服部文祥さんはサバイバル登山家でありサラリーマンでもあるそうです。
登山でサバイバルするだけでなく、
自宅にもサバイバル生活を取り入れているのだとか。

一体どんな人なんだ???

スポンサードリンク


プロフィール

出典:https://doda.jp/careercompass/compassnews/20180129-35733.html

お名前は服部文祥(はっとりぶんしょう)さん
生年月日は1969年49歳
出身地は神奈川県横浜市

出身大学は東京都立大学フランス文学科

在学中は登山家を目指すべくワンダーフォーゲル部に所属して登山三昧だったそうです

そして大学卒業後は出版会社の社長から声をかけてもらい、
営業しながら登山する生活になったそうです。

そして1999年ころから山に登って、食料を獲って食べるという「サバイバル登山」を確立

食料は米と調味料だけで、
テントやライトもないなかで山生活を送るという
キローコにしてみれば無謀な挑戦をやってのけていますw


ひ、ひぇ~~~

なんだか頭の中がぞわぞわしてきちゃいました(^^;)

お仕事は山岳雑誌『岳人』の編集者ということです。

横浜にある自宅がスゴイ!

服部文祥さんは奥様とお子さん3人と横浜にあるご自宅で一緒に住んでいるそうです

そしてその自宅がスゴイ!

築48年のわりと古い家なのですが、

出典:https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/yasushi-nishimuta/18-00013

悪いところはDIYで直す!

敷地内で野菜も果物(びわやはっさく)も栽培!

鶏を4羽飼っている!(産みたての卵は重要な蛋白源)

家でもできるだけ自分の力で生活されているんですねぇ。

狩ってきた獣などを解体する解体場なるものもあるらしい

でも、一応屋根にテレビのアンテナがついていて安心したw

情報収集は必要ですものね。
 

 

妻や子供について!

服部文祥さんは奥さんと3人のお子さん、1匹のワンちゃんがご家族です。

奥様はイラストレーターをしている小雪さん。

出典:https://littlemountain.biz/report/9640.html

 

そして男の子二人と女の子ひとり。

出典:https://littlemountain.biz/report/9640.html

愛犬のナツちゃん


サバイバルな生活を家族と一緒に過ごすというのは
どう感じているものなのでしょうか?

 

釣りビジョンという動画で奥様のインタビューがあったのですが・・・

・肉代が浮いて助かる!!!

・動物の皮を向いておけば、奥様は生肉をさばける!

・子供たちはいつも楽しそう!!!

 

というわけで、これだけきくと、
奥様もお子さんたちも日常としてサバイバル生活を認めて共存している様子(^^;)

奥様は鹿の肉の料理などはまったく未知の世界だったんだとか。

慣れって怖いねwww

ママ友も獣のお肉を取り合いしているんですってw

 

ゴキブリ一匹でキャーキャー騒いでいるキローコとは
生きるパワーが違いすぎるな。

何が起きても自分で食料を調達して調理できる力というのは
これからは必要になってくるのかもしれない。

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク