こんにちは。キローコです。

アウトデラックスにセインカミュさんが登場するのですが、
ひさびさですね!

めっきりテレビではみかけなくなりましたが、
気のせいだったかな?

ちょっと調べてみました。

スポンサードリンク


プロフィール

出典:Twitter
出典:Twitter

お名前はセインカミュ(Thane Camus)さん

生年月日は 1970年11月27日46歳

出身地はアメリカニューヨーク州

血液型はA型で射手座となっています

 

身長は185センチ

江口洋介さん、草刈正雄さん、中村トオルさんと同じ身長ですって。

ものすごく身長が高い人だとキローコは思っていたのですが、
おんなじ身長の人けっこういましたw

 

 

キローコはセインカミュさんといえば
「さんまのカラクリTV」のコーナーだった「ファニストイングリッシュ」を思い出します

セインさんから「English Please」って言われたら、
日本語も英語も語彙の少ないキローコは絶対採用されないだろうなw

お父様はフランス系アメリカ人で、お母様はイギリス人なんですって。

セインさんみてると、ご両親はけっこうなイケメンイケ子じゃないかと勝手に想像しています(^^)

 

 

消えていたの?

かつてはテレビで観ない日はないんじゃないかというくらいの人気だったセインカミュさんですが、
最近はめっきりみなくなりました。

消えた芸能人ということで検索される人もいらしゃるようです。

セインカミュさんはTwitterとブログをされているようですが、
Twitterは2016年11月2日
ブログは2015年3月16日で更新は止まっているようですね。

 

テレビの露出は少なくなったものの、
youtubeでの動画配信で街頭インタビューされていたようですよ。

 

でもテレビの露出が減ってしまったのはどうしてなのでしょうか?

セインさんは2005年ころからテレビ出演が極端に減ってしまったそうですが、
所属事務所とのトラブルが絡んでいるとの話です。

 

所属事務所とはR&Aプロモーションというところのようで
出演料や本の印税をめぐって対立があり、
裁判にまで発展したのだそうです。

2007年3月27日付の産経新聞によると
裁判所はセインさん側の請求を一部認めて約1800万円の支払いを
当時の事務所に命じたとありました。

セインさんは対立後は事務所を移籍したそうなのですが、
元事務所からの妨害があったなんて話もあったそうです。

出演料というのはタレントにとって生命線ですから
やっぱり仕事をした対価として支払わなければトラブルになりますよね。

 

嫁や息子について!

セインカミュさんは2002年の9月6日にご結婚なさっています。

きになる奥様はグラフィックス関係の仕事をしていた方で「浜崎あゆみさん似」だそうです。
パソコンに詳しいのかな?

もともと結婚を意識してお付き合いをされていたようですが、
お子さんを授かり入籍する事になったのだとか。

授かり婚ってやつですね(^^)

でも入籍の会見をセインさんがしているときに
「大安だったから~」と話していたのにはなんだか面白さを感じました(^^)

お子さんは2003年に長男、
2005年に次男、
2008年に長女が誕生したんですって。

現在は14歳、11歳、8歳になります。

セインさんは2003年から2005年までの2年間NHK教育テレビの「すくすく子育て」で
司会をされていて、なかなかのイクメンさんなようです。

お母様がイギリス人なので生活は欧米流だそうですが、
子育ては日本と欧米とハイブリッドなんですって。

子供が小さい頃夜寝るときは欧米では一人で寝かせるのですが、
奥様の要望で川の字を体験してみたところ、
なかなかいいと感じたそうです。

押しつけではなく柔軟な考え方ができるってステキですね。

スポンサードリンク



趣味はギザ十

アウトデラックスではセインカミュさんの趣味について取り上げられるとの事ですが、

ギザ十のことでしょうか?

 

っていうかギザ十ってなに?(^^;)

調べてみたらフチがギザギザの十円玉のことをいうのだそうです。

1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)に製造されていたものなのですが、
価値は思ったほど高くないそうです。

セインさんが集めたギザ十は2016年現在で枚数が1000枚以上あるそうです。

 

1万円分ですね

 

その昔、お宝なんでも鑑定団にそのギザ十を鑑定してもらったら
ほとんど等倍の値段だったそうです(^^;)

いいんです!(川平慈英ばり)

自分が満足ならそれでいいんです!

アウトデラックスでは古風な趣味って行ってましたから
新しい情報かも知れませんね。

楽しみにしています。

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク