スポンサードリンク


こんにちは。キローコです。

ひな祭りの歌って「うれしいひなまつり」っていう題名なんですよね。

最近3歳になる息子がピアノを弾くマネをしてきました。
童謡の楽譜本を買うまではいかないかなぁと感じているのですが、
何か子供の知っている曲を弾いてあげたいなぁと思ったことがあって、
ひな祭りの歌について調べてみました。

題名は「うれしいひなまつり」

hinamaturi

冒頭でも書きましたが、ひな祭りの歌の正式名称は「うれしいひなまつり」となっています。

今ではネット検索もハイレベルになってきているので、
「ひな祭り 歌」で検索すれば出てきますが、
自分の思っていなかった曲にもたどりつくことがあるので
正式名称で検索できればすぐにみつけることができますね。

 

無料でダウンロードできるの?

「うれしいひなまつり」という曲は作曲家の河村光陽さんによる作品で
現在著作権フリーとなっているので、楽譜については無料でダウンロードできるものもあります。

スポンサードリンク

しかし、歌詞の部分は作詞家のサトウハチローさんによるもので、
こちらはまだ著作権保護中となっています。

ですので、歌詞が表示された楽譜をダウンロードしたい場合は、
購入する必要があるようですね。

ちなみに著作権フリーとなる没後50年は2023年となっています。

 

もしパソコンの画面で見るだけでいいよっていう場合は、
おとタマ」さんで利用する事が出来ます。(印刷はできません

オカリナ楽譜配信サイト「おとタマ」

 

歌詞は自分で書くからなくてもいいよっていう方は、
こちらの「音楽研究所」さんで入手することができます。

音楽研究所

こちらのページで画面を下に送っていくと、
楽譜の表示と印刷」という箇所があります

ここで「楽譜 PDF」をクリックします

出典:http://www.asahi-net.or.jp/~HB9T-KTD/music/Japan/Studio/Midi/Traditional/hinamatsuri.html
出典:http://www.asahi-net.or.jp/~HB9T-KTD/music/Japan/Studio/Midi/Traditional/hinamatsuri.html

「楽譜」でも見られるのですが、「楽譜PDF」の方が見やすかったので、キローコはこちらを選びました。

歌に入りやすいように、音楽研究所さんがイントロと間奏を簡単にアレンジしてくださっているそうです。

 

楽譜が表示されたらキーボードの「Ctrlキー+P」で印刷すればOKです。

 

ピアノのお稽古させたいとかがっつり練習したいってわけではないので、
キローコはこちらの楽譜を使わせていただいて、
人差し指で弾いてあげていますw

 

便利な世の中になりましたねぇ。

 

息子は指で弾くのですが、
たまに上に乗っかって足で弾くので困ってます(^^;)

柔道一直線の近藤正臣さんみたいw

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク