こんにちは。キローコです。

茨城県筑西市にある工場で爆発事故が起きたようです。

建物の天井が吹き飛んだとかすごい大きな爆発だったんですね。

気になる事故現場と原因、工場であるセブンファームについて調べてみました。

スポンサードリンク


場所はどこ?

それでは事故現場をみてみましょう。

爆発のあった現場は茨城県筑西市(ちくせい)寺上野にある

農業生産法人「セブンファーム」とありました。

 

セブンファームつくばという施設が

茨城県筑西市寺上野 391 番地にあり、

ニュース映像をみると、そこから少し離れた場所で起こったようです。

爆発の原因は?

爆発の原因はまだわかっていませんが、

火災が起きてた後に爆発がおこったようです。

 

茨城県 下妻市、筑西市、つくば市の2400件で停電が起きたようですが、

現在は解消されているみたいですね。

 

現場は堆肥工場ということで、

堆肥から出るガスによる爆発かと噂されているようです。

 

14時現在でけが人は確認されていないようですが、

付近のガラス窓が割れるくらいの衝撃波が起こったようで、

恐ろしいですね。。

 

 

セブンファームって何?

事故が起きたセブンファームってどんな会社なのでしょうか?

イトーヨーカドーが千葉県にある富里市農業協同組合と協力して設立した団体で、

廃棄となってしまう販売期限切れになった食材を堆肥としてリサイクルし、

新たに野菜を生産してイトーヨーカドーの店頭に出荷するという

環境循環型農業だということです。

 

販売期限が切れたばかりの食材だったら、

栄養価の高い堆肥をつくることができ、

輸送費をできるだけかけずに地元のイトーヨーカドーへ運ばれるそうなので、

お財布にも優しいようですね。

 

事故が起きたセブンファームつくばは、

2010年9月1日に設立。

 

株式会社セブンファーム と

農事組合法人 つくば農業生産組合

農業法人 有限会社アグリクリエイト

の3社による共同出資で設立されました。

 

農地面積は15000平米あり、

レタス、小松菜、水菜、ジャガイモ、茄子、南瓜、トウモロコシなどを

茨城県内のイトーヨーカドーに出荷していたそうです。

 

 

イトーヨーカドーの新たなチャレンジで始まった

事業が大事故を起こしてしまったと言うことで、

原因を一刻も早く判明してほしいところですね。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク