スポンサーリンク


近年のアイドルブームの火付け役として知られるAKB48。

卒業生は、女優、タレント、歌手として活動していますが、苦戦しているメンバーが多いという印象がります。

その中で、演歌歌手という新しいジャンルで活動しているのが岩佐美咲さんです。

そんな彼女についてまとめてみました。

岩佐美咲プロフィール


名前:岩佐美咲(いわさみさき)

愛称:わさみん

生年月日:1995年1月30日

年齢:24歳(2019年8月時点)

血液型:O型

出身地:千葉県

職業:演歌歌手

活動内容:AKB48(2008年~2016年)、演歌歌手(2012年~)

学歴について


岩佐美咲さんの出身高校は、通信制のクラーク記念国際高校です。

本部は北海道にあり、日本全国にキャンパスがあり、通学日数も選べることから、通っている芸能人も多いそうです。

岩佐美咲さんは、中学生のころからAKB48のメンバーとして活動しており、アイドル活動との両立も兼ねて、通信制高校を選んだものと思われます。

高校卒業後は大学には通わず、AKB48の活動に専念しています。

AKB48在籍中は地味だった?


岩佐美咲さんは、2008年にAKB48の7期生オーディションに合格し、メンバー入りしています。

しかし、選抜入りしたことはなく、アンダーメンバーとしての活動が主で、目立たない存在でした。(選抜総選挙の最高順位は第4回の33位)

AKB48は2009年あたりから人気に火が付きブレイク。

一躍アイドル界の頂点に登り詰めましたが、メディアに出て認知されているのは選抜メンバーだけで、アンダーメンバーとの格差は凄かったでしょうね。

「神セブン」なんて言葉もありましたよね。

演歌歌手としてデビュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

明日6月1日より期間限定で、ビッグエコー三軒茶屋駅前店に岩佐美咲コラボルームがオープンします💓ここでしか観られない映像、そして部屋には一面私だらけ!さらにオリジナルコースターやファイルがゲットできる特典もございますので、詳しくは是非アメブロをご覧ください☺️☺️✨電話での予約が出来るみたいです。是非たくさん利用して下さいね! #ビッグエコー #カラオケ #コラボルーム #三軒茶屋 #恋の終わり三軒茶屋 #期間限定

スポンサーリンク

岩佐美咲さん(@wasaminnn)がシェアした投稿 –

岩佐美咲さんは、2012年2月1日に演歌歌手としてデビューしています。

この時はまだAKB48在籍中で、グループ内では3人目のソロデビュー者となりました。(※演歌歌手としては初)

デビュー曲の作詞は、プロデューサーの秋元康さんが担当しています。

それにしても秋元康さんて、どの分野でも作詞ができるんですね。

演歌で勝負するために、AKB48を卒業

 

この投稿をInstagramで見る

 

明けましておめでとうございます。2019年も応援よろしくお願い致します🥺✨2月13日には新曲「恋の終わり三軒茶屋」もリリースになります。今回も秋元康先生に作詞して頂きました。1月8日には池袋サンシャインの噴水広場でも新曲予約イベントをさせて頂きます⛲️是非遊びに来てくださいっ ジャケット写真、皆さんはどれが好きですか?? #あけましておめでとうございます #2019 #新曲 #よろしくお願いします💓 #恋の終わり三軒茶屋 #三軒茶屋 #演歌 #秋元康 先生 #happynewyear #newsingle #singer #japan #kimono

岩佐美咲さん(@wasaminnn)がシェアした投稿 –

2016年5月に岩佐美咲さんは、AKB48を卒業し本格的に演歌歌手の道に進んでいます。

現在の所属事務所である長良プロダクションは、氷川きよしさん、水森かおりさんなどの有名な演歌歌手も所属しています。

岩佐美咲さんは、元々「歌手になりたい」という夢を持って、AKB48はダメ元でオーディションを受けたことが芸能生活の始まりでした。

その後転機となったのは、2010年10月9日、10日に開催された「AKB48 東京秋祭り」というイベントで、岩佐美咲さんは、「ゆるゆるカラオケ大会」に出場し、あの有名な「津軽海峡・冬景色」を熱唱しました。

これがきっかけで、岩佐美咲さんの演歌好きがファンに認知され、その後の活動にも繋がって行きました。

実は岩佐美咲さんは祖父母と同居していた為、演歌好きだったそうですが、カラオケ大会で演歌を歌った理由について、

あのカラオケ大会では希望すれば1人でもいいし、誰とでも歌えるってことで。私は歌手志望だったし、1人で歌える機会なんてほとんどなかったので。

「これはチャンスだし、1人で歌いたい」と思ったんです。

で、歌がうまい子ならAKBにもいっぱいいるし、何を歌えばいいのかなって悩んだときにお母さんが「じゃあ演歌を歌えば?」って言ってくれて、「あ、その手があったか」みたいな感じで。

それがきっかけです。

と雑誌のインタビューで話しています。

その後、演歌歌手で勝負するために、AKB48を卒業しますが、曲の作詞は、引き続き秋元康さんが担当しているようです。

彼氏はいるの?


岩佐美咲さんは、AKB48を卒業したために恋愛解禁になりましたが、2019年現在彼氏はいないようです。

もちろん結婚もしていません。

本人も「ゲーム機が恋人」というくらい恋愛には奥手のようです。

まだ20代と若いので、これからいくらでもチャンスはありそうですが、「このままだと結婚はおろか、彼氏もできないから”テラスハウス”に出たい」と本人が関係者に話していたという噂もあります。

果たして真相はどうなんでしょうかね。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

iPhone Xすごい。私の指もすごい。 #ポートレート #iphone #iphonex #ガチャガチャ #ポチャッコ

岩佐美咲さん(@wasaminnn)がシェアした投稿 –

岩佐美咲さんは、紅白出場を目指していますが、年々、演歌枠が減っているためにかなり難しいようです。

AKB48の卒業生は、女優・タレントになる人が多いですが、演歌歌手というのはあまりないジャンルですよね。

アイドルは暗黙の了解的な年齢制限はありますが、演歌歌手は年をとってもできますよね。

元アイドルの演歌歌手と言えば、城之内早苗さん(元おニャン子クラブ)がいますが、演歌歌手として大成するまでには、かなり時間がかかったようです。

まあ演歌は歌がうまくないと出来ない上に、歌い方も独特なので、難しいんですかね。

グループアイドルだとごまかせるかもしれませんが、演歌は歌が下手だとすぐ分かりますもんね。

岩佐美咲さんのこれからの活躍に期待しましょう。

以上、ここまでお付き合いありがとうございました。

 

スポンサーリンク