こんにちは。キローコです。

砂像彫刻家の茶圓勝彦さんが7月9日放送の「クロスロード」に出演されます。

ちょっと前にスッキリ!で取り上げられていた人で、

制作途中で何度も崩れてしまう砂と格闘する姿が印象的でした。

日本のみならず、世界でも砂像の制作依頼がぞくぞくとくる茶圓さんって

どんな方なのでしょうね。

調べてみました。

スポンサードリンク


出典:http://www.sand-minamisatsuma.jp/gallery/2015/
出典:http://www.sand-minamisatsuma.jp/gallery/2015/

プロフィール

お名前は茶圓勝彦(ちゃえんかつひこ)さん

生年月日は1961年2月21日です。

出身地は鹿児島県南さつま市

 

1983年に武蔵野美術大学を卒業

1987年に鹿児島県加世田市「吹上浜砂の祭典」開催と同時に、

砂像彫刻を開始します。

そこで砂像彫刻家の第一人者ゲリー・カークと出会い、

砂像制作の才能を見いだされたそうですよ。

 

鳥取市にある「砂の美術館」にて総合プロデュースを担当。
鳥取市主宰の「世界砂像フェスティバル」では総合プロデュースを担当。
WSSA主催砂像世界選手権シンガポール大会にて優勝。
その他各種砂像選手権大会に参加し入賞しています。

 

砂像彫刻は上にいくにつれて小さくなる建物が主流だったそうですが、

茶圓さんは人物像をつくることによって、それまでの砂像常識を覆し、

世界を驚かせたそうです。

 

出典:http://guide.travel.co.jp/article/6419/
出典:http://guide.travel.co.jp/article/6419/

スポンサードリンク


 

また、ニューズウィーク2009年7月8日号にて「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれたそうです。

世界的に有名なんですね!

 

年齢は?

出典:http://www.sand-museum.jp/?page_id=3826
出典:http://www.sand-museum.jp/?page_id=3826

 

生年月日が1961年ということなので、55歳ですね。

外見は年齢より若く感じます。

 

結婚や家族は?

茶圓勝彦さんはご結婚されているのでしょうか?

探してみましたが、情報はみあたりませんでした。

 

クロスロードでは密着映像ということですので、

プライベート映像も観られるといいですね!

スポンサードリンク



気になる年収は?

砂像彫刻家という職業はどのくらいの年収なのでしょうか?

芸術家なので、認知度によってだいぶ差があるようですね。

 

日本の場合、依頼者は自治体が多いらしく、街角でみかける

モニュメントなんかがそれにあたるようです。

 

多くの彫刻家は作品だけでは生計をたてられないので、

教室を開いて生徒さんからの月謝で生活しているようですよ。

 

茶圓さんの場合は、

「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれていて知名度もありますし、

各大会での成績もあるので、依頼報酬は大きそうですね。

 

作品規模も大きいし、重機も使って砂の土台を作るそうですので、

経費もすごくかかりそうです。

 

年収については公開されていませんので、

キローコの勝手な想像ですが、

世界中から作品の依頼がきていることを考えると、

1000万円は超えているんじゃないかと思っています。

 

茶圓さんがプロデューサーの鳥取県にある

世界で唯一の砂像だけの美術館「砂の美術館」は

スポンサーが富士通、伊藤園、ヤマト運輸と

大企業ばかりですので、

茶圓さんの今の地位だったら、

制作費には困らなそうですね。

 

それだけの集客力と来た人を感動させる腕がありますから、

すごい芸術家だなぁと思いました!

 

最後までおつきあいありがとうございます。

スポンサーリンク