こんにちは、キローコです。

5月14日放送のNHKSWITCHインタビュー達人達に、

話題の映画「テラフォーマーズ」の原作者である貴家悠さんが

出演されます。

この方なんとお読みするのかしらと気になったので、

調べてみました。

スポンサードリンク


出典:http://news.mynavi.jp/photo/articles/2014/08/23/terraformars/images/002l.jpg
出典:http://news.mynavi.jp/photo/articles/2014/08/23/terraformars/images/002l.jpg

プロフィール

さて、気になるお名前は

貴家悠(さすがゆう)さんでした。

読めないわー読めないわーと思ったのですが、

パソコンで入力すると、きちんと変換されますねw

 

本名は非公開だそうです。

 

生年月日は1988年なので、今年で28歳ですね。

 

出身地は神奈川県藤沢市です。

 

出身高校は神奈川県立湘南高等学校。

神奈川県のジモティーの間で「湘南」といったら、

この湘南高校を指すことが多いのだそうですよ。

偏差値が72と高い高校ですね。

定時制や通信制もある学校のようです。

 

出身大学は埼玉大学教育学部。

ということでした。

 

漫画家である橘賢一さんのアシスタントをしていましたが、

編集者からネームを評価されて、

2011年の『ミラクルジャンプ』創刊に併せて

『テラフォーマーズ』が連載を開始したそうです。

貴家さんは漫画原作者としてデビューしました。

 

このとき貴家さんは現役の大学生だったそうです。

大学生で大人気作品を作り出してしまったんですね!

すごい!

 

 

「テラフォーマーズ」といえば、

ゴキブリと人間の戦いがテーマですが、

出典:http://eiga.com/movie/81834/
出典:http://eiga.com/movie/81834/

スポンサードリンク


ゴキちゃんが苦手なキローコは、

ちょっと視聴するのは勇気がいりますね。。

ラグビー好き!

貴家さんは、ラグビーが好きだったそうで、

湘南高校ではラグビー部に所属していたのだそうです。

 

子供の頃から漫画家になりたかったそうですが、

10代はラグビーにゾッコンだったそうなので、

絵がうまくならなかったと話していましたw

 

貴家さんが最初に描いた漫画もラグビー漫画なんですって。

 

漫画家橘賢一さんのアシスタントに応募するために

ラグビー漫画を見てもらったそうですが、

そのときは、

「絵はともかく、ストーリーはよかった」って

言われたのだそうですw

 

その後テラフォーマーズで有名になった貴家さんですが、

いつかこのラグビー漫画を世に出してほしいものですね。

 

Twitterは?

貴家さんはTwitterをやっているのでしょうか?

 

ハッシュタグでの登場率は半端なく多いのですが、

ご本人はTwitterはやられていないようですね。

 

結婚はしているの?

貴家さんは今年28歳ということですが、

ご結婚されているのでしょうか?

 

この件についての情報はまったくありませんでした。

 

高校時代はラグビーに熱中し、

大学時代は漫画に熱中していたので、

女性との出会いがあまりない環境だったかもしれませんね。

 

テラフォーマーズで有名になって、

メディアの露出も高まってきましたから、

たくさんの人との出会いがあると思いますので、

気の合う方とめぐり会うのは時間の問題かもしれません。

スポンサードリンク



漫画原作者とは?

貴家さんは絵がいまいち(?)だったことで、

漫画原作者となりましたが、

そもそも漫画原作者とはどういう人なのでしょうか?

 

ウィキペディアによると、

漫画のストーリーを考案・執筆する人だということです。

 

考えたストーリーは脚本の形だったり、

小説の形だったりするのですが、

貴家さんはネームといわれる、

コマごとの構図、台詞やキャラクターの配置などを

大まかに表したもので作画の橘賢一さんに渡しているのだそうです。

 

細かな部分はスカイプだったりメールしたりして打ち合わせをしているそうですよ。

 

キローコの知っている漫画原作者は他に、

「愛と誠」の梶原一騎さんくらいでしょうかw

 

自分の苦手な部分を他の人が補うことで、

自分の才能を引き出すことができるなんて、

とっても幸せな環境ですよね。

 

そんな将来有望の貴家さんですが、

SWITCHインタビュー達人達ではどんな素顔をみせてくれるのか、

放送を楽しみにしています。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク