こんにちは。キローコです。

安全地帯といえば玉置浩二さんにどうしても注目してしまうのですが、

今回はドラマーの田中裕二さんが気になりました。

現在は千葉県でカフェオーナーをされているとか。

どんな喫茶店なのか気になります!

スポンサードリンク


出典:amazon
出典:amazon

プロフィール

お名前は田中裕二(たなかゆうじ)さん

生年月日は1957年5月29日59歳です。

出身地は北海道旭川市

血液型はO型で双子座となります。

 

爆笑問題の田中裕二さんと同姓同名なんですね(^^)

 

4人兄弟の3番目として産まれたそうですよ。

 

バンド安全地帯のドラムを担当されています。

出典:http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/210e7464a982f3daa9c22c51253a3127
出典:http://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/210e7464a982f3daa9c22c51253a3127

スポンサードリンク


 

バンドをやりたいと思ったときからドラムをやりたかったそうですよ。

中学生のときはお金がなかったので

座布団やお盆を叩いてたんですって。

その後お兄さんからドラムセットを買ってもらって嬉しかったと語っています。

そうとう練習してたんでしょうね。その姿を見てお兄さんが人肌脱いでくれたのかな(^^)

 

出身高校は大阪府立岡高校という情報がありましたが、

定かではありません。

北海道出身ですしね。

 

安全地帯の活動を続けながら、

千葉県でカフェを経営しているそうです。

 

メディアの取材がくるほど人気店のようですよ。

 

カフェの場所はどこ?

その人気のお店はどこになるのでしょうか?

ワイズカフェ (Y’sCAFE)

千葉県白井市根1710

西白井駅から徒歩で5分と近い立地ですね。

 

お店の名前ワイズカフェは

Yを逆さまにすると人という字になることから、

人が集まってワイワイ楽しんでくれるようにと付けた名前なんですって。

 

出典:http://itot.jp/12232/62
出典:http://itot.jp/12232/62

 

出典:http://itot.jp/12232/62/2
出典:http://itot.jp/12232/62/2

 

店内には安全地帯の受賞したトロフィーやメダルが展示されているんですって。

CDもしっかり販売していますw

そりゃそうです。現役ですからね。

 

日頃は近所の方が常連客として訪れますが、

休日になると安全地帯のファンの方が遠方からこられるとのこと。

中国や東南アジアからもこられるんですって。

アジア圏でも安全地帯は人気なんですね。

 

評判は?

気になる評判をみてみましょう。

メニューはコーヒーや紅茶を始め、

パフェ、和甘味などのスイーツから

パスタ、ピザ、ドリア、オムライスなどの軽食まで幅広いです。

キローコの気になるメニューはオムライス

出典:http://itot.jp/12232/62/3
出典:http://itot.jp/12232/62/3

めちゃめちゃ美味しそうです。

 

オムライス好きの向島直樹さんは訪れたことがあるかなぁ。

向島直樹(オムライス)のwikiや経歴は?結婚や子供はいるの?

 

お店の一番人気は田中裕二さんが淹れる珈琲なんですって。

豆の仕入先である『珈琲の遠山』さんの

海外の産地へ直接出向き、

指定農園で天日干しした生豆を直接輸入して手焼き直火焙煎した

出来たての豆だけを購入してるんだそうですよ。

だからフレッシュで香りも味の深みが際立ってるとか

 

なんだかとっても美味しそう!

 

紅茶も日本紅茶協会から「おいしい紅茶の店」に認定されるほど美味しいようです。

 

ハマると追求するタイプなんでしょうか。

とてもこだわった仕事をされているんですね。

スポンサードリンク



年収ってどうなの?

そんな田中裕二さん。

カフェオーナーとなって年収はどのくらいあるのでしょうか。

 

一般的に個人レベルの喫茶店の年収は400万円くらいだそうです。

フランチャイズだと600万円程度ということです。

田中裕二さんの場合、ご自分で珈琲をドリップできますし、

安全地帯のファンという熱いお客さんも多くいらっしゃいますから、

もっと多いと想像します。

 

生活を安定させるために喫茶店を始めて、

現在も人気のようですから、

年収700万円ほどあると想像します。

 

そして安全地帯のギャラも含まれますから

安心して生活ができるレベルになっているかもしれませんね。

 

千葉県へ行ったときは是非とも寄ってみたいなぁ。

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク