こんにちは。キローコです。

モノシリーのとっておきという番組に醤油ソムリエの高橋万太郎さんが登場します。

醤油っていろんな種類ありますよね。キローコも大好き。

てっきり醤油職人さんかと思ったのですが、醤油を営業する仕事をしているようですね。

そこでどんな方なのか経歴を調べてみました。

スポンサードリンク


プロフィール

出典:http://bb-relife.jp/interview/service-food/1672/2
出典:http://bb-relife.jp/interview/service-food/1672/2

お名前は高橋万太郎(たかはしまんたろう)さん

生年月日は1980年今年で37歳

出身地は群馬県前橋市

出身大学は立命館大学

 

万太郎さん。素敵な名前ですね。

キローコが昔に読んだことのある漫画「さわやか万太郎」を思い出しました(#^^#)

出典:https://www.cmoa.jp/title/1087/
出典:https://www.cmoa.jp/title/1087/

スポンサードリンク


 

主な経歴

出身大学の立命館大学では学生団体に参加して京都府内の大学と合同学園祭の開催にかかわっていたそうです。
来場者が2万人を超える大人気イベントになったそうですよ。

大学を卒業すると、(株)キーエンスに入社。
精密光学機器の営業に従事していたそうです。

キーエンスは顕微鏡や計測機器、情報機器を製造・販売している会社なのです。
世界44カ国・200拠点で事業を展開している大きな会社さんですね。

そこでトップクラスの営業グループに配属された万太郎さんは、
営業のノウハウをがっつりと習得されたそうです。

2006年に起業するためキーエンスを退社。

 

営業力の足りない業界をリストアップして、醤油業界にたどり着いたのだそうです。

 

一見、精密機械から醤油という伝統産業はまったく関係のない分野と思ってしまいましたが、
自分の能力を発揮できる営業というところに着目して見つけたんですね。
冷静に考えてるなぁ。

 

食料品店でさまざまな醤油が売られてはいるが、どれがいい醤油なのかわからなかったことから、
一般の人はどれを選んでいいかわからないかもしれない、
ましてやどんな味かわからない醤油を一升瓶で買うにはちょっとという点に着目して、
100mlボトルのみを扱った「醤油職人」というお店を運営開始したのだそうです。

ちなみに高橋万太郎さんの会社名は「醤油職人」ではなく、
株式会社伝統デザイン工房でした(^^)

 

小ボトル専門店って面白いですね!
焼酎や日本酒の利き酒セットみたいな感じでたくさん楽しめるし。
ちょっとボトルもかわいいしw

 

ちなみに、高橋万太郎さんはキーエンスを退社して3日後くらいにご結婚なさっています。
2年間は無収入でも生活できるくらいのたくわえがあったといいますが、
これから起業する不安定要素のある人と結婚を決意されるとは、
奥様は高橋万太郎さんのことをかなり信用していたんでしょうね(^^)

 

モノシリーで紹介された醤油について!

番組で取り上げられた醤油について調べてみました。

しろたまり

出典:http://www.s-kura.com/?pid=56441654
出典:http://www.s-kura.com/?pid=56441654

蔵元は愛知県碧南市の日東醸造さん。(キローコの住む愛知県!!)
原材料は小麦と塩と焼酎しか使っていないんだそうです。
卵焼きや豆ごはん、お吸い物にも合うんですって。

しろ醤油だからすこーしだけ使うのがいいですね!

100ml 411円税込み

百寿

出典:http://www.s-kura.com/?pid=7687689
出典:http://www.s-kura.com/?pid=7687689

蔵元は秋田県湯沢市の石孫本店さん。
安政二年(1855年)創業なんですって。歴史ありますねぇ。

原材料は大豆、小麦、食塩

じゃがバターや餃子に合うようですよ。

餃子大好きー!お酢とか入れたら邪道かしら???

100ml 411円

つれそい

出典:http://www.s-kura.com/?pid=76110932
出典:http://www.s-kura.com/?pid=76110932

蔵元は愛知県武豊町の南蔵商店(愛知県再登場♪)
1872年創業とこちらも歴史ある蔵元さんです。

原材料は食塩と大豆のみ。
マグロの漬け丼や納豆オムレツに合うそうです。

マグロの漬け丼おいしそう!
濃厚なので、色は濃く仕上がるそうですが旨みが絶妙なんですって。
よだれが出てきますねw

 

100ml 462円税込み

淡紫

出典:http://www.s-kura.com/?pid=59721761
出典:http://www.s-kura.com/?pid=59721761

こちらは兵庫県龍野市の末廣醤油さん
原材料は大豆、小麦、食塩、米。
こちらは淡口で、餃子や豆腐、ししゃもフライにあうそうです。

おいしい醤油は豆腐にかけるだけっていうシンプルなレシピでも
十分満足させてくれそうですね。

100ml 540円税込み

 

大野のおしょうゆ

出典:http://www.s-kura.com/?pid=10496742
出典:http://www.s-kura.com/?pid=10496742

福井県大野市にある野村醤油さん
原材料は食塩、脱脂加工大豆、小麦、アミノ酸液、砂糖混合ぶどう糖液糖、水飴、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア)、ビタミンB1

けっこうたくさん入っていますね。
甘口の醤油になっています。

焼きおにぎりや胡麻和え(タラの芽があうらしい)に最適な醤油なんですって。

甘口なら五平餅にも合いそうですね!

100ml 360円税込み

手造り醤油かけ二段仕込み熟成三年

出典:http://www.s-kura.com/?pid=14911655
出典:http://www.s-kura.com/?pid=14911655

広島県豊田郡大崎上島にある岡本醤油醸造場は瀬戸内海にある島なんですって。
原材料は大豆、小麦、食塩、アルコール

刺身やとんかつ、フライのソース代わりにつかったり、
バニラアイスにかけてもおいしいそうです。

キャラメルのような味わいに感じるのだとか。

そういえば、アイス専用の醤油がありましたね。

100ml 462円税込み

 

これだけみても、本当にさまざまな醤油があって、
それぞれの相性のいい料理があるんですねぇ。

100mlでお試しで買いやすいし、楽しいです。

まさに買い手と売り手の両方がハッピーになれるお仕事ですね!

素敵です。

最後までお付き合いありがとうございます。

スポンサーリンク