スポンサードリンク


こんにちは。キローコです。

異色の経歴を持つ社会学者として鈴木涼美さんが話題になっているようですね!

大学在学中にキャバクラに勤めていたり、東大の大学院へ入ったり、
鈴木涼美さんの頭の中はいったいどうなっているのでしょうかw

勉強法もきになったので調べてみました

プロフィール

出典:https://lineblog.me/suzukisuzumi/archives/5381165.html
出典:https://lineblog.me/suzukisuzumi/archives/5381165.html

お名前は鈴木涼美(すずきすずみ)さん

生年月日は1983年7月13日34歳

出身地は東京都

血液型はO型でかに座となっています

 

テレビに出演されたり、雑誌の連載を受け持ったりしていますが、
所属事務所のプロフィールを拝見すると、
作家
というのが肩書きのようですね。

 

ちなみに所属事務所はAPエンターテインメント

タレントの尾崎ナナさんや佐藤聖羅さん、
LGBT活動家の杉山文野さんなどが所属しています

 

学歴については後ほど調べるとして、
大学在学中にサークル活動やパチンコ屋でのバイトを経験し、
横浜にて一人暮らしをしたことがきっかけでキャバクラで働きだしたのだそうですよ。

それが縁でセクシー女優デビューし、100本ほどの作品に出演したのだとか。

セクシー女優時代は2年で終了させたそうですが、
2年で100本ってかなりの売れっ子女優さんじゃないですかね(^^;)
セクシー女優という肩書きより強いインパクトのあるものをと
考えた結果が東京大学大学院への入学

その後、日本経済新聞へ入社し5年半勤務されていたそうです。

スポンサードリンク

日経在籍中に東京大学大学院での修士論文

(「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか)が書籍化され、
それが紀伊國屋じんぶん大賞 読者と選ぶ人文書ベスト30に選ばれ注目されたそうです。

もともとかなり頭のいい方なんでしょうね!

まさに鈴木涼美さんだからこそ書ける論文でしたね。

 

本名について

突然ですが、鈴木涼美さんって本名なんですかね?

作家さんってペンネームを使う方が多いと思うのですが、
鈴木涼美って本名っぽい感じがするんですよね(^^;)

鈴木涼美さん自身も本名は公開していないようでした。

と思ったのですが、
ご自身のブログでちょこっと書いている記事がありましたよ

 

高校時代の同級生に言われた言葉で、

「みどり(鈴木の本名)ってホント、隠れアゲまんですわよね」

出典:鈴木涼美オフィシャルブログより

とありました。

ってことは、本名は「鈴木みどり」さん???

漢字まではわかりませんが、おそらくみどりさんなのではないかと思われます。

 

なんとなく作家「鈴木みどり」より作家「鈴木涼美」のほうがしっくりきちゃいますねw

作家さんがペンネームを使うのは作家たるイメージを与えるためなのかもしれないなぁと感じました

 

父親について

鈴木涼美さんのご両親について調べてみました。

Wikipediaにはお父様は
法政大学名誉教授鈴木晶(すずきしょう)
と記載されていました。

出典:Facebook
出典:Facebook

生年月日は1952年8月2日65歳

出身地は東京都

 

舞踊評論家、舞踊史家、翻訳家として活躍されている方で、

手掛けた訳書はたーくさんありました。

バレエの伝道師とも言われているそうですよ。

お写真を拝見すると、ジェントルマンですねぇ。

 

お父様も東京大学大学院にて人文科学研究科ロシア文学を専攻されていたそうですので、
鈴木涼美さんの先輩になりますね。

鈴木晶さんというのはペンネームで本名は喜久男さんとおっしゃるのだそうです。

 

 

お母様はこれまた翻訳家の灰島かりさん

本名は鈴木貴志子さん

児童文学の研究をされていて、白百合女子大学の講師をしたり、
児童文学本の専門家として活躍されていたとのこと。

残念なことに2016年に胃がんでなくなっていらっしゃいました。

66歳だったそうです。まだ若かったですよね。。。

 

お二人とも物書きで表現される方だったんですね。

鈴木涼美さんはお二人のDNAを受け継いで、
作家として有名になられました。

それは必然的なことだったのかもしれませんね。

[ad#co-3]

東大大学院へ進学した勉強法は?

お父様も東大卒業生、お母様国際基督教大学卒業生ということで
頭のデキが違うと思われる鈴木涼美さん。

出身高校は明治学院高等学校

出身高校は慶應義塾大学環境情報学部

そして東京大学大学院学際情報学部となっています

明治学院高校も偏差値67と高い水準ですね!

 

そんな高学歴の鈴木涼美さんの勉強法ってどんな感じだったのでしょうか?

 

もともと頭がよかったっていったらそれでオシマイになってしまいますがw

鈴木涼美さんは高校生のとき、
パラパラダンスを60曲も踊れるくらい女子高生を謳歌していたのだそうです。

クラブやカラオケ店の常連さんで109に入り浸る生活をしていたため、
勉強はまったくしなかったのだとか。

そんな鈴木涼美さんが目覚めたのは高校3年生の夏になってから。

 

高校を卒業したら「女子高生」という肩書きがなくなり、
自分に何が残るのかを考えたとき、
今度は「女子大生」として人生に勝っていきたいと考えたそうです。

高校3年生の夏からの猛勉強。

やったことは
問題集をひたすら解く
教科書を丸暗記
ということでした。

それも友達とのコンタクトを全部シャットダウンして
勉強に打ち込んだそうですよ。

 

教科書丸暗記ってちょっとやそっとじゃできませんよ。

一夜漬けの長期版みたいな(^^;)

 

でも問題集をひたすら解くっていうのは
明らかに経験値がたまりますからさすがっていう感じですね。

 

その猛勉強のかいあって、慶應義塾大学に見事合格したそうです。

 

東京大学のときの勉強法についてはわかりませんでしたが、
高校受験の時と同じように
尋常ではない集中力と根気をつかって勉強されたのではないかと思いました。

キローコが思うに、
大学に入った後のビジョンが明確になっていたことと
絶対に合格するという覚悟が鈴木涼美さんの力をひきださせてくれたのかなぁと思いました。

単にあたまがよかっただけではないように思います。

やっぱりそれなりの努力は無駄にならんのですよね。

 

キローコはちょっぴり元気をもらいました。

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク