2018年時点)

出身地は神奈川県川崎市

魚座となっています。

身長は188センチ

 

けっこう大きい人ですね!

大きいのを活かしてバスケット部だったそうですが、

全然できなかったそうです。

野球もからっきしだそうで、

スポーツは苦手みたいですね。

 

出身高校は日本大学第二高等学校

出身大学は日本大学生産工学部機械工学科

日本大学大学院理工学研究科精密機械工学専攻修士課程修了。

 

幼稚園の頃は東京タワーと電車が好きだった大平少年。

小学校3年生で化学実験にのめりこみます。

日光写真の撮影や青写真との出会いがきっかけだったそうですよ。

 

遺伝かしらと思いきや

お父様は石油会社の営業

お母様は専業主婦?

お兄さんはスポーツ万能バンドマン

だったそうですので、

まったくDNAは受け継いでなさそうでした(^^;)

 

大平少年の実験については家族はちんぷんかんぷんだったそうですが、

危ないからやめなさい的なことは言われていなかったんですって。

 

小学校4年生の頃にプラネタリウムへ行ったことがキッカケで

プラネタリウム作りが始まったのだそうです。

 

高校になるとロケットとプラネタリウムに本格的に没入するようになり、

物理部の天文斑に所属してプラネタリウム製作をしていたのだそうです。

 

大学では個人製作は不可能だと言われた

レンズ投影式のプラネタリウム「アストロライナー」を完成させます。

前代未聞のレンズ投影式プラネタリウムとして話題になります。

 

大学卒業後は株式会社ソニーを経て

2005年の35歳で独立

有限会社大平技研を設立したのだそうです。

 

当時世界で最も多い投影星数2200万個のSUPER MEGASTAR-II

世界で初めてLEDを搭載したプラネタリウム

世界初移動式全天球プラネタリウム「SPACE BALL」のプロデュース など

 

数々のプラネタリウムの歴史をつくっていき

「世界で最も先進的なプラネタリウム投影機」としてギネス認定もされているのだそうです。

 

けっこうすごい人じゃないですか。

 

kiroの大好きなKiroroとのコラボレーションライブでは

沖縄の夜空を再現してくれたり、オーロラを出してくれたり。

Kiroroの優しい曲と満点の星空とのコラボは

とってもマッチして気持ちよかったです。

kiro 1人での参加だったのが今でも悔やまれますが(^^;)

 

結婚してるの?

そんなすごい大平貴之さんですが、ご結婚なさっているのでしょうか?

けっこうイケメンな感じですよね。

スポンサードリンク

出典:http://case.dreamgate.gr.jp/mbl_t/id=1036
出典:http://case.dreamgate.gr.jp/mbl_t/id=1036

 

大平貴之さんはけっこう頻繁にTwitterでツイートされているそうで、

その発言がちょくちょく話題となっているようです。

 

その中で結婚について言及されていました

その後は有力な情報もなく、現在独身ではないかと。   大平貴之さんのツイートはネタであることが多いようですね。 以前炎上したツイートのことをネタだったと釈明していたそうですが、 前回アウトデラックスに出演される理由も 「かなりの嘘つきだった」ことが判明したそうです(^^;)   過去に女子高生と結婚したというツイートもしていたそうですが、 これもウソ、なんだとkiroは思っています。   だって結婚に関するツイートよりもモテないツイートのほうが多い みたいなんですもの。

過去のツイートを見てもネタ的要素を含むツイートもなさっているので、軽いノリで見ててよさそうですね。

 

プラネタリウムを作った理由とは?

出典:http://www.niyoniyo.net/vol13/hitolibrary/ohira/ohira.htm
出典:http://www.niyoniyo.net/vol13/hitolibrary/ohira/ohira.htm

プラネタリウムを作った理由もツイートされていました。

小学生のころからプラネタリウムを作っていますから、 そのころは純粋に星を見たかったとかそういったことじゃないかと思うんですけど(^^;) いつから変っちゃったんだw

女性にモテる以前に出会いをつくるきっかけ作りとして プラネタリウムを作っていたんですね。

もっと合コンに顔を出すとか、 お見合い結婚パーティに登録するとかいった行動のほうが 早かったような気がするのですが、 大平貴之さんは自分の得意分野で勝負したかったようですね。

大平貴之さんが小学生のころ、 ご家族や近所の人を自宅の部屋に招いて自作プラネタリウムを投影し、 星座の解説をしたところみんなが感心してくれて嬉しかったと語っていました。

この経験から女性という未知の生物との出会いをプラネタリウムにかけたのではないかと kiroは想像するのです。

だからおとなしそうなイメージでしたが、 けっこう待ちではなく、攻めのタイプなんじゃないかなぁと 意外な一面を感じるkiroでした。

自伝エッセイも出版されています。主人公は本人・大平貴之さん自身です。好評で「プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星」の続編「プラネタリウムを作りました。 7畳間で生まれた410万の星、そしてその後」も販売されました。

 

ドラマ化

なんとこの「プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星」はこれを原作にディズニーとの共同制作という世界初の試みによるドラマとして制作。2005年8月26日にフジテレビの金曜エンタテイメント枠で『金曜エンタテイメント特別企画』として放送されました。

大平貴之さんを堂本剛(KinKi Kids)さん、武田邦明役 – 藤木直人さん 佐藤陽子役 – 優香さん、それにあの宇宙飛行士の毛利衛さんも本人役で友情出演なされました。

ちなみに武田邦明役 佐藤陽子役 は実在ぜす、ドラマ用に考案された架空人物。はじめはてっきり佐藤陽子役 は大平貴之さんの初恋の方かと思いましたよ。

 

ゲームソフト プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブル

2006年には PSP (ソニー)から大平貴之さん監修のソフトも発売されました。

家庭用プラネタリウムのホームスターやメガスター2 cosmosの製作者の大平貴之と国立天文台の渡部潤一教授の協力により500万以上の星を収録している。

別売のGPSレシーバーを使うことで現在その場所から見られる星空の解説を表示させることもできる。

ゲームではなく、天体初心者でも手軽に星に親しめるソフトというところでしょうか。

 

大人の科学マガジンBESTSELECTION01 ピンホール式プラネタリウム

2005年 2013年 と大人の科学マガジンでプラネタリウムが付属する号として発売された

大人の科学マガジン Vol.09(プラネタリウム) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)(2005年)

大人の科学マガジン 新型ピンホール式プラネタリウム (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ(2013年)

大好評で今は手に入れることは難しくなりましたが、

★大人の科学マガジン 名作ふろく復刻シリーズ第1弾★として

「大人の科学マガジンBESTSELECTION01 ピンホール式プラネタリウム 単行本」

2018/12/4 に発売されます。

もうこれは買うしかないでしょう。情熱大陸放送後は申し込み殺到の予感がします。

私はこの機会に予約しておきました。12月4日以降到着するのが楽しみです。

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク