こんにちは。キローコです。

7月19日放送の「マツコの知らない世界」では

ホテル評論家の瀧澤信秋さんが登場するようですよ。

メディアからの依頼や執筆活動でのファンも多いという瀧澤信秋さん。

いったいどんな方なのでしょうか。

スポンサードリンク


出典:http://allabout.co.jp/gm/gp/1535/
出典:http://allabout.co.jp/gm/gp/1535/

プロフィール

お名前は瀧澤信秋(たきざわのぶあき)さん

生年月日は1971年45歳になりますね。

出身は東京都新宿区です。

 

小さい頃は長野県上田で育ったそうです。

1997年に経営コンサルタント、システム開発、

ライフスタイルデザインを扱う会社を設立。

障害者就労支援や山村の再生プロジェクトなどの

非営利活動にも積極的に参加しているようです。

 

ホテル評論家としての活動は2003年頃からで、

それまでも年間150泊ほどしていた瀧澤信秋さんは

宿泊レポートのウェブサイトを開設したんですって。

 

その評論が話題となって、最近はホテルコンサルトとしても

活動しているようです。

 

ホテルに関する本も数多く出版されていますね。

 

2014年には365日違うホテルに泊まるというミッションを

達成し、365日 365ホテルという本を出版されています。

 

高級ホテルからラブホテルやカプセルホテルまで、

数々のホテルに泊まってきた瀧澤信秋さん。

上記のミッションではスポンサーがいたと思いきや、

ほぼ自腹で泊まったそうですよ。

 

かなりの金額がかかったと思いますが、

保険の一部を解約したんですって。

 

利用者目線での評価が多くのファンの支持を得ているようですね。

上記の「365日365ホテル」本では

辛口コメントもホテル側からのクレームは一切無かったそうですよ。

それだけ的を射た情報だったんですね。

 

出身高校や大学は?

瀧澤信秋さんに関する学歴の情報はほとんど見当たりませんでした。

ご自身のブログでは

高校時代は生徒会長を務めていたとありました。

 

また大学時代は北海道で生活したとか。

東京出身で長野でも暮らし、大学は北海道なんて、

ホテル評論をする前にも日本各地をさすらっていたのでしょうか??

 

大学時代にはインテリアショップでアルバイトをしていたそうで、

店長にもなったそうですよ。

 

大学院では消費者法研究の後金融機関の法務部で実務経験し、

その後都内の私大法学部に編入したそうです。

そして四谷の法律事務所、赤坂の法律事務所、大手の会計事務所に勤務した後に

独立することになったとか。

 

法律に強いんですね!

家族は居るの?

出典:http://r.gnavi.co.jp/ippin/article-3042/
出典:http://r.gnavi.co.jp/ippin/article-3042/

スポンサードリンク


経営コンサルタントやホテル評論家として日本各地を動き回っている瀧澤信秋さんですが、

ご家族はいらっしゃるのでしょうか?

 

45歳という年齢からはいてもおかしくはないのですが、

奥さんや子供についての情報はまったく見当たりませんでした。

 

インタビュー記事で、東京でホテル泊まりをしている間に

自宅まで洗濯物や郵便物を取りに行ったりしていたそうなので、

独身なのではないかという意見が多いようです。

 

奥さんがいらしたら、とどけてくれそうですものね。

 

 

気になる年収は?

ホテル評論家だけで食べていくのは大変なのではないかと

キローコは勝手に思ってましたが、

ホテル評論家としての依頼はかなり多いようですね。

そのほかに経営コンサルタントのクライアントも30社ほどいらっしゃるようなので、

安定した稼ぎをしていると想像します。

 

書籍も好評のようですよ。

 

経営コンサルタントの平均年収は700万円くらいだそうです。

メディアの出演料や

書籍の印税などを考慮すると、

1000万円は軽く超えてそうな勢いですね。

 

キローコもそれだけ稼げる腕が欲しいです(^^)

 

出典;http://diamond.jp/articles/-/52225
出典;http://diamond.jp/articles/-/52225

スポンサーリンク