こんにちは、キローコです。

お正月も2日過ぎて、早くもおせち料理を完食してしまいました。

明日からの食事はどうしよう??

さて、日本テレビ系「スッキリ」のコメンテーターでおなじみの湯山玲子さん。

一目で記憶に残るような容姿と力強いコメントによる存在感があって、

毎回とても気になっていました。

今回は湯山玲子さんについて調べてみました。

スポンサードリンク


プロフィール

湯山玲子(ゆやま れいこ)さんは1960年生まれの56歳

著述家ということですが、著述家とは文章を書くことを仕事とする人のことを言うそうです。

作家さんともいうようですね。

そのほかに有限会社ホウ71取締役、日本大学藝術学部の非常勤講師を務めており、

自ら寿司を握るユニット「美人寿司」を主催するなど、その行動力はすさまじいものですね。

出身は東京都杉並区久我山

お父様は作曲家の湯山昭さん。

 

結婚しているかが話題になっているけど、どうなの?

ネットで調べてみると、湯山さんが結婚されているかどうかが噂されていますね。

なかなかご家族の情報がでてきていなかったようですが、

湯山玲子の「リアルワールドの歩き方」というメルマガで記述がありました。

旦那さんは、堅気の大手サラリーマンだそうです。

ご結婚されていたのですねー。

大手サラリーマンということは、超安定収入な家庭ではないですか。

旦那さんの収入に頼らずとも、自分の好きなことをどんどん行動していって、

自立できている湯山さんを尊敬します。

そして仕事をすることを許してくれる旦那さんも心が広いですね。

 

じゃあ、お子さんはいるの?

これについても、同じく「リアルワールドの歩き方」にて記述がありました。

お子さんはいらっしゃらないそうです。

自然にまかせていたら、タイミングがあわなかったということらしいですよ。

子作りに積極的ではなかったと書いてありますから、やはり家庭より仕事のほうに

ウエイトを置いているのでしょうか。

 

小さいころから赤ちゃんを可愛いと思ったことがなかった。

こんなことをおっしゃっています。

子供が嫌いだったと。

 

これは私もそうでした。

身近に小さい子がいる環境でなかったこともあるのですが、

赤ちゃんが近くにいると、落ち着かなかったですね。

抱いたら泣かれるし、抱くのも怖いし。

何話していいかわからないし。

私の場合は、自分で子供を産んだことでその価値観はガラリと変わったわけですが。

仕事中心に考えると、子育てに消極的になってしまうのは仕方がないのかもしれませんね。

 

湯山さん、さすが自分の意見をずばりと語る方なのですね。

私は他人の目を気にしながら発言するタイプなので、その度胸を見習いたいです。

強い女に憧れます。

スポンサーリンク