こんにちは、キローコです。

4月24日の情熱大陸は、

猫専門病院の院長、服部幸さんが登場です。

 

猫の気持ちを考えて開業されたそうですが、

どんな方なのでしょうか?

スポンサードリンク


東京ヘッドライン2014.10.13 Vol.628より
東京ヘッドライン2014.10.13 Vol.628より

プロフィール

お名前は服部幸(はっとりゆき)さん

生年月日は1979年2月14日37歳です。

おや、バレンタインデーに誕生されたんですね。

お名前だけみると、女性かと思われそうですが、

がっちりした体格の男性です。

 

 

血液型はB型みずがめ座です。

 

趣味は水泳だとか。

がっちり体系は水泳で鍛えているからかもしれませんね。

 

出身は愛知県名古屋市です。

もともと獣医師の家庭に生まれてきたそうですよ。

お父様は東京猫医療センターの顧問も務めている、

獣医師の服部幸正さんという方です。

この方は愛知県で活動されているようですね。

 

服部幸さんはご結婚されていて、

獣医師の奥様と二人の娘さんがいらっしゃるとか。

 

奥様も同じ病院で働いているのかしらと思いまいたが、

スタッフ紹介の名簿にはそれらしき方はいらっしゃいませんでしたので、

別の動物病院で働いているのかと思います。

 

大学卒業後2年半動物病院に勤務して、

SyuSyu CAT Clinicの院長になったそうです。

 

20代で院長になっちゃうとは、

行動力半端ないですね!

 

その後アメリカにある猫専門病院にて

研修プログラムを修了させ、

2012年4月に東京都江東区森下にある

猫専門病院、東京猫医療センターを開業しました。

 

猫って犬と一緒だとかなりのストレスをかかえているらしいですね。

だからせっかく病気を治したいと来ているのに、

ストレスをかかえたままじゃ治りにくいじゃないのってことで、

猫専門の病院を作ったのだそうです。

 

そういえば、犬と猫は仲が悪いって小さいころ聞いていましたわ。

ドラえもんののび太とジャイアンが同居するような感じですかね?

言われれば、ああそりゃそうだよねって思いました。

 

猫の気持ちを大切にしている服部院長ですが、

飼い主さんが猫を飼っていることに幸せを感じていることが

一番大切なことだと語っています。

猫だけでなく、飼い主さん家族全員が幸せに感じる治療を目指して

日々治療に励んでいるそうです。

 

 

好きなものはXJAPANと猫!

服部さんのプロフィールを見ると、

好きなアーティストはX JAPANとありました。

 

ロックですね!

ハートが熱いですね!

XJAPANのTOSHIさんは、

ロックで荒くれものな感じですが、

実は真面目な方なのだそうですよ。

 

だから、服部さんも

熱い魂を持った真面目な性格の

人なのかなぁと勝手に想像しています。

 

そして、やっぱり猫が好きです!

飼い猫ちゃんは二匹いるそうで、

Facebookにお写真がありました。

一般公開で投稿されているので、

転載していいと思います。

まずは1匹目

Facebookより
Facebookより

スポンサードリンク


この猫ちゃんは、

しょこたんこと中川翔子さんが飼っている猫の

マミタスさまに似ているなぁ。

しょこたんブログより
しょこたんブログより

 

そして2匹目はこちら

hattorineko2
Facebookより

 

2枚目の写真はメインクーンという品種のようで、

ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)の愛称があるそうです。

賢くて遊び好きなんだそうですよ。

 

猫ちゃんも飼っている猫専門病院の院長先生なら、

患者さんも安心して猫ちゃんを診てもらえますね。

スポンサードリンク



出身校はどこ?

服部幸さんは、愛知県名古屋市出身です。

ですので、出身高校は名古屋市立菊里高等学校でした。

愛知県千種区にある高校で、

千種区内で唯一の公立普通科がある高校だそうです。

 

NHKドラマの「中学生日記」にでてくる

「梅里高校」のモデルにもなっているのだそうですよ。

 

出身大学は、北里大学獣医学部です。

2003年に卒業しています。

獣医学部は、東京、埼玉、神奈川、青森、新潟と

キャンパスがあるようですが、

服部さんはどこに通っていたのでしょうか?

 

そこまでの情報はみつけられませんでしたが、

東京の白金キャンパスが候補かと思います。

東京ならいろんな最新情報が集まってきそうですし。

 

 

ということで、

情熱大陸では半年間の密着の様子が放送されるようです。

ご家族の日常の一面もみられるといいですね!

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク