こんにちは。キローコです。

DJ YUTOさんがナカイの窓に出演されるのですが、
世界一のDJさんなんですね!

見た目が華奢で若そうな方なんですが、
日本一とはスゴイ。

そこでどんな方なのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク


プロフィール

出典:https://newspass.jp/a/xqjtu
出典:https://newspass.jp/a/xqjtu

お名前はDJ YUTOさん

本名は盛雄登(もりゆうと)さん

生年月日は1994年4月26日23歳

出身地は青森県三沢市

おうし座となっています

 

本名はけっこう勇ましい雰囲気の名前なんですね(^^)

青森県三沢市っていうと青森県の東部にある市で
歌手の小比類巻かおるさんや室井佑月さんが同じ出身のようです。

出典:ウィキペディアより
出典:ウィキペディアより

スポンサードリンク


 

12歳のときにお兄さんから譲り受けたレコードとターンテーブル、
ミキサーを使って「TEENS DJ CHAMPIONSHIP」に初出場するも
周りの技術の高さに挫折。

大学のときにクラブへ行くと、再びDJへの熱意が再燃し
猛勉強の末、DMC日本大会で優勝
その勢いは衰えずDMC世界大会でも初出場で初優勝という快挙を成し遂げたそうです。

ノリに乗っているっていうときは強いですよね!

もともと小さい頃から10年ピアノを習っていたそうで、
リズム感や音感は抜群に養われていたのではないでしょうか。

 

出身大学や高校について!

DJ YUTOさんがDJの道を離れていた時の高校は
青森県立三本木高校というところだそうです。

青森県十和田市にある県立高校で
偏差値は2017年で59となっていました。

地学の全国模試で7位を獲得したそうですよ。
部活もバスケットボール部だったそうなので、
文武両道だったのかな?

 

出身大学は慶応大学環境情報学部となっています

環境情報学部は地球、自然、生命、人間、社会を理解して
未解決の問題の解決策を創り出す学部なんですって。

建築系、デザイン系、法律系、教育系、情報系、言語系、医療系、スポーツ科学系など
たくさんの分野を自由に学べるそうなので、
興味を持った分野を同時に勉強できるのがメリットの学部のようですよ。

DJ YUTOさんは何を学んでいたのでしょうね!

 

この大学生のころにDJ熱が再燃して
同時期、DMC世界大会アジア人初の優勝者のDJ KENTAROさんが
DJスクールを開校したというなんともベストなタイミングで
DJの勉強を始めたそうです。

出典:Twitter
出典:Twitter

DJの勉強は1日8時間を2年間続けていたのだそうですよ。

その間お友達の食事の誘いも断っていたのだとか。

 

夢を実現させるために集中していたんですね。

お兄さんもスゴかった!

DJ YUTOさんがDJの魅力にはまるきっかけとなったお兄さん。

YUTOさんは3人兄弟の末っ子だっていうのですが、
一番上のお兄さんなのかな。
2番目なのかな。

 

お兄さんは8歳年上だっていうから一番上のお兄さんかな

 

DJ YUDAIの名前でバトルDJをされていたんですって。

お兄さんは10代のころから有名だったそうで、
Teen’s DJ&DANCER Championshipsというイベントで日本一になったそうです

 

兄弟で日本一を獲得しているってすごいですよね!

きっとYUTOさんはお兄さんの姿を憧れとしてみていたんだろうなぁ。

なんか素敵。

 

華奢に見えるけど体重はどのくらい?

DJ YUTOさんをみていると、とっても華奢。

パフォーマンスは迫力あって、見た目とは全く違う感じだけど、
ちゃんとごはんたべているのでしょうか(^^;)

おばちゃんは気になっちゃいますよ

出典:https://silly.amebahypes.com/posts/1328793
出典:https://silly.amebahypes.com/posts/1328793

 

公式プロフィールでは身長や体重についての記述はありませんでした。

インスタグラムにギタリストのMIYAVIさんと一緒の写真があったのですが、
身長185センチのMIYAVIさんの口元から顎くらいの高さにみえました。

男性の顔の長さの平均が23.19センチということを考えると、
MIYAVIさんの身長マイナス20センチくらいとして
165センチくらいの身長なのではないかと想像します

 

同じくらいの身長でいうと
V6の岡田准一さんや中居正広さんなのですが、
お二人の体重は53キロと59キロなんですよね。

DJ YUTOさんの細さを考えると、
やはり60キロ以下の体重ではないかなぁと思います。

余計なお世話かもしれませんが、
これから仕事も増えてくるかもしれませんので
もう少しお肉を食べて体力をつけて
ハイパフォーマンスを続けていってほしいなって思いました!

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク