こんにちは。キローコです。

金曜日のスマいるたちへに弱火調理で有名な

フレンチシェフの水島弘史さんが出演されます

最近テレビにも出演される回数が増えてきましたね!

キローコもためしてガッテン!で拝見しました。

なんだかオネエ疑惑があるようで気になったので調べてみましたよ

スポンサードリンク


出典:http://www.food-sommelier.jp/profile/23435.html
出典:http://www.food-sommelier.jp/profile/23435.html

プロフィール

お名前は水島弘史(みずしまひろし)さん

生年月日は1967年49歳

出身地は福岡県

学歴は大阪あべの辻調理師専門学校卒業

そして同校のフランス校も卒業しています。

まだ50代前なんですね!

思っていたより若かった!

 

ミシュランの3つ星レストランであるジョルジュブランで修行

帰国後は東京恵比寿にあるラブレというレストランで3年間シェフを務めます

出典:http://restaurant.ikyu.com/100335/?ikyh=p__s_accnm&ikCo=10000163&CosNo=10000163&CosUrl=http%3A%2F%2Frestaurant.ikyu.com%2F100335%2F%3Fikyh%3Dp__s_accnm
出典:http://restaurant.ikyu.com/100335/?ikyh=p__s_accnm&ikCo=10000163&CosNo=10000163&CosUrl=http%3A%2F%2Frestaurant.ikyu.com%2F100335%2F%3Fikyh%3Dp__s_accnm

スポンサードリンク


 

おしゃれなレストランですねぇ。

一度はこんな素敵なレストランで食べてみたいものだわ。

テーブルマナーが備わっていないキローコは入室拒否されるかもしれませんがw

 

調理科学学会に所属していたそうで、加熱科学に関する論文を発表したこともあるそうです。

弱火で調理するシェフとはここからきているんでしょうね。

 

また、かなりの酒豪らしく

リキュールを1本1夜にして開けてしまうほどなんですって!

意外な一面を見ました

 

オネエについて!

出典:http://news.mynavi.jp/kikaku/2012/10/30/001/
出典:http://news.mynavi.jp/kikaku/2012/10/30/001/

 

水島弘史シェフは、外見ごつい感じがしますが

その物腰の柔らかい姿勢やトークからオネエなんじゃないかと噂されているようですね。

 

FacebookやTwitterなどのSNSをされていないので、

プライベート情報がみあたらず、

ご結婚されているかどうかも謎に包まれているのですが、

友達にオネエがいるという人が話すには、

オネエの要素がみあたらないからオネエじゃない!

ということでした。

 

キローコが思うに

オネエの人が好きそうな外見ではありますね(^^;)

 

スポンサードリンク



料理教室の場所や受講方法は?

出典:http://news.mynavi.jp/kikaku/2012/10/30/001/
出典:http://news.mynavi.jp/kikaku/2012/10/30/001/

 

水島弘史シェフは現在料理教室をされていますが、

1994年からだそうです。

さまざまな技術が発達した中で従来の職人気質の技術にしがみつくことに疑問を持っていた

水島シェフはひとりでも多くの人に正しいルールを伝えたいと思って

書籍や料理教室で料理技術を伝授し、

料理のグレードを底上げしたいと思っているのだそうです。

 

料理教室は東京都港区麻布十番2丁目16−9 網代ビル3FBにあります

ここの「備長炭火焼 ひかり鶏」というお店と、「炭火牛焼 七輪や」 の間に赤い階段があるそうで、
3階へ行き、右側のドアにあるそうです。

水島シェフの料理教室は高額でも予約殺到するということで有名みたいですよ。

Aクラスが5500円、Bクラスが7200円、上級クラスが7500円という値段設定になっています。

確かに普通の料理教室に比べると、2,3倍いきますね。。

 

包丁のトレーニング講座も5500円で受けられるそうです。

切り方によってだいぶ変わるそうで、

受講された男性も感動していました。

 

水島シェフによるデモンストレーションを見るには1万円かかります。

2品試食できるそうですが、プラスワインも1杯飲めるんですって。

フレンチといったらワインですよね!

お水じゃ雰囲気でませんw

 

料理教室の参加希望は

初めての人はウェブページから申し込みで

2回目以降はメールにて受け付けているようです。

 

参加費は当日現金で支払うか

当日までに振込する方式となっています。

 

ワンランク上に行ける料理教室・・・

マダムキローコになれるのなら行ってみたい気がします(^^;)

 

レストランの場所をチェック!

水島弘史シェフは2000年7月に「サントゥール」という

フレンチレストランを開業していました。

そして「エムズキッチンサントゥール」と改名してお店を経営されていたのですが、

営業は2009年4月までだったそうです(><)

 

出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/216295/
出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/216295/

 

現在は料理教室をメインに活動しているんですって。

残念ですね!

店内はカウンターレストランとなっていて

水島弘史シェフ一人ですべてをこなしていたんですって。

 

お客さんは水島シェフと語り合いながらフランス料理が食べられると好評だったそうですよ。

席は12席。

シェフ一人で12人のお客さんをさばくのはかなり大変だったかもしれませんね。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク