こんにちは。キローコです。

クロスロードにチーズタルト、シュークリーム、アップルパイの専門店を展開している

長沼真太郎さんが登場します。

長沼さんは実家が洋菓子店の跡継ぎだったのですが、

ケーキは作れないとのこと。

なんか面白そうな方なので調べてみました。

スポンサードリンク


出典:http://ascii.jp/elem/000/001/134/1134305/index-3.html
出典:http://ascii.jp/elem/000/001/134/1134305/index-3.html

プロフィール

お名前は長沼真太郎(ながぬましんたろう)さん

生年月日は1986年30歳

出身地は北海道札幌市

 

実家は老舗洋菓子店の「きのとや」

お姉さんが上に二人いたそうですが、

長男として跡継ぎになるよう育てられてきたそうです。

 

しかし、ケーキを作る修行ではなく、

長沼さんは経営力を身につける旅にでたようですね。

 

家業を継ぐことが最初から決まっている人生って

かなりプレッシャーあるなあと思っちゃいます。

長沼さんはそんな時期はなかったのかなぁ。

 

 

大学卒業後に丸紅に入社。

菓子、食品を日本に輸入する仕事をしていたそうですが、

1年で退職。

上海でお菓子屋を開業することになったそうですが、

オーナーが長沼さんがケーキを作れないことを知り、

話がご破算になったのだそうです。

 

その後きのとやに入社し、

店長をするようになったそうです。

 

最初から順調にきたわけではなく、

ケーキが売れなかった時期やECサイトの展開失敗などを経験してこられ

従業員やお客様の声を聞きながら

現在の専門店スタイルに辿り着いたそうです。

 

焼きたてタルトを箱に入れた状態で売っていたときは売れず、

鉄板にのせてディスプレイしたら売れたという話なんかは、

いくらおいしいものを作っても、それがお客さんに伝わらなかったら

売れないんだなぁというのがよくわかる出来事ですよね。

 

食べてみなくちゃわからない。

でも食べても分からないときがあるキローコは(^^;)

見た目をすごく重視して買います。

 

そういったキローコのような気持ちもくすぐる

売り方なんでちょっと買いにいってくる!

と思ったのですが、近くにお店がなかった。。

 

実家の埼玉の大宮にBAKEのお店があるみたいなんで、

帰省したときに買ってみよう。

 

高校大学について!

長沼さんの出身高校は札幌南高校となっています。

長沼さんは野球少年だったそうで、

ケーキ作りではなく野球にのめり込んでいたそうですよ。

 

甲子園出場経験のある札幌南高校野球部に所属して

キャプテンを務めたそうです。

甲子園予選の大事な時期に監督がいなくなるという自体になって、

長沼さんが胃潰瘍になるといった辛い経験をされていたそうです。

そんな中でもチームをひっぱってきた長沼さんは

リーダー的素質はかなり培われてきたんですね!

 

出身大学は慶應義塾大学商学部

大学時代はビジネス大好きくんになったそうで、

東京大学の起業サークルに入ったり、

自分で会社を興して光ファイバーの営業をしていたそうです。

大学生で会社をおこすってすごいですね。

ゼロからなにかを造り上げたいという気持ちが強かったんですって。

 

キローコは最初から会社員になろうと思っていたから、

スタートが違いますよね。

比べるなって話ですけど。。

 

スポンサードリンク



実家の老舗洋菓子店「きのとや」について!

そんな長沼さんですが、

ケーキを作らないということは、誰が作ってるの?と思って調べてみたのですが、

チーズタルトのおおもとは実家の「きのとや」で製造しているそうです。

 

きのとやから作られた半製品をベースとして冷凍し、

各店舗に送って店舗内で焼き上げて販売しているんですって。

それで焼きたてが食べれるんですね!

 

ではその大元をつくっている「きのとや」さんてどんなお菓子屋さんなのでしょうか?

 

きのとや

ウェブサイトhttp://www.kinotoya.com/shop/

創業は1985年12月

本社工場を札幌市東区東苗穂5条3丁目7-36にもち

北海道内に9店舗展開する洋菓子店だそうです。

店舗本店は札幌市白石区東札幌3条5丁目1-20

こちらはケーキの他にプリンやマカロン、スフレなど

様々な種類を扱っているようですね。

 

長沼さんのお父様である長沼 昭夫さんは

現在代表取締役会長をされているようです。

 

クリスマスケーキの時期ですが、

予約件数に達したため受け付け終了ですって。

 

お父様のDNAをしっかり受け継いでいる長沼真太郎さん。

ご自身も研究努力をつみかさねていて、成功しないはずはないですね。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク