こんにちは。キローコです。

爆報!THEフライデーに女優の藤真利子さんが登場します。

11年前にテレビから姿を消したって紹介されていましたけど、

なんだかそんな気がしないほどお顔は存じている女優さんです。

昨年お母様をなくされたそうですが、

どんなご両親だったのでしょうね。

スポンサードリンク


プロフィール

出典:http://www.nikkan-gendai.com/articles/image/geino/163683/24079
出典:http://www.nikkan-gendai.com/articles/image/geino/163683/24079

お名前は藤真利子(ふじまりこ)さん

本名は藤原真理(ふじわらまり)さん

生年月日は1955年6月18日61歳

出身地は東京都

血液型はA型で双子座となっています

 

キローコは女優としての藤真利子さんを知っていますが、

歌手や作詞作曲もされているとは知りませんでした。

作詞作曲するときは微美杏里(びびあんり)名義で活動されているようですね

 

出身高校は不ニ聖心女学院高校

出身大学は聖心女子大学歴史社会学科

 

高校時代は女子高で寮生活だったそうで、

門限や消灯時間など規則が厳しかったそうですよ。

 

なんか女子高っていう響きだけで

可憐なお嬢様っていうイメージを持ってしまうキローコです(^^;)

そうとうきれいなお嬢様だったのではないでしょうか。

 

若い頃は?

というわけで若い頃の画像がないか調べてみました。

出典:http://k0nta.hatenablog.com/?page=1421241196
出典:http://k0nta.hatenablog.com/?page=1421241196

スポンサードリンク


24歳のころだそうです

デビューは22歳のころということですから、

そうとうな色気のある女性だったんですね。

24歳には見えないなぁ。

 

出典:http://k0nta.hatenablog.com/?page=1421241196
出典:http://k0nta.hatenablog.com/?page=1421241196

こちらは30歳のころ

キローコの印象はこの感じなんですけどねー。

 

父や母について!

藤真利子さんのお父様は人気小説家の藤原審爾(ふじわらしんじ)さん

出典:http://www.kibiji.or.jp/literary-database/6-category-fiction-story/95-fujiwara-shinji.html
出典:http://www.kibiji.or.jp/literary-database/6-category-fiction-story/95-fujiwara-shinji.html

31歳のときに「罪な女」で直木賞を受賞されています

生年は1921年で大正生まれなんですね!

 

藤真利子さんが産まれたのは1955年だから

お父様が34歳のころの話。

すでに直木賞を受賞していて人気だったお父様ですが、

娘さんに対してはとても厳しく接しられていたそうです

 

藤真利子さんが女優になりたいといったときも

猛烈な反対をされたんですって。

 

お父様の作品は映画化されたものも数多く、

自宅に映画監督や女優さんが訪問していたことがきっかけで

藤真利子さんは女優になりたいと思ったそうですよ。

 

女優さんの華やかなオーラが憧れだったのかもしれませんね。

お父様は女優にはなるなと大反対だったそうですから

なにか闇な部分をご存じだったのかもしれません。

濡れ場シーンとかみたくないでしょうし(^^;)

 

そんなお父様の反対に反発した藤真利子さんは

家を飛び出して女優になり、

7年間ほど父とは会っていなかったそうです。

 

そしてお父様が肝臓がんで余命半年ということを知って

再会を決意、仕事もキャンセルしてお父様に会いに行ったとか。

しかし再会して10日間ほどでお父様はこの世を去ってしまったんですって。

享年63歳。

 

非常に残念でありましたが、

10日間共に時間を過ごせたというのは本当に良かったと思います。

会えないままだったら一生後悔してしまっていたかもしれませんものね。

 

お母様は静枝さん

2016年11月に92歳で多臓器不全でなくなられたそうですので

1924年ころの生まれかと思われます

 

お母様は洋裁が得意だったそうで

藤真利子さんが小さい頃に大好きだったザピーナッツの

ステージ衣装とそっくりな洋服を作ってもらったことがあったそうです。

これはうれしいですね!

 

お父様をなくされてから藤真利子さんはお母様と同居していたそうですね

お母様がなくなるまでの11年間は在宅介護で藤真利子さんが面倒をみてこられたそうです。

 

自分の母親だからなんとか頑張ってこれたかもしれませんが

そうとう大変だったと想像します。

24時間心休まらないですもんね。。

 

仕事も極力控えていた藤真利子さんでしたが

2014年に舞台に出演されたとき、

お母様がストレッチャーに乗りながらも舞台を見にこられたそうです。

もしかしたら娘の活躍をみるのは最期だったかもしれないと思うと

みせることができて本当によかったですね!

 

酒豪という一面も!

藤真利子さんは女子高でおうちも厳しい家庭に育ったので

お酒を知らなかったそうです。

 

そんな藤真利子さんが酒豪といわれるようになったのは

30代のころだといいます。

バブルの時期だったそうで、

アンルイスさんや哀川翔さん、布川敏和さんらと

時間が空けば六本木や西麻布に飲み歩くようになって

お酒の魅力にはまったのだそうですよ。

 

11軒はしごしたという伝説もあったくらいで

「夜の女王」という称号ももっているくらいお酒好きになったんですって。

 

キローコはお酒は好きなのですが、

ちゃんぽんしたりたくさん飲むと

二日酔い三日酔いになってしまうので、

たくさん飲める藤真利子さんがうらやましいです(^^)

 

ただお父様は肝臓を悪くしていましたから

藤真利子さんも気を付けてほしいですね!

 

最後までお付き合いありがとうございます

スポンサーリンク