こんにちは。キローコです。

3歳になる息子は、赤ちゃんの時から抱っこが大好き♪

そのうち倦怠期がくるだろうと思って
抱っこしたいときは抱っこしてあげていましたが、
こども園に通うようになって、
抱っこさせない方がいいのかしら?と思うようになりました。

いったいいつまで抱っこってしてあげていいのでしょうか?

スポンサードリンク


通園でも抱っこな息子

外出するときは、ベビーカーもそこそこにすぐ「抱っこ」という我が息子。

ベビーカー持ってきた意味ないじゃん!って何度思ったことかw

何か見たいモノをみつけたとき以外は終始抱っこなのですが、
今しか抱っこできないもんなーとそれを受け入れていました。

2歳からこども園に通っているのですが、
通園中も抱っこな息子

他の子をみるとしっかり歩いてる・・・

これはちょっと甘やかせちゃうかしらと思うようになりました。

息子を抱っこしている姿を他の子に見られて、
その子が抱っこしたくなっちゃうこともあって、
親御さんが「抱っこじゃないでしょ」って言われているのを聞くと、
なんだか申し訳なくなりました。

でも急に抱っこしない!なんて言ったら、
当然息子も混乱しますよね(^^;)

道路だろうが砂利道だろうが寝そべってジタバタギャン泣きですよ。。。

キローコも「たまには歩いてみよう!」「あの電信柱まで言ったら歩こう!」って誘うのですが、
全く歩いてくれる気配ないです。

一体どうしたらいいものなのでしょうかね?

 

抱っこしてほしい3つの理由

XEN7615020_TP_V4

3歳ころになれば、自分で歩く力は備わってきます。

それでも抱っこして欲しいと思う心理は3つ理由があります。

1.甘えたい

2.疲れている・眠たい

3.不安・寂しい

 

2の「疲れている・眠たい」については、
確かに「今日は昼寝してないなー」って思っていると、
それまで元気に走り回っていた息子が急に止まって「抱っこ」。

抱っこしてあげると数分で眠りにつくなんてことがありました。

「疲れたー」なんていうから抱っこしてあげていたら、
急に降りて公園の遊具にかけよっていくなんてこともありますがねw

疲れてたんじゃなかったんかい!って思っちゃいますね。

 

1と3の「甘えたい」「不安・寂しい」っていうのは、
お子さんの心が満たされていないときにあたります。

 

自分を振り返ってみるとどうでしょうね?

・家事をこなしたりママの時間を持ちたいためにスマホで動画を見せていた

・雨の日などで運動量が少ない

・こども園に行くことでママと離れるから寂しい

なんかが思い当たるかなー。

 

抱っこをした方が良い理由

一昔前は、幼稚園や保育園に通う頃になると、
抱っこするのはやめさせたほうがいいって言われていました。

キローコの母親世代はそういう教育方針だったから
今でも「歩かせた方がいいよ」って言われます(^^;)

でも最近は抱っこしてほしいときは抱っこしてあげた方がいいんですって。

抱っこすることで、
子どもは抱かれる気持ちよさ安心感を得ることができ、
心が満たされます。

そして自己肯定感が高くなり、自立ができるようになるのだとか。

 

男の子だからそのうち「うっせー、ババァ」なんて言って
イヤでも離れていく日がくるでしょうから(^^;)

可能であれば、できるだけ抱っこしてあげた方がいいですね!

 

いつまで続く?

そうはいっても「抱っこ」してほしいって気持ちはいつまで続くのでしょうか?

3歳でピーピー言っているキローコですから、
このさきまだまだ続くのだったらちょっと体力作りから始めないとキツイですね(^^;)

何歳まででも抱っこと言われたら抱っこしていいっていうのですが、
アンケートサイトなどをみると、
小学生になっても抱っこの要求はあるようですね。

11歳でも抱っこと言われるといったケースもありましたから、
小学校高学年でも抱っこして欲しいって子もいるようです。

 

ようは自分の子どもが満足するまで続くってことですね。

 

抱っこが辛いときは・・・

N885_katagurumaoyako_TP_V4

スポンサードリンク


一人っ子ならいつまででも抱っこ要求があったらしてあげようって思えますが、
二人以上兄弟がいる場合は、物理的に難しいですよね。

ママの体調が悪いときもあるでしょうし。

「ママは辛い(疲れた)から抱っこできないよ!」って伝えたとしても
まだ3歳くらいのお子さんの場合は理解できず、
どうして抱っこしてくれないのだろうという不安や不満をもってしまいます。

 

抱っこ以外でも安心できるようになるといいですよね。

 

キローコの息子が2歳から3歳に進級するときに、
「今度からお兄ちゃんクラスだね!大きくなったね!」っていう話をしていたら、
「ぼくお兄ちゃんだから靴下(ズボンや帽子など)はけるよ!」と嬉しそうに実演してくれることがありました。

 

お兄ちゃんになったから、自分で歩けるようになったね!すごいね!
きれいなお花があるよ!他にはどんな花があるかみつけてみようか!

と日々お話していくことで、
お兄ちゃんへと成長する喜びや自信をもって、
自ら歩いてくれるようになるという話もるのだとか。

 

前にそう伝えたことがあったのですが、
「○○(子どもの名前)赤ちゃんだからできない・・・」って言われたこともありますw

でもそのときは「イヤ」でも頭ではわかっているみたい。

少し時間が経ったら降りて歩いてくれた事もありました。

いきなり完全にはできなくて当たり前なんですよね(^^)

キローコが求め過ぎちゃっていました。反省。。。

 

できないことよりできたことをみつけて褒めてあげよう。

そしてその積み重ねでだんだんと抱っこしなくても
安心してくれるように、成長してほしいです。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク