スポンサードリンク


こんにちは、キローコです。

爆報!THE フライデーで、マラソンの浅利純子さんが取り上げられるようですよ。

浅利さんと言えば、

ショートカットが似合って印象的でした。

金メダリストの現在はどんな生活をしているのでしょうか?

出典:http://subcultoka.jp/2768.html
出典:http://subcultoka.jp/2768.html

プロフィール

お名前は浅利純子(あさりじゅんこ)さん

生年月日は1969年9月22日48歳です。

乙女座ですね。

出身地は秋田県鹿角市。

出身高校は 秋田県立花輪高等学校です。

 

秋田県立花輪高等学校は、

偏差値が46(2016年調べ)と低いようですが、

浅利さんをはじめ、

陸上選手の高橋健一さん

出典:http://sports.jp.fujitsu.com/trackfield/special/2015/hnj/interview_takahashi.html
出典:http://sports.jp.fujitsu.com/trackfield/special/2015/hnj/interview_takahashi.html

 

松宮隆行さん・松宮祐行さん兄弟

出典:http://www.sanspo.com/beijing2008/athletics/matsumiya_takayuki.html
出典:http://www.sanspo.com/beijing2008/athletics/matsumiya_takayuki.html
出典:http://www.sekino-reform.jp/rikujou/member/
出典:http://www.sekino-reform.jp/rikujou/member/

 

スポンサードリンク

ノルディック複合選手の小林範仁さん

出典:http://ilovesnow.jp/ilovesnow-bn-2008-2014/090404_fun_festa.html
出典:http://ilovesnow.jp/ilovesnow-bn-2008-2014/090404_fun_festa.html

とオリンピック選手が多く卒業している学校のようですね。

 

 

1993年8月15日の 世界陸上シュトゥットガルト大会で女子マラソン優勝しています。

ここで金メダルを手にした浅利さんですが、

女子陸上史上初めての快挙なのだそうですよ。

すごいですね!

 

陸上をはじめたきっかけは、学校のクラブ活動だったそうですよ。

キローコは走るのがニガテなので、

長距離走れる方は尊敬します!

 

夫や子供はいるの?

出典:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/161530
出典:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/161530

 

浅利さんは現在46歳ということですが、ご結婚されているのでしょうか?

調べてみましたら、ご結婚されてお子さんも3人みえるそうです。

 

旦那さんは同じ高校の陸上部で1年先輩の方なのだそうです。

陸上部時代は上下関係が厳しくて、お話は出来なかったそうなのですが、

浅利さんがダイハツに入社して、悩みが増えてきた頃、

陸上部の仲間が励ましてくれたそうです。

旦那さんはそのなかの一人だったみたいですね。

 

現役のマラソン選手だったころはショートカットのヘアスタイルで、

男子と間違われることが多かった浅利さんですが、

現役を引退してからは、思い切ってスカートを履いたり、

髪の毛も長く伸ばしてみたそうです。

自分に似合っているか気になっていたところ、

旦那さんが褒めてくれたんですって。

これは嬉しいですよね!

 

それがきっかけとなって、

2006年にご結婚されたとか。

 

お子さんは2008年に長男が産まれて、

そのあと次男、三男と続けてめぐまれたそうです。

 

男の子3人もみえるんですね!

これは体力使いそうw

 

案の定、ちらかしっぱなしの汚しっぱなしなので、

毎日洗濯やら家事に追われている様子でした。

[ad#co-3]

 

シューズについて

さて、浅利さんと言えばシューズ。

なんのことかというと、

1996年のアトランタオリンピックで、

シューズメーカーから「素足で履いてください」と

指令が下されてシューズの提供があったそうです。

 

浅利さんは靴下をはいて走る人だったようで、

オリンピック本番で足にまめをつくり、

17位という不本意な結果になってしまったというのが

当時騒動になっていました。

 

シューズメーカーの人も

素足だからこそ本領発揮するように作られているのに、

なぜそうなったのかわからなかったそうですよ。

 

いつもと違うことが起きるのがオリンピックの怖さだと

思ってしまうのですが、

このときの浅利さんは本当に不運でしたね。

 

現在浅利さんは、

鹿角市役所生涯学習課所管の学校支援コーディネーターとして

花輪小学校で先生と保護者の橋渡し役をされているのだそうです。

「浅利純子杯」という小中学生対象の駅伝も開催されていて、

公私ともどもお忙しい日々を送っているようですね。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク