こんにちは。キローコです。

始まりましたね!リオパラリンピック!

早くもメダリストの誕生です。

視覚障害柔道の広瀬誠選手が決勝進出ですよ!

どんな方なのか調べてみました。

スポンサードリンク


出典:http://judob.or.jp/member/
出典:http://judob.or.jp/member/

プロフィール

お名前は広瀬誠(ひろせまこと)さん

生年月日は1976年11月22日39歳

出身地は愛知県西尾市住崎町

さそり座となっています

身長は166cm 体重は63kg

 

意外と小柄ですね。

年齢も39歳とスポーツ界としは高齢なほうではないでしょうか。

 

2004年 パラリンピックアテネ大会では銀メダル!

2008年 パラリンピック北京大会では7位

2012年 ロンドンパラリンピック 5位

とかなりの好成績を残していらっしゃいますね!

 

今回のリオパラリンピックも決勝進出ということで

初の金メダル獲得に向けてがんばってほしいです!

 

出身高校や大学は?

出典:http://masports.jp/summer/basketball/2144
出典:http://masports.jp/summer/basketball/2144

スポンサードリンク


広瀬誠選手は柔道を高校の時に始めたのだそうです。

強くなりたいと思ったからだそうですが、

出身高校は西尾東高校なんですって!

 

中学時代はバレーボール部所属だったんですが、

そのときの先輩が高校で柔道部に入ったので、

一緒に入部したのだそうです。

 

とても大好きな先輩だったんですね!

その柔道で世界を相手にする選手に成長したのですから

パイセン様様じゃないですか!

 

後で書きますが、広瀬選手は高校生の時に視力を失っています

将来どうなろうかと考える時期でこの出来事は

キローコには想像できないほどつらいことだったでしょうね。。

 

視力を失うと愛知県立岡崎盲学校へ進み

寄宿舎に入りながら実業団の柔道部で練習を続けたのだそうです。

 

出身大学は筑波大学理療科教員養成施設

盲学校の先生になるためにすすんだんですって。

このころにはもう自分の障害を受け入れられていたのかな?

 

職場はどこ?

広瀬誠選手の現在の職場は名古屋盲学校だそうです

出典:http://www.nagoya-sb.aichi-c.ed.jp/
出典:http://www.nagoya-sb.aichi-c.ed.jp/

場所は名古屋市千種区北千種1丁目8番22号

学校では18歳から55歳の生徒に、はり、きゅうなどの実技や、

生理学を教えているそうですよ。

マッサージなんかも教えているんですって。

 

受けてみたいですね!マッサージ!

体のことを知り尽くしているでしょうから、

絶対気持ちよさそう!

 

目の障害について!

出典:http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040007_Y6A900C1000000/
出典:http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040007_Y6A900C1000000/

広瀬誠選手は目の病気で視力を失っています

発症したのは高校2年生のころ

冬休みに片目がみえなくなり、

徐々に両目がみえなくなって全盲に近い状態になってしまったのだそうです。

 

病名は視神経が委縮するレーベル病というそうですよ。

ミトコンドリア遺伝子が異常を起こして

網膜の細胞に障害を起こすんですって。

 

日本では1万人くらいの人がこの病気を患っていると言われていて

原因ははっきりわかっていない難病なんだそうです。

 

徐々に視力がなくなってしまうなんて

とても恐怖ですね。。

キローコの母も目の病気があるのですが、

失明の恐怖に怯え、

夜は電気を消せないのだそうです。

 

広瀬選手も2か月で視力が2.0から0.01まで落ちてしまったそうですから

そうとうな恐怖と戦ってこられたんだと思います。

 

できないことが多くなってきたけど、

好きな柔道だけは続けてこられたと今では前向きに考えられるようになったそうですよ

同じ病気に苦しむ人の励みになるといいですね。

 

現在はご結婚されていて、

奥様の里見さんと6歳になる長女、優宇(ゆう)ちゃんがいるようですよ。

里見さんがビデオ撮影した娘さんのビデオをテレビに映して、

テレビ画面ぎりぎりまで近づけば

娘さんの表情がわかるんですって。

 

「障害は不便だが、不幸ではない」というヘレンケラーの言葉を

よく講演会では話されるそうですが、

娘さんの笑顔が感じられるならば、不幸ではないですよね。

大好きな柔道で金メダル!銀メダルでもいい!頑張ってほしいです。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク