こんにちは。キローコです。

7月30日の「クロスロード」は若き建築家の板東幸輔さんが登場します。

使われなくなった空き家をリノベーションして、

町作りまでおこしてしまう魔法の建築家ということで、

どんな方なのか気になりました!

スポンサードリンク


出典:Twitter
出典:Twitter

プロフィール

お名前は板東幸輔(ばんどうこうすけ)さん

生年月日は1979年37歳

出身地は徳島県徳島市

出身高校は徳島文理高校

出身大学は東京芸術大学美術学部建築科

およびハーバード大学大学院デザインスクール
2010年に坂東幸輔建築設計事務所を設立
2010~13年は東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手
2015年文化学園大学非常勤講師
2015年京都市立芸術大学講師、京都工芸繊維大学非常勤講師

 

ハーバード大学卒業後、大きな夢を胸にアメリカでの活動を予定していたのですが、

リーマンショックで仕事にならず。

失意のまま東京藝術大学の研究助手になるまでの

2年間無職で暮らしたそうですよ。

 

「建てない建築家」と呼ばれていて、

空き家再生のスペシャリスト。

再生後は企業や人があつまり、まち作り効果を生むと言うことで注目されています

 

家族は両親と妹がいらっしゃいました。

 

嫁や子供はいるの?

板東幸輔さんはすでにご結婚されていました。

奥様は音楽科のmicabando(板東美佳)さん

出典:http://micabando.com/profile/
出典:http://micabando.com/profile/

スポンサードリンク


東京芸術大学音楽学部ピアノ科卒業とあるので、

学科は違いますが同じ大学出身ですね!

 

webやインスタレーション、他アーティストへの楽曲提供・アレンジのほかにも

自身が企画から携わるイベントも開催していて、

クラシック、ポップス、エレクトロニックを行き交う独特な世界観を表現し、好評を博しているとあります。

 

器用な方なんですね。

 

リーマンショックから1ヶ月後に京都の上賀茂神社で結婚式を挙げたそうです

板東幸輔さんは2年間無職でしたから、奥様の美佳さんに養ってもらっていたんですね。

 

お子さんについては、

2015年に娘さんを授かっています。

現在は1歳くらいですね。

オールバックにすると田中角栄さんに似ているそうですよw

かわいくってしかたない時期ですよね!

 

 

再生させた空き家の場所をチェック!

それでは空き家を再生してきた板東幸輔さんの主な作品をみていきましょう!

Kamiyama Blue Bear Office(2010年)

場所:徳島県名西郡神山町

神山温泉の近くで、神山郵便局の向かいになります。

板東幸輔さんの最初の仕事。

築80年を超える古民家で、改築は東京藝術大学の大学院生を中心とした有志の学生ボランティアと、地元の大工で行われたそうです。

現在はNPO法人の代行業務を行う東京の企業のコールセンターとして使われています。

神山町全戸に光ファイバー網が整備されていて、都内よりもインターネット環境が整っているそうです。

 

Château Fujimidai(シャトー富士見台) / Nerima, Tokyo (2012)

場所:東京都 練馬区貫井4丁目2-2

出典:http://www.kosukebando.com/post/147482890828/ch%C3%A2teau-fujimidai-nerima-tokyo-2012
出典:http://www.kosukebando.com/post/147482890828/ch%C3%A2teau-fujimidai-nerima-tokyo-2012

築28年の賃貸木造アパートのリノベーションだそうです。

ロフトですねー!

意味も無くテンション上がりますよね。ロフトって。

新社会人や新入生向けに活用されているようですよ。

 

KVSOC(2013年)

場所:徳島県名西郡神山町下分地野49−1 神山バレーサテライトオフィスコンプレックス

縫製工場を改修してIT企業の集積施設になりました

ラウンジにある家具は神山町で使われなくなった古い和家具を使用してるんですって。

出典:http://www.kosukebando.com/post/147483216488/kvsoc-2013-kamiyama-tokushima-renovation
出典:http://www.kosukebando.com/post/147483216488/kvsoc-2013-kamiyama-tokushima-renovation

とっても気持ちよさそう

そしていい匂いがしそうですね(^^)

 

 

最近では

TOKYO OKAPPA-CHAN HOUSE(2015)

場所:東京都練馬区上石神井3丁目30−8 177

出典:http://www.kosukebando.com/post/147485091983/tokyo-okappa-chan-house-2015-nerima-tokyo
出典:http://www.kosukebando.com/post/147485091983/tokyo-okappa-chan-house-2015-nerima-tokyo

シェアアトリエ兼イベントスペースとして生き返った

東京おかっぱちゃんハウス。

国内外から人が集まる場所なので、

和の中にも異文化のテイストが入っていますね

出典:http://www.kosukebando.com/post/147485091983/tokyo-okappa-chan-house-2015-nerima-tokyo
出典:http://www.kosukebando.com/post/147485091983/tokyo-okappa-chan-house-2015-nerima-tokyo

tumblr_oaedfisKuI1ub1z08o8_1280

 

いかがでしたか?

なんだかどのお家もいい匂いがしそうです(^^)

建築家としての仕事の規模としては小さい方なのかもしれませんが、

そこから生まれるまちづくりの可能性はとても大きなものになっていますね。

クロスロードではどんなふうに考えて仕事をされているのかが

わかったらいいなぁと楽しみにしているキローコでした。

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク