スポンサードリンク


こんにちは。キローコです。

3歳11ヶ月になるキローコの息子が最近、おしゃぶりをするようになりました。

指じゃなくて服の襟首や幼稚園の帽子のゴム、
お昼寝布団カバーのひもなどをしゃぶっているのです。

おしゃぶりをする原因は?

幼稚園の先生に「最近なめるようになったのですが、
何かかわったことはありませんでしたか?」と聞かれ、「へ?」って感じで。

幼稚園では何回か服をなめすぎて着替えましたって言われていました(^^;)

家でも蚊帳をしゃぶったり、服をなめたりしているのはみたことがありますが頻繁ではありませんでした。

ネットで調べてみると、
親の愛情不足、ストレス、不安など精神的な問題をかかえているとありました。

むむー。

キローコは割と子供との時間を優先して過ごしていると思っていただけにこの答えには納得しづらいものがありました。

幼稚園から帰ってきたら、遊ぶ時間を設けているし、
一緒に遊びすぎて夕ご飯遅れたり。

スポンサードリンク

お話も目を見て聴いていると思っていました。

休日は1日つきっきりで相手しています。

それなのに愛情不足なの?

そんなんじゃキローコの時間はどこで捻出したら良いの?

関わり方がおかしいのかなぁと悩んでしまいました。

[ad#co-3]

おしゃぶりをしてしまったときの対処法は?

子供はおしゃぶりをすることで、
精神的な安定感を求めているので、
無理にやめさせるのは逆効果とのこと。

もしストレスを抱えていたらその救いをおしゃぶりすることで
癒しているのにそれすらも許されないなんて、
追い詰めているにも程があります

でもだからといって放置するのも根本的な解決にはなりませんね。

実際しゃぶった後はものすごいニオイがして、
子供自体が臭ってしまうというのも悩みどころ。

幼児教育研究者である大原敬子氏によると、

ストレスをやわらげてくれけるのが指しゃぶりで
それは決して悪い事ではありません。
また、大抵は時期が来れば自然とやめます。

出典:http://www.baby-pro.co.jp/morimoto/report/27/report-27.htm

確かにそう言われると、無理矢理「やめなさい!」っていうのは酷なように思いますね。

眠いとき、テレビを見ていてるときなどの
指しゃぶりは自然です。ひとりの世界だから。

けれど、家族で食事しているとき、
一緒にお出かけしているときも、
四六時中指しゃぶりをしているとしたら、おかしいんです。

一緒に居ても、親の心が自分を向いていないということを
子供は気付いているんです。

出典:http://www.baby-pro.co.jp/morimoto/report/27/report-27.htm

一緒にいても自分を向いていないと感じているのか?キローコの息子は・・・。

他にもこのように記載されていました。

特にスマートフォンが普及した今の時代は、親子が同じ空間にいても別々のことをしている状況が増えているため、絵本の読み聞かせなどの機会が減ってお子さんたちが愛情不足に陥ってしまうのです。

出典:http://oyako-gift.jp/useful/%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%8C%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1%E3%81%AF%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%A4%96%E3%81%AA%E3%82%B5/

確かに、ちょっと遊ぶのに疲れてきたらスマホいじっていました。スミマセン。

自分ではちょっとと思っていても、
けっこうスマホ見る時間が多かったかなぁ。

先の大原敬子氏はこう話しています

直したいなら、こんな風にしてみてください。

「○○ちゃんの指はおいしそうだね。
パパにも吸わせてくれる?
あーおいしいね。
もっと吸わせてくれる?
おいしいねー。」

そのうち、子供はもうイヤだって指を引っ込めます。

でも、それでお終いにしないでください。

「また明日もお仕事から帰ってきたら吸わせてねー。」
と言うんです。

そうして数日、指をしゃぶらせてもらっていたら
子供は指しゃぶりをやめます。

「最近、指しゃぶりしないねー、どうして?」
って聞いてみたら
「パパのだから」って答えたりします。

出典:http://www.baby-pro.co.jp/morimoto/report/27/report-27.htm

具体的にどう対処したら良いか書かれていてとてもわかりやすかったです。

おしゃぶりしていたときはこの対処法で試してみたいと思います。

その結果は又追記していきますね。

 

普段は普通に遊んで楽しんでいると思っていただけに、
ちょっと心配になってしまった今日この頃です。

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク