こんにちは。キローコです。

妊婦さんや小さなお子さんを持つママさんが

いざというときに助けとなるかもしれないタクシーのサービス

子育てタクシーをご存じですか?

キローコは知りませんでした。

先日はパパさんが保育園へ送り届けることを忘れてしまい

車に置き去りにされたお子さんが亡くなるという悲しいニュースがありました。

そんな悲しい事故を起こさないためにも利用してみたい子育てタクシーとはどんなサービスなのでしょうか?

スポンサードリンク


子育てタクシーとは

子育てタクシーというのは、

一般社団法人全国子育てタクシー協会が主宰しているサービスで、

子育てタクシードライバー養成講座課程を修了したドライバーが乗るタクシーのことです。

 

利用できるタクシーは全国各地にあるタクシー会社となりますが、

全国子育てタクシー協会が認定し、各地域の子育て支援団体の協力を得ているため、

安心してサービスを受けることができるようです。

 

出典:http://kosodate-taxi.com/
出典:http://kosodate-taxi.com/

 

チャイルドシートやドライバーの養成費用を考えると、

タクシー会社側としては利益が出せない状況のようです。

しかし、地域貢献や企業のイメージアップの面で加入するタクシー会社さんが

増えてきたそうで、

今後助成金制度が使えるようになっていけば、

もっと参入するタクシー会社が増えていくのではと専門家はみているそうです。

 

どんなときに利用するのかというと、

かんがるーコース

通院やお買いもの、保育園の送迎のときなどに、

玄関先までママとお子さん、買い物、ベビーカーなどのお荷物を届けてくれます。

 

買い物しすぎて移動がつらいなんて経験は

キローコはしょっちゅうです。

キローコはまだ子供が一人しか居ませんが、

兄弟をもっているママさんは

自分の思うようにおこさんたちが付いてきてくれないと

大変そうですよね。

 

ひよこコース

お子さんが一人でタクシーに乗る場合で、

保育園の送迎に行きたいけど、

仕事の切りが悪くて行けなかったり、

ママさん以外に車を運転する人が居なかったりした場合に

タクシードライバーさんが保育園まで迎えに行って、

家まで送り届けてくれます。

 

こうのとりコース

妊娠中のママさんが

急に破水!でもパパさんは仕事でいない!

というときに使えるサービスです

 

ふくろうコース

夜に限って急な発熱というのはお子さんにはつきものですね。

救急車を呼ぶほどでもないけれど、

歩いて行くのは大変というときや、

近親者の不幸や妊娠入院のときなど、

家に留守番させていた子供を呼び寄せたいときに使えるサービスです。

希望する目的地までおこさんを送り届けてくれます。

 

どのケースもありそうですね!

ママさん一人でがんばらなくてもいいんだー。

 

料金はいくらくらい?

でも、お高いんでしょう?

 

安心して下さい。

通常のタクシー料金で利用することができます。

(距離と時間の課金と迎車の料金)

 

追加料金はかからないようですよ。

うれしいですね!

 

利用方法はどうする?

子育てタクシーを利用するには利用したいタクシー会社への

事前登録が必要です。

 

登録内容は

  • 自宅住所や連絡先、
  • お子さんの名前
  • お子さんの学校や保育園の名前
  • 自宅以外の送迎場所
  • チャイルドシートの有無 など

 

契約は各タクシー会社とになりますので、

取り決めもタクシー会社ごとに多少の違いはあるようです。

 

登録できるお子様は3人までとか、

0歳から15歳までが対象となるとか。

 

だから、自分の地元の子育てタクシーが

どうなっているのかは、

各タクシー会社へ問い合わせてみて下さいね。

全国エリア別タクシー検索(全国子育てタクシー協会のHPへ飛びます)

 

注意したいのは、全国子育てタクシー協会に加盟していないタクシー会社さんが

独自のサービスを展開している場合もあります。

その場合はオリジナル料金を採用している場合もありますので、

そこもタクシー会社さんに確認した方がよさそうですね。

スポンサードリンク



口コミで体験者はどう思った?

実際に体験した方の意見はどのようになっているでしょうか?

 

利用したことのあるママさん達の間では

リピーターは多く、乗ったおこさんにも好評だったそうです。

親以外の人に我が子をやさしくしてもらって救われたという方もいました。

 

逆に乗ったことのない人にとっては、

子供を一人でタクシーに乗せることに不安があるみたいですね。

 

また、タクシーの車内がたばこ臭かったという意見もありました

子育てタクシーとするならば、是非とも禁煙を徹底して欲しいですね。

 

タクシードライバーさんは子育ての養成講座を受けて、

修了している人のみと言うことですから、

男性ドライバーでもお子さんとのふれあいが楽しいという人も

増えてきているそうです。

 

そういったドライバーについての情報も提供してくれると、

利用するママさんにとっては、さらに使いやすくなるかもしれませんね

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク